高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】2回戦 東海大甲府高校vs三本松高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】2回戦 東海大甲府高校vs三本松高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会2回戦 東海大甲府高校vs三本松高校

強打を全面的に押し出して代表の座についた東海大甲府。

いきなりの先制パンチが挨拶変わりとなり、まさに試合は

甲府のペースになった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

実力で掴んだ出場権

東海大甲府にとって、夏の甲子園出場は通過点と言っても過言ではない。

春の選抜では選考もれの悔し涙を流した。

しかし春の県大会を制した後、関東大会では選抜王者の岩倉高校を倒して優勝するなど総合力は充実している。

この山梨県内におき、言わば全国レベルの東海大甲府を追うのは作夏の覇者である吉田高校、堅実な日大明誠の2校と予想されていた。

だが夏の予選に入るとその2校が早々と姿を消した。

それに反して東海大甲府は当たりに当たった。

準々決勝でも富士学苑を7-0とコールドで圧勝し、準決勝でも駿台甲府を11-2と粉砕した。

決勝でも塩山商業を10-1と完膚無きまであ打ちのめした。

大会終盤に来てもこの破壊力なため、全国でも注目の1校となっていた。

香川からの刺客

この年の香川県はレベルが接近し、何処が甲子園に行ってもおかしくない実力伯仲となっていた。

なにせ有力チームとは言え、選抜出場の丸亀商業が優勝候補の1番手とは断言出来ないほどである。

丸亀商業の他には坂出商業や高松商業といった古豪勢力が復活を目論み、高瀬、工専、石田などの新興勢力が大物喰いを狙っていた。

夏の予選に入ると丸亀商業の他に高松勢と坂出商業が勝ち進む。

しかし依然何処が優勝してもおかしくない状況が続いていた。

その中で三本松高校が高松勢に連勝して勝ち上がって行く。

丸亀商業と坂出商業が準決勝で激突し、坂出商業が延長の末にサヨナラ勝ちした。

三本松は高松西を7-2と圧倒して決勝進出した。

決勝は坂出商業有利の中、1点を争う接戦となった。

しかし劣勢の声を吹き飛ばすように三本松が坂出商業を3-2退けた。

いきなりの1発

1回表、東海大甲府のトップバッターは宮下。

宮下は三本松エース岸本のインコース高めのボール球を一振、打球はレフトスタンドに飛び込む先頭打者ホームランとなった。

史上7人目となる先頭打者ホームランに沸き立つ東海大甲部であったが、三本松バッテリーは飲まれることなく後続を抑えた。

東海大甲府の先発であるエース四條は立ち上がりからストレートが走り、序盤を無難に抑えた。

2回にはフォアボールで出したランナーを牽制でアウトにするなど、落ち着いたマウンド捌きを見せた。

両エースがその後もしっかりと投げ合うイニングが続き、4回終わって1-0であったが5回表、甲府はツーアウトランナー1塁から9番尾崎がセンターオーバーのスリーベースを放って追加点を奪った。

続く1番宮下がタイムリーを放ってこの回2点を追加した。

終盤の猛攻

四條に抑え込まれていた三本松打線は5回裏、ツーアウトランナー1、2塁として1番六車がライトへタイムリーヒットを放って1点を返した。

しかし甲府は6回表に3番塚田がレフトに特大の1発を放つと甲府打線に火がついて中島のタイムリーや宮下のタイムリーが飛び出し4点追加。

その裏、三本松も7番鈴木のタイムリーで2点目を返すが甲府が7回、9回に追加点をもぎ取る展開になす術が無くなっていった。

東海大甲府はこの試合16安打の猛攻で9得点を奪った。

その中にはホームラン2本も含まれ、選抜王者の岩倉に勝っている証しとなった。

試合は9-2で東海大甲府が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

大会前から強打で東海大甲府が注目の1高校となっていましたが、まさに証明された結果となりましたね。

宮下選手の先頭打者ホームランにより、この84年は春夏ともに先頭打者アーチが飛び出した事になりました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ