高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

赤ちゃんに心地よい睡眠を 幼児の睡眠を音楽が促す?

      2016/01/16

赤ちゃんに心地よい睡眠を 幼児の睡眠を音楽が促す?

赤ちゃんが中々寝付かず困ることも多々あると思いますが、

音楽によって幼児の睡眠を促す効果があるそうです。

効果は個人によって違うかもしれませんが、

試してみる価値はありそうですね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

スポンサーリンク

幼児の睡眠のメカニズムについて

幼児期になると、脳がだんだんと発達してきて、ノンレム睡眠とレム睡眠が脳波に現れてきます。また、昼寝の時間も徐々に減少していきます。

新生児・乳児の頃の動睡眠と、幼児のレム睡眠を比較すると、後者の方が時間がずっと短くなります。さらに、この頃になると、日中の精神活動や身体活動が活発になって深い睡眠をとる傾向が強くなります。

つまり、睡眠全体に占めるノンレム睡眠の割合が増えてくるのです。夜間の連続した睡眠が長くなるのもこの時期の特徴です。

幼児期は、一生のうちでもっとも熟睡の程度が大きいといわれています。そのため、熟睡している幼児を外から無理に起こそうとしてもなかなか起きないものです。

仮に起きたとしても、感覚や体の動きを司る脳の機能にばらつきが生じて、「睡眠時遊行症(夢遊病)」 や「夜驚症(睡眠時驚愕症)」が見られることもあります。

引用元-幼児の睡眠のメカニズム

幼児の睡眠前に音楽を聞かせることによる効果とは

ブリガムヤング大学のプラット教授は、「子供に音楽を聴かせることは、成長の種を蒔いているようなもの」と述べており、子供の生活に音楽を根付かせることを推奨しています。同教授は、テレビの代わりにステレオや楽器を生活の中心に据えることを勧めています。

子供に音楽を聴かせる効果的な方法の1つは、睡眠前にお決まりの楽曲を聴かせることだと専門家は言います。毎日同じ音楽を部屋を暗くして流すことで、子供は一日が終わったことを理解するようになります。しかし、子供が寝付くまで音楽を流しっ放しにすることは避けるべきだと心理学者のミンデル氏は言います。この方法だと、音楽が終わってしまうと子供が目を覚まし、音楽が流れていないと眠れなくなってしまう可能性があるからだそうです。ミンデル氏によると、何曲か流したあと、子供が寝付く前にステレオの電源を切るのが効果的だそうです。もちろん、CDに頼る必要はなく、ママやパパが歌ってあげるのも効果的です。

引用元-赤ちゃんと音楽 |

赤ちゃんが眠りやすいおすすめの音楽とは

ふかふかの歌。

1歳の娘をもつ母です。今でこそあまり手がかからなくなりましたが、生後4か月くらいの時は寝かしつけに非常に苦労しました。そこでネットで調べたところ「ふかふかかふかの歌」というものが赤ちゃんの寝かしつけには効果があると知り、早速試してみました。

テンポリズムがいい曲ですが、その歌を流すと不思議と5分ほどで寝ることが多かったです。チャイルドシートで愚図っていても、携帯電話でユーチューブを開き、この歌を流すと自然と寝てくれ、運転中もとても助けられました。「ふかふかかふかの歌」の音自体は激しいですが、赤ちゃんにとってはツボになる音が出ているのでは?と思います。子育て中のママさんには、ぜひ知っていただきたい一曲です。

引用元-睡眠導入用音楽みんなのおすすめ♪ヒーリング体験談10 – マーミー

ホワイトノイズと川のせせらぎ

3ヶ月になる娘がいます。私は娘の寝かしつけの際、授乳時間やおしっこ、うんちの回数を記録する「授乳時計」というアプリについている睡眠導入効果のある睡眠誘導音を使っています。赤ちゃんが母親のお腹にいるときの胎内音を再現したホワイトノイズと、リラクゼーション効果のある川のせせらぎ音が収録されており、娘の寝つきがあまり良くないときにこの睡眠誘導音を流しています。

娘は寝つきがあまり良くなく、寝るときに眠いのに寝れないといった感じでよく泣き出してしまうのですがこれを流すとピタッとなきやみなんだろう?といった感じで真剣に聞いています。そのまま、おっぱいをくわえさせ授乳しているとそのうち落ちついてうとうとしながらすんなり寝てくれることが多いです。

引用元-睡眠導入用音楽みんなのおすすめ♪ヒーリング体験談10 – マーミー

赤ちゃんを音楽で寝かしつけるときの注意点とは

寝かしつけには毎日同じようにする、というのがとても重要です。寝るときに毎日、毎回同じようなことを行う、つまり寝かしつけに毎回同じ音楽を流すことで、赤ちゃんが自然と入眠していくようになるのです。

ここでもう1つ大事なのは歌の種類です。

歌自体はどんな歌でもかまわないのですが、ゆっくりとしたリズムで歌えるような、あくまでも赤ちゃんを寝かしつけるための歌であることが大切です。

引用元-新生児の寝かしつけの方法に、おすすめの音楽はこれ♪ [ママリ]

幼児の睡眠を促す音楽アプリの効果は?

さて、大人に対してはともかく、赤ちゃんにこれらの効果音や音楽を聞かせた時に本当に効果があるのか、筆者の生後2カ月になる子供に試してみた。最近はベッドに寝かせると泣きわめいてしまい、抱き上げてスクワットによる上下運動を繰り返さないと落ち着いてくれないお年頃。

 というわけで、ひとまずベッドに寝かせていつも通り泣き始めるのを待ってから、おもむろに「赤ちゃんの睡眠音楽」で効果音を再生してみたところ、波打ち際や川の流れ、雨音など、水の音系の効果音がてきめんに効果を発揮。そのまま眠りにつく……とまではいかなかったが、再生してからわずか3秒で静かになった。ただし、他の効果音やオルゴール風のサウンドはどれも効果が薄く、録音した親の声に至っては残念ながら逆効果。

 筆者の子供の場合は確かに効果は見られたが、赤ちゃんによって好みに違いがあるだろうし、効果の程度も変わってくるはず。どの効果音やサウンドが合うかいろいろ試してみて、赤ちゃんをすやすや眠らせた後は、大人もぐっすり眠って子育ての疲れをできる限り癒やしたいところだ。

引用元-家族みんなでぐっすり眠りたい!「赤ちゃんの睡眠音楽」 – ケータイ Watch

 - 教育, 生活ハウツー

ページ
上部へ