高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】1回戦 佐世保実業高校vs星稜高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】1回戦 佐世保実業高校vs星稜高校|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会1回戦 佐世保実業高校vs星稜高校

スポーツにはジンクスという目に見えない演技を担ぐような、悪い言い

伝えがある。

野球におけるジンクスを吹き飛ばすにはいったい何が必要だろうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

フレッシュ佐世保実業

スポーツにはジンクスという目に見えない演技を担ぐような、悪い言い伝えがある。

野球におけるジンクスを吹き飛ばすにはいったい何が必要だろうか?

初出場となる佐世保実業は新2年生主体の若さ溢れるチーム。

なにせベンチ入り15人中9人、先発9人中5人が新2年生というのだから、今大会1番フレッシュと言っても過言では無いほどの若き新鋭高校である。

秋の県大会が始まる頃は、入学して4ヶ月弱という1年生が多くを締めていて、それで長崎大会を制し、九州大会で準優勝したのだから恐れ入るところである。

まず、長崎県内において長く強豪と君臨している佐世保工業、海星高校の2強に完勝した要因は何と言っても機動力野球。

盗塁やエンドランはもちろんのこと、ダブルスチールやリレードスチールもお手の物である。

チーム打率は3割と、さほど高くは無いが4番大栄は4割3分を越え、5番益永は5ホーマーと当たっている。

あとはエース吉田の右腕にかかっている。

春に弱い星稜

4年連続6回目の選抜となる星稜高校は、石川県内において負けなしの石川県最強チーム。

昨年選抜でも活躍したプロ注目の湯上谷を中心に、今年も素晴らしい戦力を誇っている。

新エースの川場は防御率1点台をキープした本格右腕。

2番手仁尾は打たせて取る軟投派で、主にリリーフで川場を支えた。

そしてやはり星稜と言えば打撃力の高さ。

チーム打率は3割7分5厘とあり、秋の32試合のうち、二桁得点した試合が13試合もある。

その中心はやはり湯上谷で相変わらず打ちまくり、打率は5割1分、ホームランは7本と大暴れした。

4番仁尾、5番正田も3割8分を越えていて、3番湯上谷に続く格好である。

そんな星稜高校であるが、選抜大会において上位進出が出来ないというジンクスがある。

目標であるベスト8以上を残すには、ジンクスを撃ち破るしかない。

鉄壁の守備

1回の表、佐世保実業はエラーで出塁したランナーを送ってツーアウトランナー2塁としたが、4番大栄はライトフライに倒れて無得点に終わった。

その裏、緊張の吉田投手に対して星稜は1番堺、2番竹中が連続でフォアボールを選び、ノーアウトランナー1、2塁とする。

ここで注目の3番湯上谷であったが、湯上谷は吉田のシュートに引っかけるショートゴロに倒れた。

続く4番仁尾も吉田の球威に押されてセカンドゴロのダブルプレーに終わった。

2回の表、佐世保実業はツーアウトランナー1、2塁とまたしてもチャンスを作るが、川場の気迫に押されて9番北村は三振に終わった。

星稜も2回裏にツーアウトから7番磯部、8番川場の連続センター前ヒットでチャンスを作るものの、9番鶴見の鋭い打球を一塁手益永が難なく捌いて無得点に終わる。

お互いにあと1本が出ない序盤となった。

4回表、佐世保実業は星稜守備陣のエラーからツーアウト満塁のチャンスを作る。

ここで8番ピッチャー吉田にタイムリーヒットが生まれて佐世保実業が2点を先制した。

その裏、星稜はワンアウトランナー1塁とするが、8番磯部の強烈なピッチャー返しを吉田が上手くさばき、1-6-3のダブルプレーとして星稜に反撃を許さなかった。

力投、吉田投手

5回の表、佐世保実業はツーアウトランナー1塁として5番益永。

内角を狙っていた益永は初球に来た内角のストレートを強振、打球はライトスタンドに消えるツーランホームランとなった。

自慢の打線で反撃の糸口を見出だしたい星稜高校であるが、吉田投手の低めに決まるシュート、カーブに内野ゴロの嵐。

時折放つ強烈な打球も鉄壁の守備に阻まれてチャンスを作れない。

8回の裏にもワンアウトランナー1、2塁とチャンスを作るが、4番仁尾の当たりはショートゴロになりダブルプレー。

これで試合は勝負あった。

吉田投手の5安打完封の活躍も光り、佐世保実業が4-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

星稜を5安打に抑えた吉田投手は素晴らしかったですが、川場投手も佐世保実業を6安打に抑えました。

差は紙一重だったようですね。

益永選手のホームラン以外は両チームとも全て短打という試合でした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ