高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

インフルエンザの予防接種は必要?

   

インフルエンザの予防接種は必要?

インフルエンザの予防接種はもう済みましたか?

予防接種はインフルエンザの感染を防ぐわけではなく、

あくまで予防ですが、かかってしまった時の事を考えると

予防接種は受けておくのが賢明かもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の対象となる人について

インフルエンザの予防接種の主な目的は、高齢者や小児、基礎疾患を持っている人などの「ハイリスク者(インフルエンザに感染することによって重い健康被害に至る危険性が高い人)」が、入院や死亡などの重篤な状態になるのを防ぐことですが、多くの人に接種を実施して周囲の人に感染が広がることを抑えることも重要です。米国では「医療関係者」「ハイリスク者の家族や介護者」などハイリスク者の周囲の方々も、「ハイリスク者を感染から守る」という観点から積極的に接種するよう推奨されています。

一つの集団でおよそ8割の人がインフルエンザワクチンの接種を受けると、同じ集団の中にいるワクチン未接種の人もインフルエンザを発病する率が減ることが観察されています。乳児などインフルエンザワクチンの接種対象外の人、ならびにアレルギーなどのために接種が受けられない人以外は、すべてインフルエンザの予防接種の対象となります。自分自身をインフルエンザの危険から守るため、周囲の人への感染を防ぐために、できるだけ予防接種を受けましょう。

定期接種対象者

国の施策として予防接種法に基づいて定期予防接種という形でインフルエンザワクチンの接種対象となっている人もいます。

(1) 65歳以上の高齢者
(2) 60~64歳で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する人、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する人
(ただし、予診で接種が不適当と診断された場合を除く)

引用元-インフルエンザ|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

あるアンケートでは3割の人が予防接種の経験なし

全体の約3分の1にあたる96人が、これまでに一度も自主的にワクチン接種をした経験がないと回答する結果となった。その理由の内訳は「効果が見込めない・不明瞭」(約24%)、「接種費用がネック」(約17%)、「アレルギー・副反応が怖い」(約10%)の3つに大別できた。

「予防接種の効果が見込めない・不明瞭」という点に関し、厚生労働省は「接種すればインフルエンザに絶対にかからない、というものではありませんが、ある程度の発病を阻止する効果があり、また、たとえかかっても症状が重くなることを阻止する効果があります」としている。ただ、接種してもらう側からすると、数千円という決して安くない金額を払った以上は、その金額に見合った対価として「100%の発病防御」を求めていることがうかがえる。

また、仕事が忙しかったり、近くに接種可能な場所がなかったりと、接種のための時間確保が難しいケースも少なくなかった。一方で、ワクチン接種経験がある回答者の中には、「会社の福利厚生で周りの人が受けていたから」(26歳女性/情報・IT/事務系専門職)といったコメントも見られるなど、予防接種に対する意識や待遇の”企業間格差”も浮き彫りになった。

なお、インフルエンザワクチン接種可能な医療機関や地域での取組については、居住しているエリアの保健所や保健センターなどが問い合わせの窓口となっている。

引用元-インフルエンザ感染者の予防接種未経験率が判明–「社命で行きたい」と叫び | マイナビニュース

インフルエンザ予防接種に対する勘違い

インフルエンザ予防接種を受ければインフルエンザに感染しないと勘違いしている方が多いです。
厚生労働省も公式にインフルエンザ予防接種の効果は、インフルエンザにかかることを防ぐことではなく、酷くなるのを防ぐことと述べています。

インフルエンザにかかる時というのは、インフルエンザウイルスが口や鼻から体の中に入ってかかります。

からだの中に入ったインフルエンザウイルスは細胞に侵入して増殖していきます。

これを「感染」といい、この感染を抑える効果はインフルエンザ予防接種にはありません。

感染した後、発熱やのどの痛みなどのインフルエンザの症状が起こります。

これ「発症」といい、インフルエンザ予防接種には、この発症を抑える効果が一定程度認められているのです。

インフルエンザ予防接種を受ければ、感染後に発病する可能性を低減してくれて、インフルエンザにかかった場合の重症化を防いでくれるということになります。

引用元-インフルエンザ予防接種 子供2回は量が少ないからではない | これって、そうなんだ~!

今シーズンのインフルエンザ予防接種から新しいワクチンに

日に日に気候が冬へと近づく中、健康面で気になる問題といえば、毎年やって来る「インフルエンザ」!
急激な発熱にダルくなる筋肉と食欲不振・・昨年の辛さを思い出す人も少なくないでしょう。

あの地獄のような日々を繰り返したくない!
そのためには、インフルエンザの予防接種が欠かせません。

実は、インフルエンザの予防接種は2015-2016年シーズンから、新しいワクチンに移行していることをご存知ですか?
医療機関によっては、新ワクチン導入による生産困難の可能性から、ワクチン不足になるかもしれないと注意喚起している所もあります。

10月1日からインフルエンザの予防接種を開始している病院も多いので、ぜひ1日も早い予防接種を検討して頂きたいところです。

引用元-インフルエンザは2015年から予防接種が4価ワクチンへ!料金や時期、副作用、妊婦の接種など・・疑問を一気に解決!|インフルエンザ

インフルエンザの苦しみを考えたら予防接種するのが賢明

 世の中には、インフルエンザワクチンで医者が儲けているとの批判もある。だが、ワクチン接種費用が1回2千円だとすれば、インフルエンザ患者の診察代や薬(タミフル)代のほうが恐らく高い。つまり、儲けを考えれば、ワクチン接種をやめたほうが医者にとっては都合が良いわけだ。

 日本の場合、医療機関へのアクセスが良いことから、インフルエンザで高熱が出れば、すぐにタミフルのような特効薬をもらうことができる。そのため、「ワクチンを接種せずとも、発病してから医者に行けば良い」と考える向きも少なくないだろう。しかし、インフルエンザに感染・発症すると、たとえ1週間程度で回復するとしても、高熱で相当の苦しさを味わう。その辛さを考えれば、やはりワクチン接種で発症リスクを抑えたほうが賢明だ。しかも、インフルエンザワクチンの接種は、即効性・有効性が証明された、数少ない「医療費削減の手段」とも言えるのである。

引用元-インフルエンザ予防接種は受けるべきか|経済界

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ