高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

イワナ岩魚を釣りたい! 釣るための仕掛けとは?

      2017/02/23

イワナ岩魚を釣りたい! 釣るための仕掛けとは?

イワナ岩魚は警戒心の強い魚です

そんなイワナを釣る仕掛けにも工夫がされています

いろいろな仕掛けをまとめてみました

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

イワナ釣りの仕掛けは1~2mチョウチン仕掛け

仕掛けは 1~2mチョウチン仕掛けです
狙う岩魚の大きさや地域で 糸の太さは違います
太いに越したことが有りませんが 小さいのは釣れる率が下がります(釣れない事は無いです)
かといって 細すぎては話になりません 0.5号以上で 自分は0.5、0.6、0.8号の仕掛けを用意し 状況で使い分けます

新潟では 1.2号と聞いてます

オモリも 流れや 糸の太さで調整
自然に流すのでなく 狙った場所に沈める重さです
B以上 0.5号を使う場合も有ります

竿は 源流=単竿でなく 6.1mを収縮し使用 7mも欲しい所 仕掛けが短く ポイントに近づいてしまうので
竿の長さで 離れます
立って釣るのではなく 気配を消すように 岩に隠れたり しゃがんで釣ってますか?
むやみに川を渡らない 水音 砂利音立てて歩かないのが基本ですよ!

岩魚竿 ダイワ早蕨やマミヤ岩魚を買いましたが 硬硬調では Bクラスのオモリで振込み難く 硬調竿が好きです

貴重な渓流魚 爆超しても持ち帰りは 必要分のみ
15cm以下はリリースし 後世にも残すよう お願いします。

引用元-イワナの釣り方のコツってあります? – フィッシング | 教えて!goo

「ちょうちん釣り」は渓流釣りの釣法の一つ

特徴は、その仕掛けの短さ。通常、渓流釣りでは竿とほぼ同じ長さの仕掛けを使いますが、ちょうちん釣りでは1.5~2.5mの短い仕掛けを使います。

名前の由来は、昔の人が夜道を歩くときに、竹竿の先に提灯をぶら下げて持っていた姿に似ているからじゃないかと思われますが、定かではありません。
管理人HIROは、地元の友人のゴータから教わりましたが、ゴータはさらに釣りの師匠から教わったそうです。

引用元-TEAM OUTDOOR

僕はこの釣りを始めてまだ数年で、この道何十年という釣り師の方もいますので偉そうなことは言えません。
ただこの釣りをやっているのは圧倒的に年配の方が多く、僕や周りの友人を除くと自分より若い人に会ったことがありません。

昔は釣りは、父親から教わるものだったようですが、団塊の世代の父親たちは仕事が忙しかったせいか(昔は週休二日制じゃなかったし)、世代の断絶があるような気がします。

今の若いお父さんたちは、自身がアウトドアを経験してないので、子供に教えることができないようです。結果的に渓流釣りは廃れてきたのかな?
管理釣り場に行くと若いルアーマンやフライフィッシャーはいるんだけど、あくまで管理釣り場は疑似環境。どうせなら自然の渓流でやってほしいと思います。
それに最近はエコや環境問題に対する人々の関心が高まっているけれど、どれだけの人が本当に自然に接しているのか?と考えると疑問に感じることがあります。

引用元-TEAM OUTDOOR

餌釣りの仕掛け 通し仕掛け

通し仕掛けとは、道糸とハリスを使わずに、1本の糸で竿と鈎を結ぶ方法です。私自身、ほとんどの場合通し仕掛けを使っています。根掛かりしても、鈎のチモトから切れる場合がほとんどですから、仕掛け全体を失う事はありません。

竿先はリリアンがついている場合と、金属製の穂先になっている場合があります。リリアンの場合は、先端に結び目を作っておきます。
仕掛けの結び方にもいろいろありますが、良く使われるのはチチワ結びです。糸の先端を2重におり、8の字になるように結んで直径3cmくらいの輪を作ります。

チチワ結びでできた輪を折って、右の図のようにして竿先をくぐらせます。糸を引っ張り、仕掛けが抜けないことを確かめます。

これで仕掛けを竿に結ぶことができました。糸を竿に結んでから、必要な長さまで糸をのばして切ります。仕掛けの長さは渓相によってかわりますが、竿よりも少し短めの方が扱いやすいと思います。鈎を結ぶときのために、糸の長さは10cmくらい余分に見ておいた方が良いでしょう。

引用元-渓流釣り「えちご源流愛好会」

餌を自然に流すナチュラルドリフト釣法

渓流釣りでは水中でそうのように餌が自然に流れてくるから魚は警戒心を持たず餌を捕食するということは誰でもご存知の通りです。問題は本来何も付いていない餌をいかに竿や糸、オモリ、針が付いた仕掛けで極力その自然を演出できるかです。

これができる人と出来ない人では当たり前のことですが必然的に釣果に雲泥の差が出てしまいます。
但し大物狙いの場合はそのポイントや流勢によって必ずしもこの釣法が通じるとは限りません。それなりの釣り方が要求されます。

長年の経験を持つ渓流マンの中でもこの「餌を自然に流す」と言う「全くその通り!」と言える言葉を使う方が多いのですが、では「自然に餌を流すにはどうやって?」っと聞くと、訳の解らない回答をする諸氏が多く居ます。

こう言う方の釣り方を見ると「餌を自然に・・・」とはまるでかけ離れた流し方をしています。道具も釣法も確実に進化しました。大きく進化したのはヤマメに違和感無く、長い間、餌を食わえさせられるようになった。と言う点です。ダイワ社FTの伊藤 稔さんが研究し公開されたこの釣法をマスターして貴方も遅れずに。Don’t miss your method!

引用元-渓流釣りー技術編ー

渓流釣りのいろいろな楽しみ方とマナー

3-1.大自然と遊ぶ

釣りは大自然を相手にする遊びです。常に「大自然に遊んでもらっている」という感覚を忘れない様に心掛けて下さい。

(1) 源流部での豪雨の中の釣り等、無理な釣行は絶対に控えて下さい。
(2) 自然破壊となる様な行為は、厳に謹んで下さい。
(3) 早朝の釣りが多く、車の運転には十分気を付けましょう。

3-2.釣りのマナーを守って下さい

(1) 上流に向かって登りながら釣り場を変えて行く渓流・源流釣りでは、他の釣り人のすぐ上流に
入渓するのは、その釣り人の釣り場を奪う事になります。下流に入るか、別の渓へ移動して下さい。
(2) ゴミ問題を考える様にして下さい。原則として、持ち込んだ物は全て持ち帰って下さい。

3-3.リリース(再放流)サイズ

資源の豊富な海釣りなどの対象魚と異なり、渓流や湖の渓魚は資源に限りがあります。釣れた魚は可能な限りリリースされることを強くお勧めします。どうしてもキープ(持ち帰ること)されたい場合には、まず最初にご自分のリリースサイズを決めて下さい。法的には大部分の河川で12cm~15cmをリリースサイズと決めていますが、多くの釣り人は20~30cm程度をリリースサイズとされている様です。竿などにリリースサイズを測るための目印を付けておくと便利です。

3-4.研究心を持ちましょう

科学的な研究心を持つ様に心掛けましょう。例えば、水温、気温、気圧、水量、透明度、外界の明るさ等、釣果を左右する要素をできるだけ数値化し、かつ関連付けて考える癖を付けましょう。科学的な研究心を持つ事は、渓流釣りをより楽しいものにしてくれます。しかし、余り硬く考え過ぎる必要はありません。釣り人は漁師ではありませんから、あくまで趣味の範囲で研究して下さい。

3-5.釣果と地域差・釣法

釣魚の大きさや尾数には地域差があります。棲息環境やその地域の釣り人口によって魚の平均サイズや尾数が大幅に変わります。又、餌釣り/フライ/テンカラなど、釣法が異なれば当然、平均サイズや尾数は異なります。同一場所で同一の釣法で開催される釣り大会等を除けば、絶対的な魚の大きさや尾数が釣り人の腕前や魚の価値を表す訳では決してありません。

3-6.釣りの楽しみ

この手引書では便宜上「如何に大物を釣り上げるか」に主眼をおいて記述していますが、釣りの楽しみは釣果だけで測られるものでは決してありません。

(1) 魚との駆け引き   (2) 大自然に触れる楽しみ  (3) ストレスの解消
(4) 魚を食べる楽しみ  (5) 釣果を自慢する楽しみ  (6) 仲間を作る楽しみ

他にも色々な楽しみ方が考えられますが、釣果はそのごく一部の要素でしかありません。釣り人は釣果の善し悪しだけで楽しさを規定してしまいがちですが、釣りの楽しみはあくまでその釣り人の満足度によって量られるべきである事を自覚しましょう。

引用元-トラウトルアーフィッシング – 「トラウトルアーフィッシング」入門

イワナ釣りへのつぶやき

 - アウトドア, 釣りフィッシング

ページ
上部へ