高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】1回戦 海星高校vs学法石川高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】1回戦 海星高校vs学法石川高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会1回戦 海星高校vs学法石川高校

逆転があれば再逆転もあるのが高校野球。

長崎県を打力で勝ち上がった海星と粘りで福島県を制した学法石川。

試合はシーソーゲームとなった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

佐世保実業を倒した海星

長崎県において優勝候補ナンバー1は佐世保実業であった。

エース吉田を中心に2年生が先発に5人もいる若いチームだが、選抜大会でベスト16に入った。

吉田投手は1回戦で星稜高校を完封し、敗れた明徳義塾戦でも2失点と好投した事から九州右腕ナンバー1の称号を手に入れた。

この吉田の前に立ちはだかったのが攻撃力に定評のある海星高校であった。

佐世保実業を上回る打撃陣に機動力、そして4人の投手を贅沢に使い分けるためスタミナ切れの心配は無い。

この2強の争いを中心に始まった長崎県予選であるが、準決勝でこの2強が激突した。

海星高校は自慢の打線が吉田投手を攻略し、5-2で頂上決戦を制した。

吉田投手を倒した海星にもはや長崎県に敵はいなく、決戦の上五島高校戦は16-3という大勝で甲子園の切符を手中に納めた。

福島を2連覇した学法石川

福島県内において優勝候補ナンバー1は、作夏のレギュラーが3人残った学法石川高校であった。

それを追うのが春の県大会で学法石川を破った磐城高校と、その春の県大会を制した日大東北高校であった。

福島県内はその3強チームのどれかが県予選を制するだろうと言われたが福島商業、郡山高校、若松商業、双葉高校といったダークホースが隙を狙う2番手グループとして君臨していた。

夏の予選に突入すると、3強の1角である日大東北が早々と姿を消してしまった。

学法石川と磐城は順調に勝ち進み、決勝で顔を合わせることになった。

学法石川は準決勝で郡山に土壇場まで追い詰められた事で、チームがさらにまとまった。

決勝では磐城に6-1と完勝して甲子園の切符を手にしたと同時に春の県大会の借りを返す格好となった。

ホームランにホームラン

海星高校の先攻で始まったこの試合、学法石川の先発は2番手白土、海星の先発は本来ライトを守る富森がマウンドに上がった。

海星高校は2回の表、ツーアウトから7番富森がフォアボールを選ぶ。

続く8番1年生の種村は臆することなくフルスイングし、打球はレフトの頭を越える先制2ランホームランとなった。

先制された学法石川はその裏、先頭バッター三瓶が左中間にツーベースヒット。

続く6番添田、7番白土が連続でバントを決めて学法石川はすぐに1点を返した。

2-1で迎えた中盤5回裏、学法石川はフォアボールとヒットでツーアウトランナー2、3塁とチャンスを作る。

ここで1番近内はの甘く入ったストレートをライトスタンドに運ぶ3ランホームラン。

学法石川が4-2と逆転に成功した。

土壇場の再逆転

逆転された海星高校はすぐさま6回表、ツーアウトから3番エースの浜口がレフト線にツーベースヒットを放つ。

続く4番中庭も右中間にツーベースヒットを放って海星は1点を返して3-4と1点差に詰め寄った。

このあと6、7、8回と試合は坦々と進み、終盤を迎えた。

海星はマウンドにエース浜口が上がり、学法石川打線を封じ込んで見方の反撃を待った。

9回の表、海星は中庭、山下の連続ヒットで作ったチャンスで城田が上手いバントを決めて同点とした。

土壇場で追い付いた海星ベンチは盛り上がり、打席に先制アーチを放っている種村を送り出した。

種村は期待に応えてレフトに犠牲フライを放ち、5点目のホームを招き入れた。

試合は再逆転した海星がこのまま5-4で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

開幕初日の最終試合にふさわしいシーソーゲームとなりました。

得点されたあとにすぐ1点を返す両方の攻撃力に、レベルの高さを感じました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ