高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

突発性難聴の確実な原因は不明?症状や診断方法とは

      2015/12/27

突発性難聴の確実な原因は不明?症状や診断方法とは

突発性難聴の確かな原因は未だにわかっていないそうです。

有力視されている原因説としては、「ウイルス感染説」と

「内耳循環障害説」の2つの説があげらています。

難聴については「騒音性難聴」や「ヘッドホン難聴」も

近年増えています。

十分気をつけて耳を大事にしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

突発性難聴の確実な原因は不明

内耳などに障害が生じる感音性難聴の一種と考えられているが、原因は不明である。原因が不明な突発性の難聴を本症とするためである[4]。
ステロイド(感染症に対して抗炎症作用を持つ)が効果を発揮することからウイルス感染を原因とする説と毛細血管の血流が妨げられ内耳に血液が十分届かずに機能不全を引き起こすという内耳循環障害説などがある[4]。患者調査の傾向からストレスを原因の一つとする意見もある[5]。
内耳循環障害説では健康人の発症が多いことや、再発しないことが説明できず[4][5]、きわめて症状が似ている疾患にムンプスウイルス感染によるムンプス難聴やヘルペスウイルス感染による内耳炎があり、ウィルス原因説には矛盾はないためウイルス感染説が有力とされている[8]。ムンプスで一側の高度難聴をきたすことはよく知られている。突発性難聴の約7%はムンプスの不顕性感染であるという報告もある[9]。

引用元-突発性難聴 – Wikipedia

突発性難聴の症状について

40〜50代の大人が発症することが多い病気ですが、こどもや高齢者が発病することもあります。突発性難聴は起床時に気がつくことが多く、ある瞬間から急激な聴覚の低下を感じる人がほとんどです。多くは片耳だけに発症し、両耳に発症することはまれです。自覚症状は耳に何かが詰まったような聞こえづらさ(耳閉感)・耳鳴り・目眩などがあります。耳鳴りは高い音が耳の奥で鳴っている感じで、自分の声が頭の中でこもって聞こえます。

目眩は自分の周りの景色が回っているような目眩や、ふわふわと体が浮いているような目眩です。それに伴って吐き気や嘔吐を催す場合もあります。目眩は突発性難聴の発症前後や直後に起きることがありますが、一度しか起きず、繰り返さないのも特徴です。まれに耳に痛みを感じる場合もあります。
早期発見・早期治療で治る病気ですが、放っておくと治療は困難になってしまいます。一般的には発症から一週間以内に治療をすればほぼ改善されるという治療結果が出ていますが、それ以降になってしまうとどんどん治りにくくなってしまい、二週間を過ぎると治癒の可能性は大幅に低下してしまいます。発症してからは出来るだけ早く治療を開始することが大切です。

引用元-突発性難聴の症状・原因・治療【Doctors Me】

突発性難聴の診断方法とは

突発性難聴の診断方法は、問診を詳細に行い、「ある瞬間からはっきりした突然の難聴」があれば診断は容易です。耳鼻咽喉科で行われる耳の視診検査(耳鏡検査)で、次のような場合は突発性難聴が疑われます。
外耳道に閉塞がない
鼓膜にまったく異常が認められない
聴力検査室で左右それぞれも聞こえの検査を行い、片方の耳の感音難聴が特定できる
前述の随伴症状としての耳鳴りやめまいの有無もチェックすることが大切です。めまいがひどい場合は、眼振(めまいに伴う、眼球の不随意的な規則正しい往復性の回転運動)を認めることもあります。その場合、眼振を観察するには、専用の眼振めがねを用います。
なお一般的には「突発性難聴は再発しない」と言われており、1度治療してから2度3度繰り返すものは突発性難聴とは言わずに、「低音障害型感音難聴」や「蝸牛型メニエール病」 と考えられています。

引用元-突発性難聴とは|突発性難聴|ドクター’s コラム|eo健康

突発性難聴になってしまったら

「突発性難聴」の治療には、投薬と安静にすることが何よりも重要だといわれています。

なるべく耳に刺激を与えるようなことは避け、医師の指導に従って投薬を行うと共にストレスを溜め込まずに解消するよう心掛けることが大切です。

予期せず急に聴力が低下することで、不安を感じられる方は多いと思います。
しかし「突発性難聴」の場合、早期に発見し治療を行なうことで聴力が回復する可能性は高いといわれていますので、聴力に異変を感じたら速やかに病院を受診されると良いでしょう。

引用元-突発性難聴の原因 | 難聴(聴覚障害)の正しい知識と治療方法

増加するヘッドホン難聴にも注意 原因について

大音量で長時間音楽を聴くことは、耳への暴力

難聴になる原因はさまざまですが、大音量に長時間さらされていると起こる難聴があります。これが騒音性難聴といわれるもので、ヘッドホン難聴もそのひとつ。よく、ロックコンサートのあとなどに、一時的に耳がジーンとして聴こえが悪くなることがありますが、それが治らなくなった状態です。
耳は、外耳、中耳、内耳の3つの部分から成り立っていて、聴覚を司っているところは、内耳の蝸牛(かぎゅう)という部分です。騒音性難聴は、大きな音の力で、蝸牛の感覚細胞が傷つけられたことで起こります。主な原因としては、次の3つがあげられます。ヘッドホンで音楽を聴く人は、これらのリスクをすべて満たす状況になりやすいので、注意が必要です。
1. 大きな音を聴くこと

音が大きいほど、耳にかかるダメージが大きくなります。100デシベルの音を15分以上聴くと難聴になりやすいといわれています。ちなみに、目安としては列車が通過するときの高架下の音の大きさが100デシベル。携帯音楽プレーヤーは、電車の中で聴くことも多いため、電車の騒音に負けないように知らず知らず音量を上げていて、結果的に大音量で聴いていることが少なくありません。
2. 長時間聴くこと

たとえ適正な音量であっても、長時間音楽を聴くのは耳にダメージを与えることになります。最近は、長持ちする充電式電池のおかげで、携帯音楽プレーヤーでは何時間も音楽を聴き続けることができるようになりました。そうなると、耳は休む間もなく、繰り返し騒音にさらされている状態になります。
3. 周波数が高い音を聴くこと

周波数の高い音ほど、耳に与えるダメージが大きくなります。スピーカーから音楽を聴くときは、高い音の周波数は空気中を伝播する間に弱まりますが、ヘッドホンでは、あまり弱まることなく耳に伝わってきます。

引用元-気をつけて! ヘッドホン難聴がふえています | 耳鼻咽喉科 | +Wellness プラスウェルネス

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ