高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】1回戦 東北高校vs柳井高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】1回戦 東北高校vs柳井高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会1回戦 東北高校vs柳井高校

東北高校が序盤から得点を重ねたこの試合は、突如先発マウンドに立った

2番手ピッチャー佐々木にとって心強いものであっただろう。

2年生投手を序盤から引っ張った東北打線に注目したい。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

県下無敵の高評価

選抜大会に出場することは出来なかった東北高校であるが、もともと宮城県内においては群を抜く無双の評価であった。

エース白鳥に左腕の大友、それに加えて2年生の佐々木が急成長し、投手陣は盤石となった。

さらにパワーアップした打撃力は得点率を上昇させている。

現に春の県大会の決勝では、白石工業を7-1と圧倒して、宮城県下ではやはり敵はいないとの支持を得ていた。

夏の予選に入っても東北高校は圧勝の連続で勝ち進んでいった。

準々決勝でも宮城農業を9-1のコールドで退けると、準決勝では築館を6-0と一蹴する。

この試合では2年生佐々木が完封を見せた。

決勝の相手は勢いよく勝ち上がってきた仙台育英に対し、また佐々木が好投を見せて3-1で見事に宮城県を制した。

県下無敵を倒した柳井高校

山口県内は宮城県の東北高校のように多々良学園が無敵のチームとして君臨していた。

無敗で山口県大会を制したあと、中国チャンピオンまで上り詰めた多々良学園であったため、選抜で1回戦敗退を喫したものの県内の評価は全く変わらないものであった。

春の県大会でも、決勝で強豪の柳井高校を倒した辺りにやはり底力を感じる。

しかし、敗れた柳井もチグハグな攻撃が噛み合えば十分逆転出来る戦力があった。

これに続くのが宇部商業と防府商業と言われていた。

夏の予選に入り、その4強は勝ち進んでいく。

無敵の多々良学園を何処が倒すのかという1点に絞られたこの山口県大会は、準決勝でターニングポイントを迎えた。

萩工業に競り勝った柳井に対し、多々良学園は宇部商業に4-5で競り負けた。

決勝では勢いにのる宇部商業が5-3とリードして最終回を迎えたが、柳井打線が粘りに粘り、一挙3点を奪ってサヨナラ勝ちを納めて激動の山口県大会を制した。

みちのくの池田高校

1回の表、東北高校はトップの斎藤がいきなり左中間にツーベースヒットを放つ。

続く2番渋谷が送りバントを決め、ランナーを3塁とすると3番平尾が冷静にスクイズを決めて東北が先取点をあげた。

これでリラックスした東北打線は4番中根がツーベースヒットを放つと5番安部にタイムリーヒットが飛び出して2点目を追加した。

その裏、柳井高校はトップの原田のライトフライがエラーとなり、ランナー2塁とする。

ツーアウト後、4番の藤中がライトにタイムリーヒットを放って1点を返した。

1点差とされた東北は2回の表、神本投手の制球の乱れをついて連続フォアボールを選ぶ。

ここで2番渋谷がレフトにタイムリーツーベースを放と、続く3番平尾もセンター前にヒットを放って東北はこの回に3点を追加した。

東北打線は止まらない。

3回表、ツーアウトランナー2、3塁からトップの斎藤が左中間にツーベースヒットを放ってこの回2点を追加し、早くも7-1とした。

静かな後半戦

2年生ながら宮城県大会で好投を続けた佐々木投手は甲子園に来てからも安定し、3年生のピッチャーの出る幕はなくなっていた。

この試合も初回に1点は取られたものの、2回以降は柳井打線の打ち気を上手く剃らしていった。
 
柳井高校もエース神本が東北打線につかまった後、マウンドを代わった松崎がなんとかその後を抑えていた。

終盤7回裏、2番手の松崎が意地のホームランをライトに放って柳井が2点目を返した。

しかしすぐ8回表に東北は中根のタイムリーヒットで1点を追加すると柳井の反撃ムードも終焉を迎えた。

試合は東北高校が8-2で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

3回終わって7点とった東北高校が勢いそのままに試合をものにしましたね。

浜松商業のようにひっくり返った試合もありましたが、ここは2年生佐々木投手の安定感が素晴らしいの一言でした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ