高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】2回戦 京都西高校vs新潟南高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】2回戦 京都西高校vs新潟南高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会2回戦 京都西高校vs新潟南高校

ジャイアントキリング、いわゆる番狂わせといった試合が大会中に少なからずある。

しかしそこは県の代表、有利不利などの前評判に左右されずに勝ちにいく。

不利と言われた新潟南の意地を見た。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

春夏連続の出場

この年の京都は京都商業、京都西、北嵯峨の3強を中心に繰り広げられるとの見方が強かった。

しかし実際には選抜の経験がある京都西が1枚抜けている構図が出来上がっていた。

その理由としてはまず秋の近畿大会の準優勝と、春の選抜で1勝を上げているという実績だろう。

実際に夏の予選の準々決勝において京都西は京都商業との事実上の決勝戦と言われた対決を制している。

3強のもう1つ、北嵯峨は早々と姿を消していたために京都西の独壇場とまで言われていた。

その予想通りに京都西は準決勝の朱雀戦を15-4、決勝の大谷戦を9-5と打ちのめして頂点に立った。

新潟県民の思い

新潟県民の高校野球ファンの熱視線に反比例し、新潟代表の甲子園での成績は冷える一方であった。

久しぶりの新潟県からの代表となった選抜での新津高校が、初戦で1安打完封という完敗を喫したことでそれはより顕著になってしまった。

夏の予選の前の評判を紐解いてみても、目玉チームはおろか全国レベルと断言出来るチームが見当たらない。

一応、選抜を経験した新津や昨年の代表である中越に優勝候補の名が上がったが混戦になるのは明らかであった。

予選に入ると新津と共に中越の2校が姿を消した。

こうなると予想など無かったようであるが、それと関係なく無名の新潟南と十日町実業の2校が勝ち進んだ。

新潟南は190センチを越すジャンボエース南を中心に、十日町実業は先発全員が打ちまくって決勝進出を果たす。

決勝は新潟南の打線が当たり、エース南が素晴らしいピッチングを見せて8-0と完勝し、甲子園の切符を手にした。

燃える新潟南

組み合わせが決まった時、雪国が相手とわかると歓喜が沸く事がある。

この頃は雪国等地域性のハンデがまだ強くあり、やむを得ないが当の選手たちにすれば気持ちが高ぶるであろう。

新潟南は1回裏、京都西先発の関が制球に苦しむ所を見逃さず、待球作戦に出る。

ツーアウト満塁から6番阿部、7番小黒が四死球を選び、初回に2点を先制した。

2回裏、新潟南はワンアウトから1番青山がフォアボールを選ぶ。

なかなか思うようなコントロールの出来ないマウンドの関は何とかストライクを取りに行くが、その甘くなった球を2番坂爪に送りバントを決められ、3番小野塚にはライト前にタイムリーを打たれた。

京都西は3回裏、選抜でも活躍した真鍋をマウンドに送る。

しかしプレッシャーとなったのか、真鍋もフォアボールを連発してピンチを招いた。

しかし後続をピシャリと抑えたのはさすがエースであった。

互いの意地

京都西も黙ってはいられない。

4回表、4番山本がセンター前ヒットで口火を斬ると、5番平井がレフト前、6番堀井がレフト前と続いて1点を返す。

続く木村めたライト前にヒットを放ち、4連打でこの回2点を返した。

好投を続ける真鍋投手に対して京都打線は7回表、ワンアウトランナー3塁から1番中坪がスクイズを決めて同点。

押せ押せの京都西は8回表にもワンアウトランナー3塁とチャンスを作るが5番平井のスクイズを林投手が見破り、ウエストボールでこのピンチを凌いだ。

試合はこのあと一進一退の攻防のまま延長に突入した。

新潟南は11回裏、ツーアウト満塁のチャンスで打席には4番ピッチャー林。

林は自ら試合に終止符を打つタイムリーを三遊間に放ち、4-3で悲願の初勝利となった。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

勝ったので100点満点です、と応えた林投手に爽やかな新潟の風を感じました。

たとえ下馬評が低くとも同じ高校生。

新潟南は次の試合でも大きな事をしてくれます。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ