高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】1回戦 多々良学園高校vs大船渡高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】1回戦 多々良学園高校vs大船渡高校|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会1回戦 多々良学園高校vs大船渡高校

全国大会において時に旋風を巻き起こすチームが現れる。

特に初出場のチームには大いなる旋風を期待したい。

実力以外の何がチームに勢いを呼ぶのだろうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

唯一の無敗チーム

全国大会において時に旋風を巻き起こすチームが現れる。

特に初出場のチームには大いなる旋風を期待したい。

実力以外の何がチームに勢いを呼ぶのだろうか?

今大会の出場高校の中で、唯一無敗の成績をおさめたチームである多々良学園。

山口県大会から中国大会まで一気に駆け抜けた。

同じ山口県には強豪であり、作夏の選手権でベスト8進出を果たした宇部商業が君臨しているが、多々良学園はその宇部商業を10-4と打ちのめした。

中国大会に入っても鳥取県代表の好投手安倍率いる境高校に勝ち、広島県の名門広陵高校にも競り勝った。

決勝では強打の近大福山高校に7-2と完勝し、文句なしの初優勝となった。

新チーム結成以来負けなしである多々良学園の強さは、投げては防御率1点台、打っても打率4割7分を誇るエースで5番の湊を中心とする面々だ。

湊以外にも6人が3割以上のアベレージを誇り、全員がバントなどの小技も上手い。

なにせ併殺打が連絡試合を含めてゼロというのだから、チームの完成度も高い証左である。

伝統は自分たちで

初出場ながら、東北地区では暴れん坊チームとして既に有名だった大船渡高校。

その戦力の理由は大船渡第一中学時代に東北大会を制した7人のメンバーが地元である大船渡高校へ進学したからだ。

伝統は自分たちで作ろうと、全国的には無名の大船渡高校を見事に選抜出場へ導いたその原動力は、やはりその7人である。

左腕エース金野は、ややサイドスローの技巧派からコーナーへ抜群のコントロールで打者を翻弄する。

秋の通算防御率は0.68とその制球力が間違いない所を随所に見せた。

打線も活発で3割以上のアベレージを誇るバッターが8人も揃う。

頼れる4番鈴木は4割ヒッターとして、大船渡高校打線を牽引する。

2年生主体であった作夏の岩手県予選でもベスト8まで進出した。

しかし準々決勝で花巻東高校に3-8と完敗し、涙を飲んだ。

だが新チームになると無敵状態に入り、秋の大会ではその花巻東に7-3で完勝して岩手県大会を制した。

東北大会でも名門、東北高校に7-1と大勝するなど実力が本物な所を見せた。

決勝でも金足農業との延長16回の死闘を制し、東北ナンバー1として堂々の初出場である。

大船渡高校ペース

1回の表、多々良学園はトップの案野がいきなり左中間へツーベースヒットを放つ。

続く2番伊藤が送りバントを決めて先制のチャンスを広げる。

これで更に気合いの入った大船渡エース金野は3番古谷をショートゴロ、4番曽我を三振に仕止めた。

その裏、大船渡はエラーで出塁したランナーを1人置いて4番の鈴木がいきなりライトラッキーゾーンに飛び込む先制のツーランホームランを放った。

これで緊張が解れた金野はリラックス、自身の学校で投げているつもりで投げていく。

4回の表、多々良学園はワンアウトから3番古谷がセンターオーバーのスリーベースヒットを放つが、金野が飄々と4番曽我をショートフライ、5番湊をファーストゴロに抑えた。

無敵チーム崩壊

大船渡エース金野はコーナーを丹念につくピッチングで多々良学園打線を寄せ付けない。

焦りから大振りになってしまう多々良学園はなかなかチャンスすら作れない。

多々良学園エース湊も大船渡高校に追加点を許さないところはさすがであった。

そうこうしているうちに回は終盤に入っていた。

8回の裏、大船渡はツーアウトながらランナーを2人置いて5番今野が右中間にタイムリースリーベースを放ち、2点を追加した。

金野は多々良学園を5安打完封し、大船渡高校が4-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

新チーム結成以来、無敵の26連勝中であった多々良学園でしたが、大船渡高校には歯が立ちませんでした。

作春の明徳高校の山本投手のように打たれないピッチングの金野投手でしたね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ