高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】2回戦 拓大紅陵高校vs鹿児島商工|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】2回戦 拓大紅陵高校vs鹿児島商工|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会2回戦 拓大紅陵高校vs鹿児島商工

選抜ベスト8の立役者である拓大エース古橋の右腕と、九州で

1番のスライダーを投げる鹿児島商工のエース増永。

優位と言われた拓大紅陵は先に点を取られた焦りから術中に

嵌まって行く。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

激戦の千葉を制す

レベルの高い千葉県において選抜ベスト8の拓大紅陵が優勝候補のナンバー1と目されていた。

やはり初出場の選抜でベスト8に入ったのは全国レベルにある証拠。

敗れた相手もあのPL学園と来ればやむを得なく、それでも実力の片鱗は見せた。

拓大を追うのは強打の東海大浦安が1番手であり、春の県大会を制した千葉商業、名門である印旛、銚子商業、習志野などが2番手グループとして上位進出を狙っていた。

夏の予選に入ると拓大紅陵と東海大浦安が打力にものを言わせて勝ち上がり、決戦に駒を進めた。

決勝は序盤から拓大紅陵が打ちまくり、一方的なペースで試合を運んだ。

終盤に浦安の反撃にあったが9-5で勝利し、春夏連続出場を決めた。

切れ味抜群、エース増永

九州1のサウスポー都城の田口、九州1のサブマリン鎮西の松崎、そして2人に負けないのが九州1のスライダーを投げる鹿児島商工の増永投手だ。

県下1の豪腕として名を馳せていた増永であるが、打線の得点力が増してこの夏の優勝候補1番手となった。

これに対抗するのは打線が県下1の破壊力を持つと言われる昨年の代表校、鹿児島実業であろう。

この前評判通りに夏の予選は2校が勝ち進む。

準々決勝でも鹿児島商工は投打が噛み合い9-1と鹿屋中央を圧倒すると、準決勝でも玉龍を3-1と退けた。

鹿児島実業も打線にものを言わせて川内実業を12-4と圧倒すると準決勝では鹿児島商業に6-5と逆転勝ちを納めて決勝進出する。

頂上決戦に相応しい対決は増永のピッチングが冴え渡り鹿児島実業を完封。

2-0と僅差であったが、鹿児島商工が頂点に達した。

鹿児島商工のリズム感

1回の表、拓大紅陵はワンアウトから2番坂巻がセンター前ヒットで出塁する。

強打を誇る拓大打線に対して増永投手は早くも気合い全開。

続く3番小川を鋭く曲がるスライダーでショートゴロに仕止め、ダブルプレーで切り抜けた。

その裏、鹿児島商工は1番寺山が内野安打で出塁すると、2番松下が右中間に先制のタイムリーツーベースを放つ。

続く井ノ口もヒットで続き、チャンスを広げると4番である今西がスクイズを見事に決めて2点目を奪った。

4番のスクイズでキッチリ得点した打線に増永投手は2回もダブルプレーで打ち取るピッチングを見せた。

まさに鹿児島商工のリズム感が上手く嵌まった序盤となっていた。

強い九州勢の象徴

関東のチームの中でも投打の力が秀でていると言われた拓大紅陵であったが、増永の予想以上の切れ味のあるピッチングに焦る一方であった。

5回には先頭の今村がライト線にツーベースを放ち、送りバントでランナーを3塁に進めたが、後続は増永を全く打てない。

逆に5回裏に3点目を追加されると、増永の前にキリキリ舞を見せて出塁すら許されず回は終盤に進んだ。

7回裏にはワイルドピッチなどで降り逃げを許したランナーを6番山田のタイムリーなどで返される嫌な展開で拓大は全く試合の流れを変えられない。

増永投手は6回からの4イニングをパーフェクトに抑える見事なピッチングを見せて試合は終了。

5-0で鹿児島商工が快勝した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

選抜ベスト8の拓大紅陵が大会前から有力とされていましたが、全く勝てる気がしないくらい鹿児島商工が投打に圧倒しましたね。

しかしこの大会、九州勢が勝ち進んでますね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ