高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】1回戦 沖縄水産高校vs篠ノ井高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】1回戦 沖縄水産高校vs篠ノ井高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会1回戦 沖縄水産高校vs篠ノ井高校

互いに高校は違えど、2年連続で沖縄県と長野県の代表が1回戦で顔を合わ

せる事になった。

昨年は投手戦となったが、今年も負けないくらい両エースが見せてくれた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

宿敵を倒して初出場

この年の沖縄県は興南高校の5年連続予選突破になるかが注目されていた。

その興南高校を止めるとすれば、充実した戦力を持っている沖縄水産が1番手の候補となった。

沖縄水産は2年前の予選で興南に準決勝で敗れ、昨年は決勝で敗れている。

あと1歩の所で興南が壁となり甲子園の聖地を踏めなかった。

しかし大幅に投打のバランスがアップした今、雪辱のチャンスを迎えることになる。

夏の予選に入ると興南も沖縄水産も勝ち上がってきた。

沖縄水産は3番手と言われた美里高校に5-0と完勝して決勝に進む。

決勝戦は興南との争いとなったが、常に先手を取った沖縄水産が4-1で昨年の雪辱を果たし、初の甲子園の切符を手中に納めた。

彗星の如く現れし篠ノ井

この年の長野県は総合力に長けている丸子実業が優勝候補の1番手と言われた。

これに続くのが昨年の甲子園組が5人も残る長野商業。

さらに岡谷工業、松商学園といった甲子園出場校に加えて新興勢力の諏訪清陵、野沢北などが注目された。

この伝統校と新鋭校の争いと予想された中で夏の予選は始まった。

丸子実業、長野商業、諏訪清陵がベスト8に入り、優勝はこの3校のいずれから出るだろうと目された。

しかし長野商業が準々決勝で無名に近い篠ノ井に終盤ひっくり返されて4-7と逆転敗けを喫する。

篠ノ井は勢いに乗り、準決勝で諏訪清陵をも3-1と退けた。

丸子実業との決勝戦は終盤までもつれるシーソーゲームとなったが、5-4で逃げ切り、篠ノ井が初の甲子園出場を果たした。

篠ノ井は大会前に優勝候補として名前の上がらなかったが、前評判の高かった3校全てを倒した。

両エースの奪三振ショー

1回の表、沖縄水産はトップの諸喜田がセンター前ヒットを放つ。

そして諸喜田は盗塁を成功し、初陣のベンチをもりたてた。

ツーアウトになった後、4番奥間がセンターオーバーのスリーベースヒットを放ち、沖縄水産が先制のホームを踏んだ。

続くランナー3塁のピンチは篠ノ井エース小出が5番宮城を三振に仕止めた。

その裏、篠ノ井の攻撃に対して沖縄水産エース諸間盛の立ち上がりは1番2番を連続三振。

3番岡本にデッドボールを与えると続く4番小出にレフト前ヒットを打たれてランナーを2人背負うものの、5番野崎を三振に仕止めた。

両方のエースは非常に調子の良いテンポで投げ合い、互いに2回、3回と3個ずつの三振を奪った。

4回は共にツーアウトランナー1、2塁のピンチを背負ったが、後続をしっかり抑えた。

終盤のダメ押し

5回表、沖縄水産はトップの諸喜田がフォアボールを選ぶと2番宮平がセンター前ヒットを放ち、ノーアウトランナー1、2塁と追加点のチャンス。

しかし小出投手が素晴らしいピッチングを見せて後続を三者三振に仕止めた。

これに対し6回裏、諸間盛投手も篠ノ井打線を連続三振に斬るピッチングを披露した。

終盤の7回表、沖縄水産はトップの諸喜田がフルスイング。

完璧にとらえた打球はレフトスタンドに飛び込む2点目のホームランとなった。

やや疲れの見えてきた小出投手は8回表にフォアボールを連発し、満塁のピンチを迎えてしまう。

ここで打席にはホームランを打っている諸喜田。

小出は諸喜田にもフォアボールを与えてしまい、3点目を失うと2番宮平がライト前にタイムリーを放ってダメ押しの4点目。

両エースが奪三振を繰り広げたこの試合はこのまま沖縄水産が4-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

点差は4点と広がって試合は終わりましたが、両エースの投げ合いは目を離すことが出来ませんでしたね。

諸喜田選手の1発が試合を沖縄水産に持っていきました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ