高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】1回戦 高岡商業vs松山商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】1回戦 高岡商業vs松山商業|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会1回戦 高岡商業vs松山商業

高岡商業は夏の甲子園10回目となりもはや常連高校。

対する松山商業はその倍となる20回目の出場。

お馴染みとなる両者であるが、試合は松山商業の一方的なペースとなった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

蓋を開ければ安定していた高岡商業

乱戦必死と言われていたこの年の富山県は、本命不在という言葉がぴったりの予想が全く読めない非常に難しくも楽しみな大会となっていた。

作夏の代表である桜井高校、春の県大会で1枚抜けた不二越工業、春の県大会でチーム最多安打記録を塗り替えた高岡南高校、堅い守りで富山県1の守備力を誇る高岡第一高校などが有力とされていた。

夏の予選に入ると、乱戦の予想通り各熱戦が繰り広げられた。

その中でも、2番手以下グループの前評判であった名門高岡商業が投打に安定した強さを見せたのが目立った。

準々決勝で富山南に7-0と快勝すると、準決勝では高岡工芸に8-1と打力でコールド勝ち。

不二越工業との決勝は投手戦となったがエース竹島が好投し、2-1で優勝。

乱戦と言われた富山県を制し、10回目の夏の甲子園を決めた。

春夏連続、夏は20回目の松山商業

愛媛県は松山商業が総合力で1枚も2枚も他校をリードしていた。

選抜では確かに1回戦で敗退した。

しかし強豪の取手二高校が相手なうえ、打撃妨害等で点を取られる不運もあった。

2年生ながら四国でも屈指のサウスポーである酒井を軸に、乗松、村上、田中のクリーンアップの破壊力は全国レベル。

春の県大会は調整にあてたが、夏の本番に死角はないと目された。

松山商業が実質上不在の中で春の県大会を制した南宇和高校、準優勝の西条農業の両者の勢いでも松山商業の牙城を崩すのは難しいと言われていた。

夏の予選に入るとその予想はぴったりと当てはまり、酒井を打てるチームは皆無であった。

打線もコンパクトに得点を重ね、準々決勝は小松高校に6-0、準決勝では宇和島南を8-0と快勝して決勝に進む。

打撃で勝ち上がってきた宇和島東には猛打を浴びせて18-2で圧勝し、文句なしの甲子園行きを決めた。

松山商業、圧倒

1回表、高岡商業はワンアウトから2番本間が足を生かせた内野安打で出塁するが、盗塁を阻止される。

これで落ちついた酒井は3番竹原を三振にとる。

その裏、松山商業は2番の今井がシュート気味のストレートを上手く引っ張り、これが先制のホームランとなる。

2回裏には白石のツーベースをスクイズで返す2点目。

3回裏には盗塁を成功させて作ったチャンスに対して5番田中がタイムリーを放ち3点目を追加した。

4回裏にはツーアウトランナー2、3塁から2番今井が左中間にツーベース。

続く乗松、村上も連打を放って4点を追加し、早くも7-0と差を広げた。

5回の表、高岡商業はワンアウトから6番森田がチーム2本目となるヒットを放ち、これがツーベースとなった。

しかし後続が続かずに無得点に終わった。

松山商業強し

5回にも松田のタイムリーで1点追加した松山商業は6回裏、ツーアウトランナー2塁から6番白石が左中間にツーベースを放って9点目を上げると酒井久保に連打が生まれてこの回3点を追加した。

手を休めない松山商業は7回裏、松田のツーベースヒットを皮切りに乗松、田中が連打を浴びせて2点を追加した。

8回表、高岡商業は先頭の森田がセンター前ヒットを放ち、この試合初めてノーアウトのランナーを出した。

しかし続く代打奥原が三振、宮袋が送りバントを成功させたものの1番吉田がピッチャーゴロに倒れて無得点に終わった。

松山商業は8回は無得点に終わり、史上初の毎回得点は達成出来なかったが、9回表も酒井がピシャリと抑えて松山商業が13-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

松山商業の打線は全員安打、毎回安打の19安打でした。

今大会の1回戦ではPLを抜いて1番です。

酒井投手も3安打完封と安定感抜群、強さを見せつけた試合でしたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ