高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】準々決勝 明徳義塾高校vs大船渡高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】準々決勝 明徳義塾高校vs大船渡高校|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会準々決勝 明徳義塾高校vs大船渡高校

東北チャンピオンである大船渡高校は、初出場なだけに全てが新しい歴史を

作っていることになる。

しかしハンデがある雪国勢の中で、唯一ベスト8に残った実力は岩手県勢と

しても初の快挙となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

打高投低の中で輝く山本

金属音が響く甲子園球場。

甲子園大会に金属バットが誕生し、池田高校の影響で筋力トレーニングが主流となった近代ではピッチャーにかかるプレッシャーは激増したのは言うまでもない。

今大会も素晴らしいピッチャーが数多く現れているが、2試合連続で完封勝利したのは明徳義塾高校の山本投手だけである。

昨年からすでに四国随一、全国屈指の右腕として名を馳せた山本ではあるが、最上級生となってさらに成長を遂げ、安定感を増していた。

ダントツの戦力を誇り、圧倒的な優勝候補であるPL学園に対して抑え込める可能性が一番高いと評価されていた。

ただ打線の方が今一つ単調であり、なかなか山本を楽に投げさせていないのが負担になっている。

2試合とも後半に得点をあげるまで、山本が1点も与えれない緊迫感の展開となっただけに、もっと援護しないと打倒PLの可能性は低くなるだろう。

新たな歴史どこまでも

東北チャンピオンである大船渡高校は、初出場なだけに全てが新しい歴史を作っていることになる。

しかしハンデがある雪国勢の中で、唯一ベスト8に残った実力は岩手県勢としても初の快挙となった。

地元のチームメイトが中心となって進学した高校なだけにチームワークは抜群であるが、何と言っても快進撃の要因はエース金野の好投だろう。

1回戦の相手となった多々良学園は、中国大会までを無敗で制した無敗の中国チャンピオンであったが、エース金野が5安打完封を見せた。

2回戦の日大三島高校も粘りに身上を置いたチームであったが、エース金野が6安打1失点という安定感を見せつけた。

都城高校の田口投手が肩に痛みを伴っているため、この2試合での安定感ぶりから今大会ナンバー1サウスポーは金野投手という声も大きくなっていた。

あとは2試合連続ホームランを放っている4番鈴木を中心に、なんとか山本投手を攻略出来ればおのずとベスト4の道が見えて来ることだろう。

1点勝負か

明徳義塾の先攻で始まった1回の表、金野は1番横田、2番岡村を三振に斬る素晴らしい立ち上がり。

サウスポーのサイドからホームベースぎりぎりに絶妙な制球は絶好調の証である。

その裏、大船渡はトップの木下がいきなり山本を捉えてヒットを放つ。

後続は打ち取られた大船渡打線であったが、振りの鋭さから勢いは大船渡高校に流れていく。

一巡目をノーヒットに抑えられた明徳義塾打線は、4回の表にトップの横田がレフト前にヒットを放つ。

続く2番岡村が送りバントを決めてランナーを2塁に進めたが、3番浜田、4番町田が内野ゴロに倒れて無得点に終わった。

その裏、大船渡高校も簡単にツーアウトとなり、予想通りの投手戦になると思われた。

しかしその矢先、4番の鈴木が3塁線を破るツーベースヒットを放つ。

続く5番今野への2球目、山本の内角カーブが高目に浮いた所を今野は見逃さずにジャストミート。

打球は右中間を破るタイムリースリーベースとなった。

重いスコアボードの1

1点を先制された明徳義塾は5回の表、先頭のピッチャー山本が自らライト前ヒットで出塁する。

続く6番和田がバントを決めてランナー2塁と同点のチャンスを作る。

しかし、金野投手は冷静に和田をセンターフライ、市原をショートゴロに抑えて明徳にホームは許さなかった。

6回、7回と明徳は焦りからか三者凡退が続く。

まさに金野投手の術中にハマる格好となっていた。

山本投手も持ち前の制球力で追加点を許さず、試合は1-0のまま終盤に差し掛かかった。

8回の表、明徳は先頭の7番武村の打球はセンターフライを新沼が失策し、明徳はノーアウトランナー2塁という願ってもないチャンスを迎えた。

今日は低めにコントロールが決まり、打たれた気がしないと言った金野投手は続く8番兼頭の時にも冷製だった。

金野はセットポジションから絶妙の牽制を見せ、2塁ランナー武村を刺した。

これで試合は決まり、このまま大船渡高校が1-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

PL学園に続く優勝候補と言われた明徳義塾も、金野投手の絶妙なコントロールの前に沈黙しました。

明徳義塾の山本投手は3試合で失点わずかに1という素晴らしい成績で甲子園を去ることになりました。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ