高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】2回戦 金足農業vs岩倉高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】2回戦 金足農業vs岩倉高校|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会2回戦 金足農業vs岩倉高校

北国のチームにとって選抜大会までの一冬はとてつもなく長い。

なにせグラウンドが使えずに野球そのものの練習が出来ないのだから。

まして初出場の場合、ハンデを乗り越えるには何が必要なのだろうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

雪国のハンデを乗り越えて

北国のチームにとって選抜大会までの一冬はとてつもなく長い。

なにせグラウンドが使えずに野球そのものの練習が出来ないのだから。

まして初出場の場合、ハンデを乗り越えるには何が必要なのだろうか。

1回戦突破どころか選抜大会出場も鬼門の秋田県代表にとって、金足農業は異色の存在感を放っている。

というのも、農業高校は私立高校に比べると選手集めに苦労する面がある。

しかし、金足農業のナインはそういった面を感じさせないような、質の高い野球を一人一人実践している。

雪国代表としてのハンデはもはや受け入れながら、全国レベルのチームと対戦しても遜色ない野球を展開している金足農業にとって、1回戦の相手新津高校は少々物足りなかったのかも知れない。

なにせエース水沢が絶好調で、1安打完封のピッチングにホームランを含む4打点の活躍であった。

打線も13安打7得点とそつの無い攻撃力を見せている。

岩倉列車、再び発進

初出場ながら、神宮チャンピオンとして甲子園入りした岩倉高校は見事に1回戦を突破した。

相手も初出場の近大福山高校であり初出場同士のフレッシュな対決となったが、蓋を開けてみればレベルの高い攻防に息を飲むことになった。

それもそのはず、初出場とは言え近大福山高校は広島商業、広陵高校といったレベルの高い広島県を制してきたのだから。

その近大福山を力でねじ伏せた岩倉高校は、噂に違わぬ実力を示してくれた。

特に鳴り物入りであったトップの宮間が3安打でかき回し、リードオフマンぶりを存分に発揮していたのが記憶に新しい。

そうなるとデゴイチ打線も活発化し、岩倉ペースに試合は動いていった。

右の藤王と言われた注目の3番、森選手が大会前から不振であるが4番山口、5番内田のクリーンアップが当たっているだけにその心配も杞憂に終わるだろう。

また、投げてもエース山口と2番手ピッチャー内田の左右の二人が要所をしめるピッチング技術を持っているだけに、上手い試合運びを展開できるはずだ。

粘投甲子園

1回の表、金足農業は1番大山、2番斉藤、3番工藤が三者連続三振に斬られ、山口投手に完璧な立ち上がりを許してしまった。

2回の裏、岩倉高校は5番内田、6番岩佐、7番武島が三者三振に打ち取られた。

水沢にしたら、御返しとなるようなピッチングであった。

試合が動いたのは4回の表、金足農業はツーアウトランナー2塁として4番の長谷川がライト前にタイムリーヒットを放ち、待望の先制点をあげた。

その裏、岩倉高校はワンアウト満塁として7番武島がスクイズを決めて早くも同点とした。

1-1で迎えた6回の裏、岩倉高校はワンアウトランナー1、2塁のチャンスで5番内田が真っ直ぐのボール球を豪快に掬い上げ、打球はスリーランホームランとなった。

デゴイチ打線ベスト8

7回表、金足農業は6番鈴木、7番安田の連続ヒットから作ったチャンスから岩倉高校のまずいエラーなどで2点を返し、3-4と1点差に詰め寄った。

しかし岩倉高校は8回の裏、ワンアウトランナー2塁からホームランを放っている5番内田がタイムリーヒットを放って1点、7番武島に右中間へのタイムリーツーベースヒットが飛び出して2点目を追加した。

最終回、金足農業はワンアウトランナー1塁として9番柏谷のツーベースヒットから1点を返す。

ここで2番手ピッチャーとしてマウンドに上がった内田に気合いが入り、後続をピシャリと抑えた。

試合は6-4で岩倉高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

両高校ともに初出場とは思えないほど質の高い野球を見せてくれましたね。

ともに高い守備でチャンスをことごとく潰していました。

金足農業は夏にもっと素晴らしい野球を見せに来てくれます。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ