高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】2回戦 愛工大名電高校vs佐賀商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】2回戦 愛工大名電高校vs佐賀商業|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会2回戦 愛工大名電高校vs佐賀商業

試合のペースを握る先取点。

先取点が及ぼす影響は計り知れない。

ならば先制された側はどうしたら逆転にもっていけるのだろうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

待たれる千葉の復調

試合のペースを握る先取点。

先取点が及ぼす影響は計り知れない。

ならば先制された側はどうしたら逆転にもっていけるのだろうか。

1回戦では、強打の丸亀商業のお株を奪うような打撃力を見せた愛工大名電高校。

東海チャンピオンの名に恥じない戦いぶりを見せた。

特に序盤で見せた集中打は圧巻で、6本のヒットで6得点という効率の良さは相手にとってはたまらないものがある。

結果的に11安打で8得点という効率であった。

そして三振はわずかに1個であり、残塁は3と少な目であったことから、いかに野球の質が高いかが伺えた。

ただ、サブマリンエース千葉の制球が今一つでフォアボールを5個与えたことから失点が5点に繋がった。

そのことが少々気掛かりではあるが、東海大会で見せたピッチングが復活すればその気掛かりも杞憂に終わるはずだ。

名古屋電機高校時代からの伝統的な試合運びでベスト8を目指す。

好調な打撃陣

一方の佐賀商業も打線の調子は絶好調。

効率の良さで言えば、1回戦の高島高校戦で17安打で17得点と、愛工大名電の1回戦を上回る。

先発全員安打、先発全員得点という破壊力で初出場の高島高校を粉砕した。

エンタイトルホームランという誤審ホームランも飛び出し物議を醸したが、それをもし省いたとしても打線の好調ぶりは文句の付け所が無かった。

なにせ打者一巡の猛攻が2イニングもあったのだから、大量17安打17得点に結び付くはずである。

さらに盗塁も5個決めて、盗塁死はゼロという機動力も高島高校守備陣を掻き回す結果となった。

あとはエース七田がどこまで愛工大名電打線を封じれるか。

両チーム打撃力は1回戦で見る限り、全くの互角と言って良いだろう。

あとはお互いのエースがやや失点が多かったので、この試合も点の取り合いが予想された。

序盤から動く

1回の表、佐賀商業エース七田は2つの三振を含む三者凡退の絶好の立ち上がりを見せた。

その裏、佐賀商業はトップの高柳がいきなりツーベースヒットで出塁した。

このあと3番島、4番中原の連続ヒットで先制点を上げると6番田中、7番原口にもタイムリーヒットが飛び出し、一気に3点を先制した。

愛工大名電は2回の表、ワンアウトから5番加藤のツーベースヒット、続く6番杉山のレフト前ヒットで1点を返した。

しかし佐賀商業は2回裏、ワンアウトランナー2塁として4番中原がセンター前にタイムリーヒットを放ち、再び3点差とした。

4回表、愛工大名電はヒットの中村を1塁において5番横井がレフトに2ランホームランを放って3-4と1点差に詰め寄る。

流れがやや愛工大名電に行きかけたが、佐賀商業はすぐさま4回裏に2番藤田のタイムリーで1点追加した。

佐賀商業は5回の裏にも山口のツーベースヒットで1点追加し、6-3と突き放した。

逆転ベスト8

突き放された直後の6回表、愛工大名電はツーアウトランナー1塁から7番杉浦にレフト線のツーベースヒットが飛び出し、まず1点を返す。

すると続く8番千葉にタイムリーヒットが生まれて2点目を返し、再び1点差に詰め寄った。

その裏、佐賀商業は再び突き放しにかかりたい所であるがダブルプレーでチャンスはつぶれた。

これで雰囲気は愛工大名電ペースに流れた。

愛工大名電は直後の7回表、ワンアウトランナー2塁のチャンスで3番中村。

中村は狙い通りに来た内角ストレートをレフトラッキーゾーンに運び、逆転の2ランホームランとした。

これで勝負あったのか、試合開始から動くに動いた試合はこのあと静寂となり、試合はこのまま愛工大名電高校が7-6で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

予想通りの打撃戦は両軍ともに15安打を放つ、30本のヒットが飛び交いました。

勝負を決定したのは、ちょっとした試合運びの上手さ。

接戦にはそういう力が必要不可欠なんですね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ