高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

爪を噛むのはカルシウム不足が原因? 爪とカルシウムの関係は?

      2015/12/15

爪を噛むのはカルシウム不足が原因? 爪とカルシウムの関係は?

爪を噛む癖のある人はカルシウム不足だと聞いたことは

ありませんか?実はそれは違うのです。

そもそも爪の主成分はカルシウムではないのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

爪の主成分はカルシウムではない

爪を噛む癖が出てしまう理由には、様々なことがいわれています。そのうちのひとつである「赤ちゃんの指しゃぶり同様、何らかの安心感を得たいから」というのは納得できるように思います。爪を噛む癖は、子どもにひんぱんにみられますが、多くは成長の過程で噛まないようになっていきます。

ただ、一部でいわれている「カルシウム不足のせい」というのは根拠がありません。というのも、爪は硬いので骨のようにカルシウムを豊富に含むと誤解されがちですが、爪の主成分はカルシウムではありません。 同様に貧血の方が「鉄分を補充するために爪を噛む」というのも思い違いです。爪には鉄分もほとんど含まれていません。 爪の成分は前述したケラチンと呼ばれる硫黄を含むたんぱく質が主です。そしてシスチンという名のアミノ酸が、その硬さを決めています。

引用元-爪を噛む人は、カルシウムや鉄分が不足している…ってホント!?【Doctors Me】

爪を作る栄養素とは

みなさんは、爪がどんな栄養素でできているのかご存知でしょうか。
爪は硬いのでカルシウムかと思われがちですが、実は、爪は主に皮膚と同じたんぱく質(ケラチン)でつくられています。

健康でつややかな爪にするためには、主成分のたんぱく質はもちろん、ビタミンやミネラルも必要。また、意外に思われるかもしれませんが、亜鉛や鉄分も不可欠なんですよ。

【美しい爪のために必要な栄養素】

●たんぱく質…爪の主成分
●ビタミンE…血行を良くし、つやのある爪をつくる
●ビタミンB群、カルシウム…丈夫な爪をつくる
●ビタミンD…カルシウムの吸収を高める
●亜鉛…不足すると爪がもろくなり、白い斑点ができる
●鉄分…不足すると爪が反り返る

引用元-爪が薄くて割れやすいんです。爪に良い食事はありますか?:女性のための栄養学:札幌ライフマガジン「poroco(ポロコ)」

爪の状態からわかる栄養不足とは

爪がもろく、うねりが出る

「ビタミンB1・B2・B6・B12」「葉酸」「ナイアシン」「パントテン酸」などが不足しています。まず、すべての栄養素が含まれるのはレバーです。レバーを意識的に食べるようにすると、爪のもろさを改善するのに効果的。さらに、納豆などの大豆製品、卵、乳製品などもおすすめです。

爪が反り返る

スプーンのように爪が反り返っている場合、鉄分が不足しています。レバーや赤身の肉、卵、貝類、大豆製品、海藻類などを積極的に摂りましょう。

爪に白い点がでる

爪の表面にポツポツした白い点ができる場合、「亜鉛」が不足しています。牡蠣やうなぎ、牛もも肉、チーズ、豚や鶏レバー、大豆、豆腐、そば、ゴマ、緑茶、ナッツなどを摂るようにするとよいでしょう。

乾燥と黒ずみ

爪が異常に乾燥して黒ずむ場合、「ビタミンB12」不足が考えられます。しじみや牡蠣などの貝類、豚や鶏レバー、サンマやいわしなどの青魚、たらこなどを摂取しましょう。

ささくれ

ささくれは、爪自体というより爪周辺の皮膚トラブルになります。一番に皮膚の主成分である、「タンパク質」不足が考えられます。まずは、肉類や魚類、卵・大豆製品・乳製品などの良質のタンパク質を摂るようにしましょう。

タンパク質をつくる際に助ける役割をする「葉酸」も大事な栄養素です。レバーや豆類、ほうれん草・ブロッコリー・春菊・グリーンアスパラなど緑黄色野菜も、合わせて摂るとよいでしょう。

さらに、アセロラや赤ピーマン、いちご・みかん・柿・キウイなどの果物に含まれる「ビタミンC」を多く摂取すると、皮膚を美しく保ってくれます。

爪は「健康のバロメーター」と呼ばれるほど、大事なところです。爪トラブルが生じたら、上記を参考に不足している栄養素を補ってください。そして、普段から健康状態を知るためにも、よく爪をチェックしておくとよいですよ。

引用元-爪が割れやすいのは栄養不足のサイン? | スキンケア大学

爪が裂けたり割れる原因は?

爪が縦に裂けやすいのは胃酸不足が考えられます。胃酸が不足すると、消化活動に支障が出て、食べ物からの栄養素をきちんと吸収できないため、体の多くの細胞が栄養不足状態を起こします。この兆候がまっ先に出るのが爪。こうした状態が続けば、各細胞は栄養不足からまともに機能できなくなり、全身的なトラブルにつながっていきます。

爪が割れたり、剥けたり、簡単に折れてしまうのは、全般的な栄養素不足、とくにたんぱく質不足と胃酸不足が問題です。ミネラル類の補充も必要です。栄養のバランスに気をつけ、食事のたびに酵素サプリを摂取するといいでしょう。

引用元-爪のトラブル│ナターシャ・タイムズ 最新のホリスティック/酵素栄養学をベースにした健康管理&ダイエット情報-

爪は第二の皮膚である

顔の色が悪い、唇の色が悪いなど、人は顔を見て健康状態を判断することが多いですが、爪の色や形でも健康状態がわかる場合があります。
爪が割れやすくなった、表面がデコボコになっている、最近2枚爪になることが多い、いつもと色が違う、など、当てはまる方も多いのでは? 実はこれらも、顔と同じく身体の異常を表していることが多いのです。

爪はケラチンというタンパク質でつくられています。皮膚の一部が変化したもので、肌と同じ成分と言ってもよいでしょう。爪も肌と同じように、きちんと手入れしていないと、乾燥したり、しわが寄ったり、色が悪くなります。
爪は毎日0.1~0.15mmずつのびていますから、身体の栄養状態や、血流や代謝の状態がよくないと、爪にも影響します。とくに、爪は身体の末端にあって栄養補給が十分に行われにくいため、不摂生な生活をしていると顕著に現れてきます。
爪はカラダのバロメーターです。不足している栄養素や健康状態を知るためにも、たまには爪をチェックしてみましょう。

引用元-爪の状態で健康チェック!|ヘルスケア情報|eo健康

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ