高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

アイプチがまぶたに上手く付かない 厚いまぶたでも綺麗にできるコツとは

      2016/02/13

アイプチがまぶたに上手く付かない  厚いまぶたでも綺麗にできるコツとは

メザイクなどのファイバーでは二重を作りにくいタイプのまぶたがあるそうです。

たとえば、まぶたが厚い人や皮膚にハリがある人。

厚いまぶたでも綺麗にアイプチ出来るコツとは?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

厚いまぶたでも綺麗にアイプチが出来るコツとは

コツ1:欲張らず幅狭二重を目指す

綺麗に二重を作るコツとしては、あまり欲張らないこと。
いきなり幅広二重にしようとしても上手くいかない事が多いです。
そのうえ、厚ぼったい一重さんは蒙古襞がキツイことも多く、幅広二重にすると疲れた時のような不自然な二重になることもあります。
プッシャーを使ってなるべく自然に見える二重の位置を探してみてください。

コツ2:ペンシルアイライナーはアイプチ前に

ペンシルライナーは、ラインを書くときにまぶたが引っ張られるのでアイプチが剥がれてしまうことがあります。
ペンシルタイプのアイライナーはアイプチ前に、その後アイプチをしてリキッドライナーでラインを重ねてひくと深みのある綺麗なラインになります。

引用元-上手くいかないイライラ解決!厚ぼったい一重まぶたさんのためのアイプチ講座

厚いまぶたで特に気をつけたいアイプチのポイント

アイプチを使ううえでの注意事項や、アイプチが取れにくい自然な二重を作るためのポイントをご紹介します。

2-1.使う前にまぶたの油分をオフする

アイプチを使う前には、必ずコットンやティッシュなどで油分を拭き取った方が良いです。

理由は、上まぶたの皮膚は意外と皮脂がたまりやすく、目に見えない汚れがついていることがあるためです。油分のある皮膚の上にそのままアイプチを塗ってしまうと、皮膚どうしがくっつきにくくなったり、取れやすくなってしまいます。

2-2.二重幅が広すぎると不自然になりやすい

あまりにも広い二重幅をアイプチで作るのは無理でしょう。

なぜならば、アイプチはまぶたの皮膚どうしを、のりでくっつけて二重にしますので、まばたきをしたときに動きが少ない所は、プッシャーで押しても皮膚が折りたたまれません。そのため、皮膚の接着面が狭くなり、きちんとくっつかずに不自然になったり、取れやすくなってしまいます。

また、幅広の二重にすると、目をつぶっても完全に目が閉じないために、半目を開けているような状態になり、不自然でばれやすくもなります。

2-3.アイプチはべったりつけ過ぎない

アイプチは薄くムラがないように塗った方がキレイに仕上がります。

べったりと厚く塗ってしまうと、乾くのに時間がかかります。しっかり乾かないうちにプッシャーを押し当ててしまうと、のりがよれて目立ち、二重のラインもきちんとつかないということがあります。

しかし、まぶたが厚い方は、「アイプチを薄く塗っただけでは、まぶたどうしがくっつかない」という場合もあると思います。その場合には、薄くムラなく塗って乾かすという作業を2〜3回繰り返して、重ね塗りをすると、よれを防げるようですのでおすすめです。

2-4.アイプチをオフするときはこすらない

まぶたの皮膚は非常に薄いため、こすったり引っ張ったりという刺激でダメージを受けやすく、たるみの原因にもなります。アイプチを落とすときにこすってしまうと、皮膚が茶色っぽくくすむ色素沈着や、赤く腫れたりかぶれたり炎症を起こす原因になってしまいます。

引用元-アイプチの基本のやり方とコツ・失敗を防ぐ5つのポイント

厚いまぶたを二重マッサージで改善

分厚い一重瞼の人がなかなか二重瞼をつくるのが難しい理由の1つが瞼の上の脂肪が多すぎることにあります。まずはこの瞼の脂肪を薄くすることで瞼をスッキリさせるようにしましょう。瞼の脂肪が薄くなれば、その分、二重のラインも簡単に癖付けやすくなります。

引用元-瞼の脂肪が厚い人でも必ずできる二重アイプチ法

お風呂上がりなどにクレンジングオイルなどを使ってマッサージをします。オイルなどを使って滑りを良い状態にしてマッサージをしたほうが、瞼などを傷つけたり負担をかける心配がないのでおすすめです。

マッサージは親指の腹を使って、目頭側から目じり側にかけてゆっくりとなぞるように流します。瞼の上の脂肪を目じり側へと流してしまうようなイメージですね。これを継続することで、瞼をよりスッキリさせることが可能になります。

引用元-瞼の脂肪が厚い人でも必ずできる二重アイプチ法

アイプチを厚いまぶた煮付ける土台づくりとは

一重まぶたにいくら強力なアイプチで指で線をつけてもすぐに戻ってしまったり、そもそもアイプチでキレイな二重まぶたのラインが作れないと思います。

それは一重まぶたは脂肪、むくみなどが原因でまぶたが厚いから。分厚いものを力まかせに半分に折りたたもうとしても出来ないのと同じなんです。二重まぶたのくせ付けをすることを考える前に、まずはくせ付けしやすい土台作りをする必要があります。

そのための最初のステップがまぶたを温めることなんです。温めるだけでまぶたが薄くなるわけじゃありませんが、脂肪燃焼しやすく、むくみもとりやすいコンディションを作ることができます。

方法はいたって簡単!ホットタオルを作ってまぶたに乗せる。これだけ!

ただ毎回お湯を沸かしてホットタオルを作るのはちょっと面倒なので、わたしは”あずきのちから”というチンして使うタイプのホットアイマスクを使っています。

皮膚の表面だけ温めても意味がないので、マスクが冷えてくるくらい、3~5分を目安に芯からじわーっと温めるようにします。特に寝起きは顔がむくんでいるので洗顔前にこの習慣を作るのがおすすめです。

引用元-二重まぶたになるために【絶対外せない5つのポイント】おさらい | 二重まぶたは自力で作れる!二重情報館.com

マイクロリポサクションという施術で厚いまぶたを切開する効果とは

「マイクロリポサクション」は数ミリの切開でまぶたの脂肪を取り除き、まぶたをすっきり軽い印象にする施術。
まぶたが厚くはれぼったい人や、目が出ているような印象の人、アイプチで型をつけてもあまり効果がない人が検討することが多いようです。
一重の人であれば埋没法と組み合わせて二重に、もともと二重であればくっきりとした目元にすることができます。

引用元-脂肪除去施術「マイクロリポサクション」で厚いまぶたをすっきり目に♡ | NICOLY:)[ニコリー]

体の脂肪というと具体的に想像ができますが、まぶたの脂肪といわれるとぴんと来ない人も多いのではないでしょうか。
マイクロリポサクションは「まぶたの厚い人」、つまり「まぶたの脂肪が多い人」に向いている施術。
たとえば、まぶたがまつ毛にかかっているという人はマイクロリポサクションがとても効果的と言えるタイプでしょう。
個人差はありますが、多い人では小指の爪ほどの脂肪が取れるのだとか。
まぶたで小指の爪ほどの脂肪というとかなりの量。マイクロリポサクションの効果の高さには期待できそうです。

引用元-脂肪除去施術「マイクロリポサクション」で厚いまぶたをすっきり目に♡ | NICOLY:)[ニコリー]

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ