高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】2回戦 私立神港高校vs都城高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】2回戦 私立神港高校vs都城高校|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会2回戦 私立神港高校vs都城高校

力投型のピッチャーにかかる負担は果てしなく大きい。

回りのチームメイトの存在やフォローは重要だが、ピッチャーの

コンディションまではフォロー出来ない。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

2回戦突入

力投型のピッチャーにかかる負担は果てしなく大きい。

回りのチームメイトの存在やフォローは重要だが、ピッチャーのコンディションまではフォロー出来ない。

私立神港高校は1回戦、いきなり田中が選抜大会史上初となる開幕戦での先頭打者ホームランを放ち、チームを開幕特有の緊張感から解き放った。

それで波に乗ったチームは12安打7得点2ホーマーと法政一高校の変則サブマリン岡野投手を攻略、見事に1回戦を完勝した。

また、エース小間も粘りの投球を見せ、強打の法政一打線から10安打を浴びたものの要所を締めて2失点にまとめた。

しかし、この2回戦に入る数日前から小間投手の肩に違和感が発生した。

エースなだけに先発予定ではあるが、2番手ピッチャーの斉藤は準備に余念が無い。

あとはこの投手陣のフォローに、好調な打撃陣がどう応えるか。

先頭アーチの田中の他にも5番道井がホームランを放っている。

終盤だけで8安打した打線が、田口投手をどう攻略出来るか見物である。

九州ナンバー1として

秋の九州大会を制し、その戦力から九州の池田高校と称された都城高校。

1回戦では和歌山工業の粘りに苦戦した。

しかし和歌山工業のエース森岡が素晴らしかっただけに、攻略して競り勝った都城がやはり地力のあるチームと再確認出来た。

ヒットは5本に抑えられたものの、延長戦を制しているのは試合運びに長けている証左。

こちらもエース田口が肩の痛みを堪えての登板であったことを踏まえると、まだまだ底は見せていないといった処だ。

田口投手としても、和歌山工業戦を振り替えると良かった投球は1球だけだったと述懐したが、それでいて延長10回を被安打6、失点2で完投したのだから頼もしい。

初出場とは思えない、むしろ貫禄さえ伺える。

しかし、肩の痛みを圧しているために無理強いは出来ない。

それをフォローするべく打線は闘志に火をつけていた。

がっぷり四つ

田口投手は肩の痛みを抑える投球ながらもさすが九州ナンバー1ピッチャー、1回の表の私立神港の攻撃を三者凡退に切り抜けた。

その裏、都城はトップの安藤が初球をレフト線にツーベースヒットを放つ。

肩に違和感のある小間はこの1球でマウンドを降り、2番手の斉藤が早くもマウンドに上がった。

斉藤に対し、続く2番田中がバントを決めてランナー3塁と、いきなりチャンスを作る。

ここで3番山元がライト前に先制タイムリーを放って都城が先取点をあげた。

4回の表、私立神港は4番田村のレフト前ヒットなどでワンアウトランナー1、3塁のチャンスを作ると、5番道井が見事にスクイズを決めて同点とした。

どちらが勝っても初のベスト8入りとなるこの試合は、まだまだわからなくなった。

要所を締めてベスト8

5回の表、私立神港はツーアウトから9番高橋にツーベースヒットがうまれるが、田口が1番田中をセカンドゴロに抑えた。

5回の裏、都城はワンアウトランナー2塁のチャンスに2番田中がライト前にタイムリーヒットを放って2点目、再び都城が1点リードとなった。

6回表、私立神港はノーアウト1、3塁の大チャンスを作るものの、田口が後続を抑えて無得点に切り抜けた。

7回表にも私立神港はヒット2本を放つが、田口の粘りの投球の前に同点に持ち込めない。

その裏、都城はこの日2安打と当たっている2番田中がダメ押しのタイムリーツーベースを放って試合を決定付けた。

田口がこの後もしっかり抑え、都城高校が3-1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

この当時は選手の負傷は選手次第で出場可能でした。

両方のエースの万全な対戦を見たかったですね。

両高校とも初出場とは思えないほど、攻守にバランスの良いチームでした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ