高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs法政二高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs法政二高校|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会2回戦 拓大紅陵高校vs法政二高校

前評判で不利な戦力と言われても、一発勝負に100パーセントの

結果は無い。

下馬評を覆すには、高校野球の場合に何が必要だろうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

クラッシャー紅陵

前評判で不利な戦力と言われても、一発勝負に100パーセントの結果は無い。

下馬評を覆すには、高校野球の場合に何が必要だろうか。

近年、打力に秀でたチームに陽の目があたる傾向がある。

池田高校しかり、PL学園しかり。

千葉県代表の拓大紅陵はまさに打力で勝ち上がり、千葉県内に新風を巻き起こした。

甲子園大会でも初出場とは思えない試合運びで智弁学園を圧倒し、見事に1回戦を勝利した。

勝因は何と言っても破壊力ある打撃陣。

バッティングマシーンによる練習に取り組んできた成果だ。

智弁学園戦では5回まで2安打と抑えられていたが、6回からの3イニングスだけで11安打9得点と爆発した。

まさに一度火が付くと凄まじいまでの得点力である。

あとはエース古橋が3点以内に抑えるピッチングに持って行けば、おのずと勝機も見えてくるだろう。

PLまであと1つ

打倒PL学園に燃えているサウスポー山本投手。

1回戦では名門である広陵高校に対して噂に違わぬ快速球を披露、11奪三振を記録した。

これにより山本投手の評価は瞬く間に上昇、今大会ナンバー1サウスポーの呼び声も高まった。

今大会、優勝候補ナンバー1はダントツの戦力をもつPL学園であるが、唯一のアキレス腱と言われるのがサウスポー対策である。

1回戦で見せた要所での快速球は144キロを計測し、これはPL学園の猛打であっても手こずるかも知れないと囁かれていた。

2回戦を突破したら次ぎはPL学園と京都西高校の勝者。

見えてきた打倒PLの道であるが、まずは拓大紅陵高校に標準をあてないとならない。

拓大紅陵には戦力で優っているとは言え、秋の関東大会では不覚を取っている。

その時は山本が不調であり、打ち合いの末6-7で敗れた。

まずは強打の拓大紅陵打線を抑え、ベスト8に進出したい。

返り討ち

1回の表、拓大紅陵に対し、法政二はエラーと山本投手のフォアボールでピンチを招く。

ここで5番鈴木は山本の速球を捉えて右中間にツーベースヒットを放ち、二者生還して先制の狼煙をあげた。

出鼻を挫かれた法政二はその裏、トップの藤井がレフト前ヒットを放って反撃を試みる。

しかし、拓大紅陵エース古橋は慌てずに淡々と低めに球を集めて2番大島をピッチャーゴロ、3番加藤をショートゴロ、4番伊藤憲を三振と反撃を許さなかった。

2回の表、拓大紅陵はツーアウトランナー2塁とし、1番前橋がまたしても力みのある山本のストレートを左中間へ運んで3点目を追加した。

早目に点を返していきたい法政二打線であるが、焦りからか古橋投手の打たせてとるピッチングの術中にハマり、凡打の山を築いてしまう。

山本投手はこれ以上追加点を取られまいと、快速球を武器に耐えしのぐピッチングとなった。

強さは本物

力みからか、今日は時おり球が上ずってしまう山本投手を拓大紅陵は逃さない。

5回の表にはワンアウトランナー1、3塁から4番今村のスクイズと5番鈴木のタイムリーヒットで3点を追加した。

6点差をつけられても、なかなか反撃の糸口が掴めなかった法政二打線は7回裏にようやく古橋投手をとらえる。

ツーアウトから8番山本がセンター前ヒットを放つと、続く9番川野がセンターオーバーのタイムリースリーベースヒットを放ってまず1点を返した。

そして1番藤井のレフト前ヒットで2点目を返し、チームに活気を取り戻した。

しかし、9回表、拓大紅陵は3連打を含む4本のヒットを集中して一気に4点を追加するダメ押しをあげるとさすがに法政二も意気消沈。

試合はこのまま10-2で拓大紅陵高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

拓大紅陵は2試合連続で11安打と破壊力を見せつけました。

山本投手の快速球も悔しくもPL学園との戦いの前に甲子園を去ることになりました。

それほど拓大紅陵の打線は力強いものが有りましたね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ