高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

突発性難聴かも… 突然くる耳鳴りの原因とは?

      2015/12/19

突発性難聴かも… 突然くる耳鳴りの原因とは?

耳鳴りには色々原因があるようですが、慢性化し、

生活に支障をきたすようであれば注意が必要です。

異変を感じたら病院へ行きましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

耳鳴りの原因や治療について

耳鳴りとは明らかな音がない状態で感じる音の感覚です。音がないのになぜ耳鳴りが生じるのかは分かっていません。また、その検査法や治療法も確立されていません。耳鳴りの多くは何らかの難聴に伴って発生します。耳鳴りと難聴との関係をみると難聴の約50%が耳鳴りを訴え、逆に耳鳴りがある方の約90%に何らかの難聴を認めます。難聴の種類による耳鳴りの合併率は伝音難聴の25%に対して、感音難聴では60%と高く、感音難聴による耳鳴りが問題となります。感音難聴のなかでは突発性難聴や急性音響性難聴、メニエール病などの急に難聴になる病気で耳鳴りが生じることが多く、80%以上に耳鳴りが認められます。これらの病気では内耳にある音を聞くセンサーである毛の生えた有毛細胞というデリケートな細胞が傷つきますので、有毛細胞が壊れることが耳鳴りの発生に強く関わっていることは明らかです。また、耳鳴りの音色は難聴で聞こえなくなった音と似ていますので、例えば、高い周波数の音が聞こえなくなると、キーンやシーンといったやはり高い音色の耳鳴が生じます。

治療
耳鳴りの治療には大きく耳鳴りの原因を治す治療と耳鳴りによる苦痛や煩わしさを軽くする対症療法があります。原因となる難聴が良くなると耳鳴りも軽くなったり消失したりしますので、ますは難聴の治療を行います。外耳や中耳の伝音機構の病気による難聴や耳鳴りに対しては鼓室形成術などの聴力改善手術を行います。また、突発性難聴などの急性感音難聴に合併する耳鳴も原因の病気を回復させることで耳鳴りも改善することが期待できます。しかし、耳鳴りの多くは回復が難しい慢性感音難聴によるものであり、この場合は耳鳴りに対する治療も対症療法が中心となります。耳鳴りに対して種々の薬物療法が行われますが、特効薬のようなものはまだありません。動脈硬化などによる循環障害の合併が疑われる場合は脳循環改善薬を、肩や首のこりが合併する場合は筋弛緩薬を、不安やうつ傾向がある場合は抗不安薬や抗うつ薬が用いられます。耳鳴りによる苦痛の程度は耳鳴りによる不安や耳鳴りへの意識の集中など、心理的なことにも左右されます。カウンセリングなどによる心理治療により耳鳴りによる苦痛が軽くなることが期待されます。また、TRTというカウンセリングと音を使った音響療法を組み合わせた治療法が注目され、普及してきました。耳鳴りによる苦痛の軽減には大変有効ですが、根本的に耳鳴りを止める治療法ではありませんので、今後、根本的な治療法の開発が望まれています。

引用元-難聴、耳鳴り|慶應義塾大学病院 KOMPAS

突発性難聴の症状である耳鳴り

発症は聴力が低下した瞬間を確実に自覚できるほど即時的(突発的)である(たとえば、ある朝起きたら片耳が聞こえにくくなっていた、TVを見ていたら突然音声が聞き取れなくなりTVの故障かと思ったなど)[2]。
突発的な発症が特徴であり、「何時からかははっきりしないが、徐々に聞こえなくなった」ような難聴は突発性難聴ではない[4]。
症状は軽~重度の難聴が主症状であり、ほとんどの患者で耳鳴りも伴う。それに加えて耳閉感を伴うことも多い。約半数の患者で強いめまいを伴うがめまいは反復することはない。難聴であるにも関わらず一定の音量を超えた音が健常耳に比べ「異常に響き」耳への刺激感・苦痛になる補充現象(リクルートメント現象)を呈することもある。ほとんどの場合片側のみに発症するが、稀に両側性となる場合もある[4]。

引用元-突発性難聴 – Wikipedia

近年増加しつつある耳鳴りが伴う突発性難聴

最近増えつつある突発性難聴は蝸牛の疾患で、「感音難聴」です。症状としては、ある日突然、片側の耳が聞こえなくなる、聞こえづらくなる病気です。両耳が聞こえなくなる方は極めて稀です。多くの人は朝目覚めた時耳鳴りがしたり、電話に出た時、テレビを見ていた時に気づきます。50%くらいの方は、めまいや吐き気、耳鳴りを伴います。めまいの程度が強いほど、難聴の程度が重症で、高度の難聴の可能性もあります。また、軽症の場合、全く聞こえないわけではないので、“おかしい”と気づくことが大事です。反対側の耳をふさいで聞いてみると違いが分かります。

引用元-ある日突然、朝起きたら耳が聞こえない!1週間以内で勝負が決まる「突発性難聴」――慶應義塾大学医学部・神崎仁名誉教授に聞く|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

慢性化するような耳鳴りは要注意

中高年の人なら、一度や二度は耳鳴りを経験したことがあるでしょう。キーンという高音やザァーという騒音のような音…こうした耳鳴りは、耳の奥(内耳)にある蝸牛(かぎゅう)という聴覚器官の細胞に、なんらかの異常が起こったことを知らせるサインです(※1)。
耳鳴りの多くは一過性のもので、すぐに治まってしまいます。でも耳鳴りが起こる背景には、自分でも気付かないような疲労やストレスなどが隠れていることが少なくありません(※2)。
それだけに、すぐに治まった場合でも、「耳鳴りはからだが教えてくれるサイン」と受け止め、休養をとる、気分転換をする、睡眠時間に気を付けるなど、生活全般を見直すきっかけにしましょう。
耳鳴りにはいろいろなタイプがありますが、とくに気を付けたいのは難聴を伴ったり、慢性化するようなケースです。こうした耳鳴りの場合、「トシのせいで仕方ない」とか「治療してもよくならない」と思っている人が少なくありません。
でも放置していると、耳が聴こえにくい状態が固定化したり、悪化したりしかねません。耳鳴りそのものがストレスとなり、仕事や家事に支障をきたし、体調をくずすこともあります。
また次に紹介する「突発性難聴」のように、早期に治療するかどうかで改善の程度が大きく違ってくるものもあります。
耳鳴りくらいと放置せず、まず自分の耳鳴りの特徴を知り、適切な対処を心がけることが大切です。
(※1)内耳の蝸牛には、音を感知する細かい毛をもつ有毛細胞があります。なんらかの理由で、有毛細胞の毛が折れたり、抜け落ちたりすることから、耳鳴りや難聴が生じると考えられています。

(※2)疲労やストレスがたまると、有毛細胞の毛が折れたり、落ちたりし、耳鳴りや難聴を起こしやすいとされています。

引用元-「耳鳴り」が教えてくれる難聴対策 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

体の老化に伴う耳鳴りについて

年齢とともに、
聴力が低下していくのは、
ある程度は仕方のないこと。

ですが、
聴力の低下にともなって、
耳鳴りが聞こえてくるようにもなります。

高齢者の3割が、
耳鳴りを感じているという事実が、
それを裏付けます。

高齢化によって
聞こえる耳鳴りは、
主に”キーン”というものです。

聴力の低下によって、
今まで聞こえなかった周波数の音が、
耳鳴りを引き起こしています。

加齢の症状の一つとして、
受け止める人が多い耳鳴りですが、
多少の耳鳴りはまだしも、

生活に支障をきたすほどであれば、
一度、病院に足を運ぶことをお勧めします。

引用元-耳鳴りの原因は?キーンとなるのは病気のサイン!? | トレンド速報ニュース

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ