高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】準々決勝 都城高校vs愛工大名電高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】準々決勝 都城高校vs愛工大名電高校|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会準々決勝 都城高校vs愛工大名電高校

甲子園大会でファンに人気の高い準々決勝。

大会を代表するベスト8のチームが1日で見れるという喜びがある。

そして戦う選手たちとしては優勝まであと3勝となる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

九州1の名にかけて

甲子園大会でファンに人気の高い準々決勝。

大会を代表するベスト8のチームが1日で見れるという喜びがある。

そして戦う選手たちとしては優勝まであと3勝となる。

初出場ながらそれを感じさせない貫禄で勝ち上がって来た都城高校。

九州チャンピオンの名に恥じることない堂々のベスト8入りを果たした。

大型サウスポーの田口投手が注目されたが、田口は肩に痛みを背負っての大会入りとなっていた。

しかし、その肩痛を何とか制御しながらも持ち前の高い制球力を発揮し、和歌山工業戦では6安打2失点、私立神港高校戦では7安打1失点といずれも完投して地力の高さを見せつけた。

本来であれば今大会でも文句なしのナンバー1サウスポーとして君臨出来た実力の持ち主なだけに、早い回復が望まれている。

その田口を支えている打線も確実な攻撃力を持ち、好投手が相手に続いたが要所で得点を重ねた。

後はエラーの少ない堅実な守備で田口投手をもり立てたい。

名門高校らしい名電

名古屋電機高校から愛工大名電高校と改名してから初の甲子園見参となったが、名門高校の伝統的な野球そのままに順調に勝ち上がって来た。

東海大会のチャンピオンとして前評判は高かったものの、予想以上の力強い打撃で強打のチームを連破してきた。

1回戦の丸亀商業戦では序盤からノーガードの打ち合いとなったが、11安打で8得点を奪い丸亀打線を突き放した。

2回戦の佐賀商業戦では序盤3点差を付けられたが、中盤から打線が爆発し15安打を浴びせた。

終盤に逆転ツーランホームランが飛び出すのは地力の高い証左であろう。

2試合連続の二桁安打と打撃陣は好調と見て間違い無いが、エース千葉の出来映えが今一つなのが少々気掛かりである。

2試合で11失点では、打線の援護のおかげと言われても仕方ない。

東海大会で見せたような変幻自在のピッチングが冴えないと、都城打線を抑えるのは厳しい。

愛工大名電ペース

愛工大名電のマウンドは、不調のエース千葉では無く福田が上がった。

1回の表、福田は都城打線を三者凡退に抑え、期待に応えた。

1回の裏、愛工大名電は1番加賀が田口のストレートをライト前ヒット。

続く2番安達が送りバントを決めてランナー2塁とチャンスを作ると、打席には2回戦で痛烈な逆転ツーランを放っている3番中村。

中村は田口のカーブを綺麗に捉えてセンター前にタイムリーヒットを放って先取点をもたらせた。

4回の裏、愛工大名電はワンアウトから5番加藤が田口のストレートを改心の一撃で、レフトスタンドに運ぶホームランを放ち2点目を追加した。

肩の痛みを圧して投げる田口もマウンドで大きく息をついたが、後続を抑える辺りはさすがであった。

出来ればPLとやりたい

大会中、圧倒的な優勝候補であるPL学園と戦ってみたいと話した都城ナイン。

ならばリードを許したままではいられない。

5回の表、都城高校はワンアウトランナー2塁から9番鶴がライト前ヒットを放ってチャンスを広げる。

すると続く1番安藤が右中間にツーベースを放って1点を返した。

なおも続く2番田中もライト前にタイムリーヒットを放って2点目を追加し、都城は同点に追い付いた。

味方の援護に気をよくした田口はその裏を3人で仕止めると、6回に打席で見せる。

同点に追い付かれたことで、愛工大名電のマウンドにはエースの千葉が上がった。

6回の表、ワンアウトから田口は千葉の内角高めのストレートをライトスタンドへ運ぶホームラン。

自らの1発でナインの援護に応えた。

このあと、都城の守備陣は3イニングでダブルプレーを2つ決めるなど、万全な守りで田口をフォローした。

試合はこのまま3-2で都城高校がベスト4進出を決めた。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

前半は愛工大名電ペースでしたね。

チャンスらしいチャンスのなかった都城は5回の初めてのチャンスで得点する辺りに力を感じました。

田口投手は自らの1発のあと、完全に愛工大名電を封じました。

肩痛なのに被安打5とは、さすがです。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ