高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

鉄分不足で体調不良 不足の原因とは?

      2015/12/08

鉄分不足で体調不良 不足の原因とは?

鉄分不足は疲労の原因となります。 鉄欠乏性貧血や、

鉄分が慢性的に不足しやすい人、その原因とは何なのでしょうか。

食生活に気をつけて鉄分不足を改善しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

鉄分の不足が疲労の原因となる

鉄欠乏性貧血とは
鉄欠乏性貧血とは、鉄分不足によって起こる貧血です。
貧血は赤血球の数、大きさ、ヘモグロビン濃度などに影響を受けますが、 鉄分が不足するとヘモグロビンを作れなくなります。
その結果、赤血球1つあたりに含まれるヘモグロビンの量が減り、貧血になります。
なぜ鉄欠乏性貧血が疲労の原因となるのか
鉄分不足が疲労になるのは、ヘモグロビン量の減少によって酸素供給量が不足するからです。
脳、心臓、筋肉など身体の全ての器官は酸素を必要とし、特に脳では全酸素供給量の20~25%を消費します。

酸素が不足すると脳を始め多くの器官、細胞の活動が低下するため、 疲労感、倦怠感、眠気、無気力、集中力低下といった疲労症状が現れます。
これは鉄欠乏性貧血に限ったことではなく、脳への酸素供給は疲労を防止する上で非常に重要です。
鉄分不足はすぐには発生しない
赤血球の寿命はおおよそ120日で、その寿命が終わると赤血球は廃棄されるものの、鉄分は再利用されます。
そのため、鉄分を摂取しなくなってもすぐには鉄欠乏性貧血にはなりません。

人間が一日に失う鉄分は、年齢や性別に大きく依存するものの、成人では概ね0.8~0.9mg/1日であり、 毎日の摂取量の変化により、新たに作られる赤血球のヘモグロビン量が減っていくのみで、 すぐには鉄欠乏性貧血の症状は発生しません。

引用元-鉄分不足が疲労の原因

偏食は鉄分不足の原因になる

鉄はヘモグロビンを作るために必要な成分です。食事で体内に摂取され肝臓や脾臓に貯蓄されています。しかし、一回の食事で摂取できる鉄分の量は10mg程度、そのうち吸収されやすいヘム鉄は30%、非ヘム鉄は10%程度しか吸収することができません。食べる量が少なければすぐに鉄不足となりヘモグロビンの産生量が減るということです。
一回の食事量が少ない女性がヘム鉄を含む肉類を避けた食事をしていると、吸収できる鉄分はほとんどありません。お菓子やインスタント食品で食事を済ませている人も同じです。

引用元-【鉄欠乏性貧血】 – 食事や出血の影響で鉄不足に陥る – プラス貧血

食生活を見直して鉄分不足を解消

鉄不足を防ぐために、まず見直したいのは日常の食生活。とくに全体的な食事量が問題です。ダイエットをしている人は、とかくカロリーを気にして食べる量を減らそうとしますが、同時に体の機能の調節に関わるミネラルやビタミンといった栄養素も不足することに。鉄不足で体調を崩してしまったら、体重が減ったと喜んでばかりもいられません。また、朝食抜きなど食生活が不規則な人、好き嫌いが多い人も、鉄不足に陥る可能性があります。
 食事にも気を配っているつもりでも、暑いからと言って昼食はそうめんだけで済ませる日が続いたり、ついつい肉を敬遠したりする人も要注意。体内で少しずつ鉄が減っていって、夏バテなどが出るのが心配です。
 鉄の必要量は1日当たり男性が10mg、女性が12mg(ともに18~69歳。閉経後の女性は10mg、妊婦と授乳中の女性は20mg)とごくわずか。ただし、鉄は肉や魚介、野菜など色々な食品に含まれていますが、その含有量は少ないものが多く、吸収率も高くありません。それだけに、きちんと食べなければ不足してしまうのです。

引用元-『かくれ鉄不足』を防ぐ食事|貧血|鉄原因|動物性食品|植物性食品|

女性が鉄分不足になりやすいわけとは

「鉄」というのは、赤血球に含まれる血色素(ヘモグロビン)の構成成分であり、体内における酸素の運搬にかかわる重要なミネラルです。 普通、私たちのからだには短い釘1本分に相当する、3〜5gの鉄があります。そして通常は、毎日その5千分の1に相当するごく微量の鉄しか、体外に排出されません。

ところが、女性の場合は初潮を迎えてから、月経のたびに鉄が失われていきます。これは血液に鉄が多く含まれているためで、健康な女性の場合、1回の月経で失われる鉄は約20〜30mg。 1日あたりの損失量にならすと0.63mg/日であり、月経外損失(0.72mg/日)とあわせると、女性が1日に失う鉄量は1.35mg/日です。

成人女性が1日に摂らなければならない鉄の量は12mg。成人男性が10mgですから、ちょうど1.2倍の量になります。

引用元-女性が鉄不足になりやすいわけ|鉄・ラクトフェリン|雪印メグミルク株式会社

女性は妊娠中の鉄分不足に特に注意!

鉄分は赤血球中のヘモグロビンの主成分です。このヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ役目があります。体内には常に3~4gの鉄分があり、その6~7割がヘモグロビンに取り込まれ、残りが肝臓・骨髄・脾臓(ひぞう)に蓄えられています。

この蓄え(貯蔵鉄)は、鉄分が不足すると放出されてヘモグロビンの素となり、それも使い切ってしまうと貧血症状が現れます。鉄不足によりヘモグロビンの量が減り、全身に酸素が行き渡らなくなるのです。その結果、だるさや疲れやすさが生じたり、心臓が酸素不足を補おうと活発に働くために動悸や息切れ、めまいなどが起こったりします。

妊娠時は、胎児に優先的に鉄分が運ばれます。特に妊娠後期には分娩に備えて血液量が増えますがヘモグロビンの量は増えないため、血液が薄くなって貧血が起こりやすくなります。妊婦の3~4割が鉄欠乏性貧血になるという調査データもあります。重度の貧血は、出産時に胎盤剥離部の出血が止まらない弛緩出血を起こしたり、母体の抵抗力が低下することで産褥熱(さんじょくねつ)にかかりやすいこともあるので注意が必要です。

また、妊娠中に貧血を起こして倒れたりすれば一大事。さらに重度の貧血になると、胎児に送られる酸素が欠乏して成長に影響を与え、未熟児や虚弱児になってしまうこともあります。また分娩時、微弱陣痛になりやすく、難産による胎児への悪影響も懸念されます。

引用元-妊娠中・妊婦の鉄分の摂取について | ヘルスケア大学

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ