高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

カルシウム不足で手足にしびれ?そんなことってある?

      2015/12/26

カルシウム不足で手足にしびれ?そんなことってある?

足のしびれや手のしびれがなかなか取れなくて、

気になってしまうことありませんか?

それはカルシウム不足が原因かもしれません。

一般にカルシウムが不足すると、手足のしびれ

などの症状が見られると言われています。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

カルシウム不足による足のしびれ

足のしびれが起こってしまう原因には病気以外にも様々なものがあります。その沢山ある原因の中の一つ、今回は『カルシウム不足』によって起こる足のしびれのお話をしていこうと思います。

体内のカルシウムが不足してしまうと起きる症状として有名なのが『イライラ』や『不安感』などの精神的なものですよね。カルシウムが不足してしまうことでなぜイライラや不安感が起こってしまうのかというと、カルシウムが不足してしまうと神経がうまく働かなくなってしまい、感情のコントロールが効かなくなってしまう事が原因とされています。

しかし血液中のカルシウムは一定の濃度を保って存在するようになっているので、もし外部から摂取されるカルシウム量が減ってしまうと骨のカルシウムを溶かして血液中のカルシウム濃度を保つようになっています。

ですのでカルシウムが足りなくなることですぐにイライラが起こってしまうというわけではありません。むしろイライラよりも問題なのはカルシウムが骨から溶け出すことで骨がもろく弱くなってしまう事なのです。

カルシウムが骨から溶け出し、骨がもろく弱くなってしまうと骨が折れやすくなりますし、骨がもろくなってしまう事で筋肉の異常緊張が起こります。そうすると異常緊張した筋肉に末梢神経が圧迫され、足のしびれが起こってしまうのです。

引用元-カルシウム不足 | 足がしびれやすい 足のしびれに注意しよう

カルシウム不足かどうかチェックしてみよう

自分がカルシウム不足かどうか、簡単にチェックするためのチェックシートを作りました。チェックの数が多いほどカルシウム不足の可能性があります。

特に8個以上当てはまるようなら、かなり不足している可能性があります。積極的にカルシウムを食べるようにした方が良いでしょう。

生活習慣からカルシウム不足を判断する簡単チェックシート
インスタント食品をよく食べる
ジュースをよく飲む
お菓子が好きでよく食べる
野菜よりも肉を食べる方が多い
牛乳やチーズなどの乳製品は嫌いだ(あまり食べない)
好き嫌いが多い方だと思う
運動をあまりしない
タバコを吸う
お酒をよく飲む
きついダイエットをしている(したことがある)
牛乳はあまり飲まない
外出時間が短く日光に当たる時間が少ない
妊娠中
カルシウム不足であるかどうか正しく判断するためには血液検査をするしかありません。あくまで目安としてチェックシートをお使いください。

引用元-カルシウム不足の症状と今日からできる2つの対処法

長引く手足のしびれはカルシウム不足ではない原因が

長引く手足がしびれの場合、男性更年期を疑います。

しびれをおこす男性更年期障害は、個人差はありますが、40歳前後から60代前半の男性に起こる症状で、加齢による体内の老化や心身にかかる仕事や家庭などの過度のストレスなどが原因になり、男性ホルモンの1つであるテストステロン欠乏症状が起こる現象で、しびれの要因の一つです。

テストステロンは男性らしい体を作ったり、男性の生殖機能に大きく影響しているほか、他のホルモンと相まって、自律神経のコントロールや体の諸器官の機能を維持する役割を果たしています。

テストステロンの急激な減少が体のしびれや不調をおこします。

自律神経のコントロールする役割のため、テストステロンが急激に減少して、体内のホルモンバランスが乱れると、全身にわたって様々な不調やこれまで感じたことがないしびれや心身の異変を感じるようになります。

健康診断でしびれなどの異常が出ず、病院で生活習慣病などの検査をしても特別な疾患が見つからない場合には、男性更年期のしびれである可能性があります。
中には手足のしびれを訴える方もいます。

自律神経の乱れによる感覚異常がしびれの原因のことも多い

男性更年期で手足のしびれが起こる原因としては、血の巡りが悪くなることと、自律神経の乱れによって感覚異常(しびれ)が起こることです。
いずれもテストステロンの減少でホルモンバランスが乱れた結果、しびれは引き起こされるものです。
血の巡りが悪くなると、特に体の末端に血が行き届かなくなり、手足の先などが冷たく冷えてしまいます。
これによって筋肉などが委縮して手足のしびれを感じることがあるのです。
また、ホルモンの働きでコントロールされている自律神経が乱れると、感覚器官を統制する自律神経も乱されます。
体の平衡感覚が取れなくなったり耳鳴りがするほか、訳もなく手足のしびれを感じるようになります。

引用元-男性更年期の手足のしびれは、カルシウム不足ではありません

カルシウム不足によるしびれをなくすために

カルシウムが足りないことで不安定な気持ちになる場合がありますが、それだけでなく足の痛み、攣り、しびれが出る場合もあります。足に症状が出た場合は、カルシウムの豊富な食事を心がけるようにしましょう。カルシウムを多く含む食材には牛乳やチーズなどの乳製品、小魚、レバーなどがあります。これらを食事に多く取り入れるようにすると良いでしょう。

また、カルシウムの不足が毎日続くと骨や軟骨組織が弱くなりますので、慢性的な筋肉の異常緊張が起こるようになります。筋肉の異常緊張が起こると肩コリ、腰痛、下肢の後面から足底部へ痛みが出る坐骨神経痛になりやすくなります。カルシウムが不足した時の症状や神経痛は、動かないで同じ姿勢をしている時に腰痛、腰が重苦しくなったりする特徴があります。

運動している時ではなく、動かないでいる時に感じるのも特徴です。膝が痛い、足首や足の甲に痛みが走るというように腰から伸びた末梢神経に沿って違和感が出ることもあります。朝起きた時に「しばらく腰が痛い」「足の関節などが痛い」のも代表的なカルシウム不足の症状ですので、このような症状が出たらカルシウムを意識して多く摂取するようにすることをお勧めします。

引用元-カルシウム不足 – 足の痛みナビ

頭痛に伴う足のしびれは危険

頭痛に伴う足のしびれは、カルシウム不足による血行障害が原因の可能性が高いです。

十分な量のカルシウムを摂取したり、血行を良くするマッサージをしたりすると改善できますので、お悩みの人は取り組んでみてください。

ただ、この症状は命に関わる重大な病気のサインである場合も少なくはありません。
一過性のものであっても、少しでも感じることがあれば注意が必要です。

引用元-頭痛と足のしびれが併発したらカルシウム不足を疑おう | 頭痛外来の福岡自律神経カイロプラクティック

カルシウムを十分に摂取すれば、血液バランスを整えるリンパ球が活性化し、血行の流れが良くなります。
頭痛に伴う足のしびれが改善されるので、動脈硬化や脳腫瘍などのリスクを大幅に軽減することができるでしょう。

さらなる効果と健康を目指すためにもうひとつ、改善の手助けとなる方法をご紹介します。

それは、「マッサージ」です。

マッサージには血行の流れを良くし、血行障害を解決に導く効果があります。
つまり、カルシウムを摂取し、血行の流れが良くなっている身体にマッサージをすることで、より大きな効果を得ることができるのです。

短い時間でも構いませんので、入浴中など、日々の隙間で取り組んでみてはいかがでしょうか。

マッサージをするときは、ふくらはぎを中心に揉むことを心がけてください。
血液は下半身に溜まっていくものですので、足から上半身に押し上げるようなイメージで行うことをおすすめします。

もちろん、マッサージだけでも血行障害の改善に繋がりますが、血液から整えていかなければ根本的な解決とはなりません。
カルシウムを効果的に摂取した上で、十分なマッサージを行い、全身の血行を良くしていきましょう。

それが、頭痛や足のしびれを防ぎ、大きなリスクを防ぐカギなります。

引用元-頭痛と足のしびれが併発したらカルシウム不足を疑おう | 頭痛外来の福岡自律神経カイロプラクティック

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ