高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】準決勝 都城高校vsPL学園|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】準決勝 都城高校vsPL学園|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会準決勝 都城高校vsPL学園

甲子園に時おり現れる野球の神様、女神、そして魔物。

選手たちにとって1つ1つのプレーが全て一生懸命のはずだ。

ならば魔物は何故やって来るのであろうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

念願のPL学園戦

甲子園に時おり現れる野球の神様、女神、そして魔物。

選手たちにとって1つ1つのプレーが全て一生懸命のはずだ。

ならば魔物は何故やって来るのであろうか。

初出場ながら九州チャンピオンとしてベスト4進出を果たした都城高校。

エース田口は、いつかPL学園と戦いたいと志願の甲子園入りを夢見ていた。

大会前に痛めた肩に爆弾を抱える格好となってしまったが、痛みが再発しないよう上手い制球力で何とか大量失点にならないピッチングを見せた。

1回戦の和歌山工業戦では延長10回まで投げて6安打2失点、2回戦の私立神港高校戦では7安打されながらも1失点、準々決勝の愛工大名電戦では5安打2失点とまとめた。

万全とは言えない体調ながらこれまで二桁安打された試合もなく、2点以上取られていないとすれば、打線もじっくりチャンスを伺えたはずだ。

ただ、次はあのPL学園である。

田口が万全でもある程度の失点は覚悟しなければならないだろう。

PL、穴が見つからず

ダントツの優勝候補であるPL学園は、昨年の池田高校以上と評価された打撃力を噂に違わぬ破壊力で見せつけた。

特に昨年、1年生コンビとして大活躍した桑田と清原に注目が集まった、1回戦の砂川北高校戦では19安打18得点6ホーマーという次元の違いをいきなり見せた。

桑田が2本、清原が1本のホームランを打ち、挨拶代わりとした。

2回戦の京都西高校戦では9安打で10得点という効率の良さを披露した。

この試合では清原が2ホーマーという怪物ぶりを発揮した。

準々決勝の拓大紅陵高校戦では9安打で6得点し、桑田が3安打完封という完璧なピッチングを見せた。

新2年生となった桑田と清原は想像以上の成長を見せてチームを引っ張っている。

また、黒木、鈴木、旗手がホームランを打っているように打線が活発に当たっているので相手投手とすれば息を飲む暇も無いだろう。

あとは桑田が準々決勝のような投球をしたら、全く非のうち所がないチームである。

緊迫感に包まれて

PL学園の先発が2番手の田口投手ということで、両方のピッチャーが田口という立ち上がりとなった。

1回の表、都城はツーアウトから3番山元、4番矢野の連続ライト前ヒットでチャンスを作るが5番田口がショートフライに倒れて無得点に終わった。

その裏、PL学園はワンアウトから2番松本が左中間にツーベースヒットを放ち、チャンスを作る。

しかし、田口投手が踏ん張り3番旗手を三振、4番清原をレフトフライに仕留めて無得点に抑えた。

2回の表、都城はワンアウトから7番林田、8番隈崎に連続でライト前ヒットが飛び出し、先制のチャンスを作るものの9番鶴、1番安藤が倒れて無得点に終わった。

都城高校としては桑田がマウンドに上がらないうちに1点でも奪いたかった。

PL学園の打線がいつ火を吹くかわからない緊迫感に包まれていたが、田口投手が素晴らしいピッチングでPLから凡打の山を築いていく。

魔物か女神か

今1つ調子のピリっとしない田口、高松に代わり、早くも3回からPLのマウンドには桑田が立った。

桑田は3回から6回までヒットを許さないさすがのピッチングを見せた。

一方の田口も4回、6回にワンアウトランナー2塁というピンチを迎えたが丁寧に球を低めに集めて後続を絶ちきった。

0-0のまま9回の表、都城はツーアウトから初めて連打を桑田に浴びせてチャンスを作るが、9番鶴は桑田に三振に斬られて無得点に終わった。

田口投手はランナーを出していないのが2イニングという緊迫感の中でPLに得点を許さず、試合は延長に入った。

延長11回の裏、PLは先頭の松本がフォアボールを選ぶ。

気を抜けば1発が何処からでも飛び出す打線に、田口は冷静に3番鈴木をピッチャーゴロに抑える。

続く怖い4番清原は田口のストレートを捉えるライナーを放つもレフト黒島がこれを素晴らしいファインプレーでアウトにしてツーアウト。

続く5番桑田の打球は平凡なライトフライトなり、チェンジと思われた矢先にPLに女神が微笑んだ。

ライト隈崎のグローブからこぼれ落ちた白球は都城にとっては魔物のいたずら。

この落球の間にランナー松本がホームインしてPL学園が1-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

なんという幕切れなんでしょう。まさに魔物が住んでいました。

しかし、田口投手の「悔いは無いです」の一言が清々しかったです。

隈崎選手は夏の甲子園でホームランを打つ活躍を見せてくれます。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ