高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

突発性難聴の原因はストレス? 予防や対策とは?

      2015/12/20

突発性難聴の原因はストレス? 予防や対策とは?

突発性難聴の確かな原因は不明ですが、ストレスが原因であるという

説が有力のようです。

予防するためにもストレスを溜めないように、疲れを溜めないように、

ゆっくり休める時間を作りましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

スポンサーリンク

難聴についての予備知識

難聴には大きく二つの種類があります。伝音性難聴と感音性難聴です。伝音性難聴とは外耳(耳たぶ、耳の穴)、中耳(鼓膜、鼓膜奥の音を伝える骨)になんらかの障害があり音が聞こえにくくなる症状を指します。

伝音性難聴で一番多いのは中耳炎。鼓膜を含めた組織が炎症を起こすことで音が伝わりにくくなります。また鼓膜の傷や破裂、耳垢の詰りも伝音性難聴の原因となります。

対して感音性難聴は内耳や聴覚神経に障害があり音が聞こえにくくなる状態を指します。原因はさまざまですが、感音性難聴は一般的に治療が困難とされます。突発性難聴は感音難聴となります。

引用元-ストレスのせい?いきなり聞こえにくくなる病気「突発性難聴」について | pecodrive

突発性難聴の原因とされる2つの説

原因が不明で、かつ高度の難聴、それも感音難聴であれば突発性難聴といわれる病気なのです。

これは、裏を返せば、突発性難聴の原因はまだわかっていないということです。

わかっていはいませんが、有力視されている原因説としては、「ウイルス感染説」と「内耳循環障害説」の2つの説があげらています。

ウイルス感染説の根拠となっているのは、突発性難聴発症前に風邪に似た症状を覚えた人が数多くいたこと、 突発性難聴は一度罹患すればほぼ再発の危険性がないこと、急な高度難聴がウイルス疾患(はしか・おたふく風邪など)によって引き起こされること、などです。

これに対し、内耳循環障害説の根拠となっているのは、内耳血管のけいれんや塞栓、血栓、出血などの循環障害がもたらす聴力への影響。これらの循環障害が起きれば、突然、耳が聞こえなくなることも十分に説明ができるというのです。

ですが、循環障害の再発は防ぎきれるものではなく、内耳循環説では突発性難聴が再発しないという点は説明しきれないのも事実。

このほかにも、ストレスが原因となって突発性難聴が起こるといった説もあります。

結局のところ、まだ何が原因がという特定はできていませんが、少なくとも遺伝は関係していないということはわかっています。

また、 罹患との因果関係ははっきりしていないものの、突発性難聴患者には共通して「野菜摂取量が少なかった」「発症前に疲労を感じていた」「生活習慣病の傾向にあった」という調査結果もあるようです。

引用元-ウイルス?ストレス?突発性難聴の原因とは

突発性難聴の原因の有力説はストレスが原因か

突発性難聴の原因は不明です。
ストレスや疲労、内耳の循環不全、ウイルス感染が原因であると考えられていますが、明確な原因はわかっていません。ただ、近年患者数が増加傾向にあること、食生活や生活習慣の調査結果からは、忙しく、不規則でストレスフルなライフスタイルが、発症の引き金になっていると考えられています。

厚生省研究班を中心に行った突発性難聴の全国受療者数の調査によると、1993年は人口100万人あたり192.4人でしたが、と2011年には275人と、約1.5倍に増加しました。
あふれる情報、スピーディーでリアルタイムな進行が求められる現代社会の中で、偏った食事や睡眠不足、心的・肉体的ストレスと疲労が重なり発症したのではないかと考えられますが、いずれにしても明確な原因はわかっていないのが現状です。

引用元-突発性難聴

ストレスが原因となる突発性難聴の予防や対策について

ストレスから来る難聴は、
安静にすることが一番の治療です。

ストレスを取り除くことで、難聴が改善されます。
また、軽度のものであれば、薬を飲んだり点滴をしたりすることで治すこともできます。

しかし、「ストレスを取り除く」といっても、難聴による耳鳴りやコミュニケーションが取りにくくなったことにより、余計にストレスを抱えてしまうことが多いです。

また、「もしかしたら耳が聞こえなくなってしまうのではないか」という不安を感じてしまうこともあります。
それで耳鼻科とかに相談に行くのですが、これら二つの難聴は原因がはっきりしていないため、耳鼻科では「原因不明」と診断されてしまうこともあります。

というかかなりの確率で原因不明とは言われずに「疲れているので安静にしましょう」とアドバイスされることがほとんどだと思います。

聞こえが悪いことを自分一人で抱え込まず、家族や友人に相談し、ときにはカウンセリングを受けることをおすすめします。
んーまぁカウンセリングと言っても、中々行動に移せないですよね…

私の友達は自宅でできる難聴改善方法を実践していますね。
彼女の表情が会うたびに明るくなっているので、だいぶ良くなってきていると感じています。
ちらっと聞いたらそういう風に言っていましたので。。^^;

あまりしつこく聞くとかわいそうなのでね。。

引用元-ストレスで難聴に!?その原因や改善方法とは?

突発性難聴を防ぐために睡眠を多く取って休む

そんな怖い突発性難聴ですが、発症原因についてははっきりと解明されていません。

何らかのウイルスへの感染や、免疫細胞の障害、血流の悪化など、いろいろな説はありますが、どれも確証にいたっていません。
ただ、実際に突発性難聴が発症した人の話を聞くと、強いストレスを感じている時期や、睡眠不足などで身体が疲れているときに発症しやすいようです。

そのため、突発性難聴を防ぐためには、普段から強いストレスを感じないように気をつけたり、体に負担をかけすぎないようにすることが大事だと思われます。

引用元-あなたの聴力を守るために知っておこう!「突発性難聴」の症状の怖さと治療法 | ナースが教える仕事術

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ