高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

カルシウム不足で腰痛になることも カルシウム不足にならない為の対策とは?

      2015/12/24

カルシウム不足で腰痛になることも カルシウム不足にならない為の対策とは?

骨の中のカルシウム不足によって、筋肉がこわばった状態になり、

肩こり、そして骨粗鬆症に繋がる腰痛を起こしやすくなります。

過度なダイエットやお菓子の食べ過ぎなどで、

若い世代の方でもカルシウム不足が懸念されています。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

痩せすぎの人はカルシウム不足による腰痛になりやすい

痩せすぎの人も、骨粗しょう症による腰痛になりやすいです。骨粗しょう症とは、骨に穴がたくさん開いてスカスカになった状態です。もろくなるため、ちょっと荷物を持ち上げるだけでも脊柱の一部が折れることがあるのですが、骨折すると骨の形が変形するため、脊柱周辺の筋肉が緊張して硬くなり、腰痛が慢性化することがあります。痩せすぎの方は食べ物を十分にとらず、体内カルシウムが不足することで骨粗しょう症になりやすいです。また、最近では過度のダイエットによるカルシウム不足から、若い女性にもその兆候が現れることが増えています。

引用元-腰が痛い!腰痛になりやすい人の特徴 | ヘルスケア大学

カルシウム不足を解消して腰痛を予防しよう

カルシウムとビタミンDを摂ることで骨を丈夫にして、腰痛や関節痛の予防をしましょう。体内にあるカルシウムの99%は骨・歯などにあって、残りは、血液・筋肉・神経などの組織に存在します。カルシウムは、神経系・筋肉系の働きを司るミネラルで、骨だけでなく生命維持・活動に重要な栄養素です。カルシウム不足で骨粗鬆症や神経過敏症のリスクが高くなるのはもちろんのこと、血管を老化させて高血圧・動脈硬化・心臓病・脳血管障害などの引き金になります。
リンの摂取が必要以上になるとカルシウムの吸収が悪くなります。添加物としてリンが含まれている清涼飲料水・インスタント食品・加工食品の摂りすぎに注意が必要です。血液中には一定の量が必要で、血液中のカルシウムが減少すると、骨からカルシウムを補おうとして、骨からカルシウムが溶け出して骨内のカルシウム量が減少します。
■カルシウムを多く含む食品
カルシウムを多く含む食品に、小魚、干しエビ、牛乳、乳製品、海藻類、ひじき、切干大根、ゴマ、緑黄色野菜などがあります。

引用元-腰痛にカルシウム | 腰痛情報館

腰痛のすべての原因がカルシウム不足ではない

腰痛のある人は、その原因を探ります。日常的に、立ち仕事が多い、
座り仕事の多い、毎日パソコンに向かっている人などに多い腰痛ですが、
カルシウム不足から、腰痛になるんじゃないか?と、言われることもあります。
しかし、このケースは稀です。
良く、インターネットの情報サイトでは、カルシウム不足からなる腰痛も、
腰痛の理由として良く挙げられますが、カルシウム不足が関係するのは、
骨に原因がある時の場合のみです。
皆さんも良く知っているように、カルシウムと骨は密接な関係にあります。
例えば、骨粗鬆症(こつそそうしょう)が原因となる腰痛の場合、
高齢者による骨が原因となる腰痛の場合くらいです。
後、注意したいのは、女性の更年期です。ホルモンバランスの影響により、
更年期の女性は、カルシウムが流出しやすいので、骨粗鬆症になりやすく、
それが引き金となって腰痛を起こすことがあります。
しかし、それ以外のケースでは、骨に異常がなく、
カルシウム不足が、直接、腰痛の原因になっているとは考えにくいです。
■特に若い世代の腰痛の原因は、カルシウム不足ではありません
若い世代の場合、自分の腰痛がカルシウム不足だと勘違いし、
たくさんのカルシウムを摂取するよう、心がける人が居ますが、
必要以上に摂ったからといって、腰痛が改善するわけではありませんし、
腰痛の予防にもなりません。
逆に、カルシウムを過剰に摂取してしまうと、人はマグネシウム不足になります。
身体には良い栄養素ではありますが、何にせよ、摂り過ぎは良くなく、
バランス良く摂取するのが、身体にとって理想なのです。
マグネシウム不足は、筋肉の疲労回復力を減少させてしまいます。
これは、腰痛にも良くない例です。具体的には、少し動いただけでも、
筋肉痛になったり、筋肉がプルプルと震えるようになる、痙攣が起こりやすくなります。
腰痛は、カルシウム不足でなるものではありませんが、
マグネシウム不足からは、大いになる可能性があると考えられますから、
あまり、カルシウム不足は気にせず、食事はバランス良く摂るべきです。

引用元-カルシウム不足で腰痛になる?マグネシウム不足は筋肉痛を起こしやすい

運動をしてカルシウムをしっかり摂取しよう

カルシウム不足にならないように、牛乳や小魚を食べたりして、みなさん気をつけていらっしゃると思いますが、カルシウムは、ただ単に摂取するだけでは、吸収され難く、吸収されずに尿と一緒に体外へ排出されやすいミネラル成分です。

骨は、歩いたり走ったりして刺激を受けないと、カルシウムを吸収して強くなろうとしないのです。
筋肉だって、鍛えていないとますます退化して細くなり、逆に脂肪がついていくじゃないですか。

 使わなくても退化しないで、進化し続けていけばいいのですが、人間の体は、生きていく為に、使っていない機能より使っている機能を発達させようとします。
 目の不自由な方は、それ以外の耳や点字を読む為に指先が敏感になります。

他の生き物だってそうです。ダチョウは、鳥なのに空を飛べないですが、外敵から身を守れる様に足が速くなり、コウモリは目が見えないですが、暗闇でも飛べるように音波を出して、物にぶつかる事はないです。
人間を含めた生き物全てが、変化を続けて生きているのです。

良い例が、宇宙飛行士は、無重力の宇宙空間で生活している為、骨が負荷を受けないので、ひどい骨粗鬆症になるそうです。

元気だった年配の方が、ケガをしたりして歩けなくなり、そのまま寝たきりになる事が多いのも、運動ができなくなり、カルシウム吸収率が悪くなって、骨がもろくなるのが一番の原因です。

カルシウムは、もちろん必要量を摂取する事も大切ですが、いかに体への吸収率を上げるかがポイントになってきます。

運動不足の皆さん! 少しずつでいいので、ウォーキングやジョギングを始めるようにして下さい!

仕事が忙しく運動する時間が取れない方も、通勤を工夫する事でチャレンジしてみて下さい。

それを苦痛に感じたら、長続きしない可能性が高いので、自分で楽しめて、長く続けられそうな運動から、まず始めてください。

週一回の激しい運動より、週3日以上の適度な運動です。
近い距離は、車を使わずに歩いたり、それも無理な人はテレビを見ながら、1分間だけ大きく手を振って足踏みする運動からでもかまいません。
3日坊主では意味がありません。継続して続けることが大切なのです!

引用元-鹿児島市宇宿の整体/えまり療術院/肩こり・腰痛・ひざ痛・骨盤矯正・ぎっくり腰

不足しがちなカルシウムをしっかり摂取しよう

筋肉をつくるにも、筋肉を動かすときにもカルシウムが関わってきます。カルシウムが不足すると筋肉が硬くなって血行が不良になるので、腰痛が悪化する原因にもなってしまいます。腰痛予防のためにも日々のカルシウム摂取がポイントなるので、ここではカルシウムについて詳しく説明します。

カルシウムは、強い骨格づくりには欠かせない栄養素です。心臓の鼓動を一定に保つ、出血時の血を固める、精神を安定させる、神経と筋肉の結合部の動きをスムーズにさせる、といった働きも持ちます。体が柔軟に動くようになれば、縮んだ筋肉が緩んで血行がよくなり、筋肉中の疲労物質が除去されて腰痛緩和が期待できます。

しかし、このカルシウムは日本人には最も不足しがちなミネラルの一つです。ストレス、運動不足、飲酒、喫煙などによって、どんどんカルシウムが減っていってしまいます。食事から摂取したカルシウムは、骨などに吸収されて骨を丈夫にしますが、カルシウムが不足すると、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとして骨からカルシウムが溶け出すため、骨がもろくなって骨折しやすくなります。

成人におけるカルシウムの1日摂取目安量は1000ミリグラムといわれています。牛乳、チーズなどの乳製品、豆腐、コマツナ、ゴマ、ワカサギなどに豊富に含まれているので、しっかりカルシウムを摂って、腰痛防止、骨折防止につなげてください。

【カルシウムが豊富に含まれる食品及び100グラムに含まれるカルシウム量 (単位ミリグラム)】

ワカサギ:450グラム  干しエビ:7100グラム  茹でコマツナ:150グラム  炒りゴマ:1200グラム  高野豆腐:660グラム  牛乳:110グラム  プロセスチーズ:630グラム

引用元-腰痛に効果がある食べ物③ – 35秒でわかる!腰痛のアレ

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ