高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】1回戦 星稜高校vs別府商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】1回戦 星稜高校vs別府商業|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会1回戦 星稜高校vs別府商業

試合前の予想では名門の星稜に分があると言われた。

しかし諦めないのが高校野球。

劣性の中で耐えた別府商業に終盤チャンスが訪れる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

県下無敵の星稜高校

石川県と言えば、真っ先に星稜高校の名前が上がるほど充実期間を迎えていた。

作夏の決勝で小松明峰高校にまさかの不覚をとったが、春の県大会ではその小松明峰を11-4と粉砕。

超高校級である湯上谷を中心に、県下には敵は無しと言ったところであった。

常勝星稜の油断につけ入るとすれば、着実にチーム力をアップさせている金沢高校、打力自慢の金沢桜丘高校、エース元雄の成長著しい小松高校という3校が2番手グループとして頂点を狙っていた。

夏の予選で序盤から猛打を奮った星稜は、準々決勝でも金沢市立工業を11-1と圧倒すると、準決勝では小松高校の元雄投手に苦戦を強いられたが3-2と勝利。

決勝でも金沢桜丘の奇襲にあってペースを乱し、7回終わって0-4と負けていたが終盤に底力を発揮して追い付き、延長11回サヨナラ勝利した。

打高投低の大分から

大分県の高校野球ファンから、県下のレベルが近年上がっていないと悲観の声が聞こえる理由は、投手力の低下とされていた。

その中で有力とされたのは春の県大会で圧倒的な打撃力を誇った大分商業である。

5試合で40得点の打線で候補ナンバー1であった。

これに続くのが弱投の県内においてナンバー1ピッチャーの吉田を率いる国東高校くらいで、あとは横一線という何処が出場してもおかしくない大分県であった。

夏の予選が始まるとその予想通りで、大分商業も国東高校も早々と姿を消してしまい、何処のチームにもチャンスが訪れた。

その中で別府商業は投打に安定した試合運びで勝ち上がり、準々決勝から決勝まで全て6-1と完勝して初の甲子園切符を手中に納めた。

予選を通して成長したナインが、甲子園でどう戦うのか。

レベル低下に歯止めをかけるべく名門に立ち向かう。

星稜の即効

1回の表、星稜高校は1番堺がフォアボールを選ぶ。

やや緊張感の抜けない海老名投手に対し、2番竹中が送りバントを決めると打席には注目の湯上谷を迎えた。

湯上谷は海老名のストレートを捉えると打球は弾丸のような強烈な速さでライト前タイムリーとなり、星稜が早くも1点を先制した。

このあと、塁に出た湯上谷を牽制でアウトにした海老名は落ち着きを取り戻し、見違えるピッチングを見せる。

2回の裏、別府商業はツーアウトから6番後藤、7番高橋に連続ヒットが飛び出して同点のチャンスとするが、川場投手が8番海老名を三振に仕止めた。

両方のエースが好投し、5回の表裏が終わって1-0のまま試合は終盤に向かっていく。

鮮やか別府商業

6回の表、星稜高校はツーアウトから4番仁尾が右中間にツーベースヒットを放つと、続く5番正田は海老名のカーブを見事に捉えてセンター前ヒット。

これがタイムリーとなり、星稜高校が2点目を追加した。

膠着状態で迎えた終盤の追加点に、試合はほぼ決まったかと思われた。

しかし8回の裏、別府商業この回先頭の8番海老名の打球をセカンドがエラー。

塁に出た海老名は牽制でアウトになったものの9番工藤、1番藤内が連続ヒットを放ち、それを機にツーアウトランナー2、3塁とチャンスを作ると、3番本郷がライトにタイムリーヒットを放って二者生還した。

終盤の同点劇、それも相手が名門星稜となるとベンチの盛り上がりも最高潮となり、別府商業は乗った。

9回裏、先頭の5番池部が右中間にスリーベースヒットを放ってランナー3塁とすると、6番後藤がライトへ犠牲フライを放ってランナー池部がサヨナラのホームを踏んだ。

試合は3-2で別府商業が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

すっかり常連校となった星稜高校ですが、この春夏は初戦で姿を消してしまいました。

別府商業は劣勢とは言え、よく終盤まで耐えたものです。

8回の本郷選手のタイムリーが見事でしたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ