高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】1回戦 鎮西高校vs高崎商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】1回戦 鎮西高校vs高崎商業|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会1回戦 鎮西高校vs高崎商業

九州ナンバー1のサブマリン投手がついに甲子園にやってきた。

群馬で猛打を奮った高崎商業打線に対して素晴らしいピッチングを

見せるが、高崎商業エース長井も好投して試合は投手戦にもつれた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

九州のサブマリン

熊本県の優勝候補はまず鎮西高校と目されていた。

昨年の2年生の時点でサブマリンの中ではズバ抜けた存在のエース松崎が最後の夏を迎えて九州ナンバー1のサブマリンに成長した。

中学時代に全国優勝している実績はだてじゃない。

打線も活発で、4番の山田は鹿児島県ナンバー1右腕の増永から特大の1発を放っている。

この山田を中心に総合力はピカ1の鎮西は夏の予選が始まっても仕上がりの良さを見せる。

準々決勝、準決勝と重要な大詰めの試合を松崎投手は連続完封で勝ち上がると、決勝の相手は名門の熊本工業。

熊本工業戦でも松崎投手は6安打2失点の好投を見せると打線も効果的に得点して4-2と快勝して熊本を見事に制した。

最後の夏にやっと全国の舞台に躍り出た鎮西エース松崎から目が離せない。

混戦群馬を制した高崎商業

今大会の各予選でも指折りの本命不在となった群馬県におき、優勝の可能性を秘めていると言われたのは前橋高校、前橋工業、東農大二高校の3強のチームであった。

しかし、台風の目として無名に近い佐波農業が現れる。

佐波農業のエース笠原がスカウトを集めるほどの逸材として騒がれると、県内の力関係は大きく動揺し、何処が優勝してもおかしくない混戦ムードが漂った。

本番の夏の予選に入り、準々決勝に残ったのは前橋高校のみ。

その前橋高校と台風の目として注目された佐波農業も、ベスト8で姿を消すまさに評論家を泣かせる大会となった。

この混戦を抜け出したのはダークホースの1番手とも言われなかった高崎商業であった。

高崎商業は準々決勝で館林高校を10-1と粉砕すると、準決勝では鶴田、大手のリレーで伊勢崎商業3-1で勝利。

決勝ではエース長井、大手のリレーで中央高校を完封。

打線も奮って7-0と完勝して頂点に立った。

絶好調のエース同士

高崎商業の先発は長井、鎮西高校の先発は松崎と、エース同士がマウンドに立ったこの試合は予想以上に締まった試合運びとなる。

1回の表、鎮西は1番伊藤がいきなり長井のストレートを捉え、打球は左中間を抜く。

伊藤は2塁を蹴って3塁ベースを狙うが高崎商の上手い中継プレーにより伊藤をアウトにした。

これにより長井は落ちつき、後続をピシャリと抑えた。

その裏、松崎投手は先頭の小野坂を三振に斬ると三者凡退に打ち取る上々の立ち上がりをみせた。

このあと、両方のエースは素晴らしいピッチングを見せて5回終わった時点で0-0。

長井は鎮西打線を2安打、松崎は高崎商打線を1安打に抑える好投を見せた。

終盤の攻防

試合が動いたのは6回表、鎮西は先頭の8番松崎がセンター前ヒットを放つと雰囲気は一変する。

ワンアウト後、先頭の1番伊藤が三遊間にヒットを放つと2番坂本が長井のカーブを上手く捉えると打球はセンターを抜けるタイムリースリーベースとなり、鎮西が2点を先制した。

なおもワンアウト3塁とピンチは続いたが、3番工藤、4番山田を打ち取った長井は見事であった。

しかし鎮西は続く7回表、先頭の山野のツーベースを足かがりに7番丸田がスクイズを決めて3点目をあげた。

この手堅さが熊本県を勝ち抜いた強さだろう。

7回裏に高崎商も反撃を試みる。

この回先頭の3番富岡が右中間にツーベースヒットを放つと6番長井が意地のタイムリーヒットを放って1点を返した。

しかし反撃もこれまで。

松崎投手は高崎商業を4安打に抑える好投を見せて鎮西高校が3-1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

評判の松崎投手は素晴らしいピッチングでした。

近年のアンダースローの中でもトップクラスの安定ぶりでした。

高崎商業も動きの良い野球を見せてくれて、非常に締まった試合になりました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ