高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

インフルエンザの症状 背中が痛む事も

      2015/12/13

インフルエンザの症状 背中が痛む事も

インフルエンザと風邪を見分けるポイントとは

どこなのでしょうか?高熱による背中や関節が痛くなる

症状も気になります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

インフルエンザと風邪の症状の違いについて

この2つの違いを見極めるには、
初期症状の病状に注意を払いましょう。

風邪の場合は、まず微熱から始まり、
具合が悪くなると、じょじょに熱が上がっていきます。

鼻の奥に違和感があったり、
くしゃみや鼻水が出始めます。

喉、鼻、くしゃみなど、顔の付近から
症状が出始めるのが、風邪の特徴です。

対して、インフルエンザの場合は、
36℃後半や37℃の熱にはなりません。

いきなり38℃以上の高熱がでます。

初期症状では、風邪の症状にみるような、
喉、鼻、くしゃみなどはあまりでません。

代わりに、悪寒、関節痛、頭痛、筋肉痛など、
全身に症状があらわれるケースが多いのです。

鼻水は鼻づまりは、病状が悪化してから、
著しくでるようになります。

引用元-インフルエンザと風邪の違い!初期症状からの見分け方 | 違いはねっと

風邪やインフルエンザで背中が痛む症状

かぜの一般的な症状の一つに、からだの様々な箇所に生じる”筋肉痛”や”関節痛”があります。
体内に侵入したウイルスそのものが体に痛みを与えているわけではなく、ウイルスを撃退しようとする体の免疫作用によって生じる物質(プロスタグランジンE2)の影響で痛みが生じるとされています。

背中にもコリなどの違和感や痛みを感じる場合があります。背中の痛みが風邪やインフルエンザによるものであれば、それらが良くなるにつれ、背中の痛みも消えてゆくでしょう。
完治後も痛みが消えないようであれば、他の病気が原因となっている可能性があります。

風邪とインフルエンザの症状はほとんど一緒ですが、インフルエンザの方が高熱が出たり、全身症状が強く出るのが特徴的です。またインフルエンザは感染力が強く、患者から第三者へ伝染りやすいこと、症状が長引きやすいこともあります。

引用元-背中の痛みの原因 ~ 『風邪(かぜ)・インフルエンザ』

インフルエンザのA型とB型の違いについて

予防がしづらいA型が、新型インフルエンザの正体?

インフルエンザの中でも、A型は一定の形に止まりません。
その為、A型の中でも更に種類が分けられます。
同じウイルスなら抗体が出来ますが、形が変わるので流行しやすいんですね。

予防接種を毎年受ける方もいるかと思います。
しかし、A型は媒体を通してウイルスが進化していきます、新型インフルエンザとなります。
そして、ワクチンが作られる前に流行してしまうんです(>_<) これが、よく聞く“新型インフルエンザ”の正体です。 最近は2年に1度流行する?B型インフルエンザ A型に比べ、B型はほぼ決まった型でしか現れません。 その為、予防接種次第では全く流行らないんだそうです。 しかし、ほぼ決まった型とは言え、やはりワクチンに免疫はついてきてしまいます。 数年前は2年に1度流行する傾向があると言われていたB型インフルエンザ。 しかし、最近では毎年流行が見られるとのこと(/;・ω・)/ ウイルスがワクチン慣れしてしまったのでしょうか…。 B型は流行りづらいという根拠のない印象は確かに強かったです。 しかし、それが毎年流行るとなると、その印象をいつまでも持っているのは危険! 流行を繰り返すごとに症状が重症化するのもインフルエンザの特徴です。 A型・新型だけでなく、B型にも十分注意が必要ですね。
引用元-インフルエンザ2015の潜伏期間や症状(咳・熱・寒気など)!感染予防と対策の基本をおさえよう

高齢者のインフルエンザは肺炎の併発に注意

インフルエンザの合併症としては、
高齢者や呼吸器系や心臓に持病を抱えている人が併発しやすい肺炎、
アスピリンとの関連が指摘されているライ症候群などがあります。
また、
インフルエンザと関連があると考えられていて乳幼児がごくまれに併発する脳炎や脳症もあげられます。
これらの合併症はインフルエンザによる死亡の大きな原因にもなっています。
これらの合併症を併発しないための対応策としては、
インフルエンザが流行する前に予防接種を受けることです。
そうすれば、インフルエンザにかかったとしても症状が軽くすみます。
乳幼児がインフルエンザにかかった場合、
脳炎や脳症を併発すると水分をとった後すぐ吐いてしまって元気がない、
意識がはっきりせずうとうとしている、けいれんを起こすなどの症状がみられます。
この場合はすぐに医療機関を受診してください。
また、熱が高いからといって自己判断で、市販の解熱剤を服用させるのも控えてください。
一部の解熱剤では脳炎などを引き起こしやすいといわれています。

引用元-インフルエンザ

インフルエンザの予防接種10%に副作用の症状

インフルエンザの予防接種をした後に、なんらかの副作用がでるのは、全体の10~20%の人です。
とても珍しいということではありませんね。

特に多い症状は、注射をした箇所に現れる、腫れ、痛み、赤みです。

次いで多いのは、発熱。
その他にも、頭痛や全身のだるさ、寒気、発疹もみられます。

注射をした箇所の腫れや痛みは、強く出る場合もあるようで、「利き腕に打ったから、痛みで字が書きづらい」といった声もありました。
注射をした箇所から、ひじや肩の方まで痛みが広がっていく場合もあるようです。

ただ、この注射をした箇所の反応は、体内できちんと抗体ができているというサインでもあります。
痛みや腫れがが悪化していくかどうかを、落ち着いて観察しましょう。

大人に発熱や頭痛、発疹などの副作用が出る場合は、比較的少ないそうです。
(とはいえ、ないわけではありません)

発熱は、微熱程度から38度以上の熱まで、様々です。

発熱などに関しては、インフルエンザの予防接種の副作用とは言い切れないこともあります。
たまたま風邪をひいたという場合もありますから、予防接種後に発熱した場合は、様子をみて、病院で診察を受けると良いでしょう。

引用元-インフルエンザの予防接種の副作用 大人の症状は?いつからいつまで? | ヘルシースタイルnavi

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ