高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】1回戦 福井商業vs東海大一|白球の足あと

      2017/04/01

【1983年春センバツ】1回戦 福井商業vs東海大一|白球の足あと

1983年 第55回選抜大会1回戦 福井商業vs東海大一

第2日目の第4試合は北信越で圧倒的な勝ち星を重ね、決勝でも星稜高校を

あわやの所まで追い詰めた福井商業と、攻守走のバランスが東海大系列の

高校でも最もまとまっている東海大一高校の対戦となった。

また、東海大一は静岡県代表であることから、同じ北信越大会に進んだ

同士の争いとなった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

北信越の争い

第2日目の第4試合は北信越で圧倒的な勝ち星を重ね、決勝でも星稜高校をあわやの所まで追い詰めた福井商業と、攻守走のバランスが東海大系列の高校でも最もまとまっている東海大一高校の対戦となった。

また、東海大一は静岡県代表であることから、同じ北信越大会に進んだ同士の争いとなった。

福井商業は前年秋に新チームになってから故障者が続出し、福井県大会の5日前にレギュラー全員が揃うという状況だったにもかかわらず県大会を制し、北信越大会でも決勝に駒を進めた事から、チーム力にはかなりの底力を秘めていると自分は見ていた。

その躍進の原動力は機動力であり、秋の成績で見ると34試合で99個の盗塁を成功させていることが何よりの証左であろう。

そして打ったヒット44本のうち、22本が長打という森下、その森下を上回る打点を残した大瀬、打率.410を残した片岡などが得点元といったチームカラーであった。

対する東海大一は共に防御率1点台の双子のピッチャー杉本兄弟を中心に、先発レギュラー8人に一発が出ている切れ目の無い打線が強味である。

斉藤鉄夫監督も甲子園で何処のチームと試合を行ってもいいゲームをしてくれるだろうと言う手応えを持っていた。

膠着状態

試合は福井商業の先攻で始まった。東海大一のマウンドには双子の弟エース杉本尚が立った。

先頭の高橋、2番清水を連続三振にとり、3番の大瀬もファーストゴロに抑える完璧な立ち上がりを見せた。

試合前のインタビューで双子のピッチャー杉本兄弟は、二人とも全国制覇と声を揃えて応えていたが、この素晴らしいピッチングに筆者としても力のありそうなチームと印象付けられた。

福井商業の先発エース牧田はその裏の立ち上がり、先頭の千葉を三振、2番時田をセカンドゴロに仕止め、早くもツーアウトとするが3番良知にセンター前ヒットを打たれると、4番羽山の打球を2塁手の片岡がエラー。

続く五5番の太田にフォアボールを与えてしまい、ツーアウト満塁のピンチ。

ここで6番村田はファーストフライに倒れて東海大一も無得点に終わる。

2回の表の福井商業は杉本尚の低めに決まるストレートを打ちあぐみ、三者凡退に終わる。

2回の裏、東海大一の先頭バッター岸が左中間にツーベースヒットで出塁すると続く8番柴山のバントをフィルダーチョイスしてしまい、絶好の先制チャンスを作る。

しかし、9番杉本尚がサードゴロへのダブルプレーに倒れてチャンスを潰す。

3回表に福井商業も先頭の鷲田 セカンド内野安打で出塁するが、杉本尚の巧みな牽制死でこちらもチャンスを逃す。

3回裏も東海大一は先頭の良知のライト前ヒット、続く羽山もフォアボールを選びチャンスを作るが、村田がダブルプレーに倒れて無得点。

終盤の実力差

4回表に福井商業は高橋のヒットを犠打で送り、3番の大瀬もライト前にヒット。

1死1、3塁のチャンスで主砲の森下を迎えるが、杉本尚は森下をピッチャーゴロに斬り、この回も無得点に抑える。

後から振り返ると福井商業にとって最大のチャンスを逃した格好になった。

お互いに無得点で回を追うが、東海大一が押してるのは誰の目から見ても自明。

5回裏にツーアウトからフォアボールのランナーを置いて、6番太田がセンターオーバーのタイムリーツーベースで先制すると続く村田もツーベースヒットを放ち2点をもぎ取る。

対して6回表に福井商業も杉本尚のフィルダーチョイスで進めたランナーを、内野ゴロの間に帰すが、反撃とは言い難い状況であった。

それほどまでに杉本尚のピッチングは安定していた。

打線もその裏に二番時田のスリーベースヒットで追加点をあげると、7回裏にも羽山のレフトへのホームランが飛び出す。

スコアこそ4vs1ではあるが力の差は歴然であった。

福井商業は最終回ツーアウトで打席には主砲の森下。

4回のチャンスに1本打ちたかった森下は、意地を見せて右中間へツーベースヒットを放つが、2塁ベースを回り、3塁ベースを狙ってタッチアウト。

悔しいゲームセットとなった。

試合は4vs1で東海大一が1回戦を突破した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

名門校同士の対戦らしいしまった試合になりましたが、中盤からの実力差にこれは東海大一はかなりまとまってるなと印象づけられたのを覚えています。

しかし双子ともピッチャーというのもインパクト強かったです!

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ