高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】1回戦 境高校vs法政一高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】1回戦 境高校vs法政一高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会1回戦 境高校vs法政一高校

境高校エース安部は伸びのあるストレートが持ち味の本格派。

一方の法政一高校エース岡野はスローボールが主体の軟投派。

両エースの思いがけない投手戦は歴史に残る結末を迎えることになる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

総合力で予選突破

横一線と言われたこの年の鳥取県予選は、有力チームが多数の面白い予選となった。

三つ巴と言われた鳥取西高校、鳥取商業、境高校の隙間をぬって米子高校、鳥取城北、米子東、米子工業、米子商業、倉吉北と、浮上を狙うチームが拮抗した実力を持っているのが現状と言われていた。

この鳥取県の戦国時代を制すべく、境高校の2番手ピッチャー安部が大成長し、エースの座についた。

夏の予選に入り、境高校の打撃陣が絶好調、準々決勝で作夏の代表高校である米子東を8-3と撃破する。

準決勝でも境打線が火を吹き、米子商業を15-2と一蹴した。

決勝の米子工業戦でも打線は絶好調で11得点をあげ、安部投手は5安打1失点の好投。

投打に頭1つリードした境高校が安定感のある戦いを見せた。

本命不在の混戦を制して

この年の西東京地区はある意味有力チームがひしめき合い、ある意味本命不在という一体何処のチームが優勝するのか全く予想つかない、まさに大混戦の予選を迎える形となっていた。

その中で何とか有力チームの順番を探るとすれば、1番手にまず選抜出場した法政一の名前が上がった。

春の都大会では4回戦で不覚を取ったが、湿った打線が復活すれば軟投派のエース岡野が生きてくる。

法政一を追いかけるのが作秋、春と連続で準優勝している日本学園と、勢いのある日大三高校というのが西東京の有力処であった。

夏の予選に入るとその3チームは混戦を勝ち抜いてベスト4に進出する。

まずは準決勝で法政一と日本学園が激突し、法政一が5-2で勝った。

決勝戦は法政一と日大三が争うことになったが、これも3-1と快勝した法政一が制した。

本命不在の中で絞り出した1番手と言われた法政一が、前評判以上の活躍を見せる格好となった。

素晴らしい投手戦

選抜では開幕試合で涙を飲んだ法政一高校、エース岡野は先頭打者にホームランまで打たれた。

そういった意味で注目された立ち上がりであるが、スローボールの制球に磨きをかけた岡野は凡打の山を築いた。

スローボールながら打者の手前で変化するタイミングのとりにくい変化球で打者を翻弄していく。

一方の境高校エース安部は伸びのあるストレートにカーブを低めに落とす本格派のピッチングを披露。

特に低めに決まるストレートは法政一の各打者も手も足も出ない、という感じであった。

このように両エースが持ち味を遺憾無く発揮し、回は終盤まで淡々と進む投手戦となった。

劇的な幕切れ

ではこの素晴らしい両エース、終盤7回までの投げ合いを振り返ってみよう。

法政一エース岡野は境打線に対して被安打3、ピンチらしいピンチは作らせなかった。

一方の境エース安部は法政一打線に被安打0というノーヒットピッチング、出したランナーもフォアボール1つであった。

8回表、境高校はワンアウトから1番戸田がチーム4本目となるレフト前ヒットを放ち、続く2番足立もフォアボール。

しかし後続が岡野のスローボールを待ちきれずに凡退。

結果的にチャンスらしい最後のチャンスを逃した。

8回、9回の2イニングでも安部は3つの三振を奪う内容でノーヒットノーランのまま延長に突入した。

延長10回裏、安部投手は1番岡村からこの試合10個目の三振を奪うと2番早川もセカンドゴロに抑える。

続く3番末野に対して投げたこの試合120球目がやや甘く入ると末野の打球はレフトラッキーゾーンに飛び込むサヨナラホームラン。

この試合初めて打たれたヒットで安部は、そして境高校は甲子園を去ることになった。

試合は法政一高校が1-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

なんという幕切れでしょうか。

たった1本のヒットがドラマを生み出しました、それも歴史に残るような。

互いに素晴らしい投手戦を見せてくれましたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ