高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】2回戦 浜松商業vs松山商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】2回戦 浜松商業vs松山商業|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会2回戦 浜松商業vs松山商業

1回戦では0-7という劣勢から脅威的な粘りを見せて歴史に残る

逆転劇を見せた浜松商業。

対する松山商業はエース酒井が好調を保つ。

先制された浜松商業はまたしても逆転劇を見せれるだろうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

自慢の集中打で

浜松商業といえば静岡県大会の戦いぶりから非常に試合運びが上手く、そして粘り強い野球をしているチームであった。

その粘り強さの1番の要因は毎試合に必ず見せる集中打であろう。

決して注目のバッターがズラリと揃っているわけでは無いが、一人一人のチームバッティングが得点シーンを演出している。

1回戦では智弁学園に3回終わった時点で7-0と大量リードされた。

しかし全く諦めていなかった浜松打線は5回に一気に6点を奪うと、最終回にも3点を奪うという集中打で見事に逆転した。

この2イニング以外は3安打に抑えられていただけに、集中力の高さが伺える。

投打に高いバランス

この大会で20回目の甲子園出場となった松山商業。

今大会のチームは歴代の先輩たちにも負けない素晴らしい戦力を誇っている。

エース酒井は2年生にして四国で1、2を争うサウスポー。

県大会でも終盤にきて連続完封ピッチングを見せた。

それに打線はチーム歴代でもトップと言っても過言ではないほどの攻撃力を持っている。

県予選の決勝で18得点を叩き出した打線は甲子園入りしても絶好調で、1回戦の高岡商業戦でも全員安打の毎回安打で19安打、13得点と爆発した。

しかも初回からコンスタントに7回までは毎回得点を重ねられては、高岡商業とて試合の流れを変えることは出来なかった。

投げてはエース酒井が高岡打線を3安打完封。

ランナーを3塁にまで進めさせなかった。

2回戦では守りからリズムを掴みたいと話す松山商業の戦いぶりに注目したい。

鮮やか先制

先攻は浜松商業。

この試合は相手が酒井投手なだけに、先制したい所であったがこの日も酒井投手は球が走る。

1番石牧、3番佐野は三振に斬られた。

これが早くも良い流れを掴んだのか、1回裏、松山商業はワンアウトからフォアボールの今井をおいて3番乗松が左中間にツーベースヒット。

ランナーが2、3塁といきなりチャンスを作るとチームの主砲、4番村上がセンター前にタイムリーヒットを放って今井と乗松が生還した。

エースが立ち上がりを万全に見せ、4番が初回に先制のタイムリーヒットを放つ。

これには浜松商業も試合のペースを持って行かれてしまう。

反撃に転じたい浜松商業は3回表、先頭の9番中島がレフト前ヒット、続く1番石牧がフォアボールとノーアウトランナー1、2塁のチャンスを作る。

しかし、酒井投手は慌てず騒がず低めに伸びのあるストレートと切れのあるカーブを使い分け、後続をピシャリと封じた。

2試合連続完封

相手が酒井投手なだけに、やはり早めに得点シーンを演出したい浜松商業は4回表、2本のヒットを放ってワンアウトランナー1、2塁のチャンスを作るが7番加藤、8番田中と連続でセンターフライに打ち取られてまたしても無得点であった。

松山商業は、坦々と凡打の山を築くエースに応える。

5回裏、この回先頭の8番久保から。

久保は田中投手の甘く入ったストレートを完璧に捉えると、打球はレフトスタンドに飛び込んだ。

このあと、松山商業はワンアウトランナー2、3塁のチャンスで3番乗松の犠牲フライが悠々のホームインを呼び、4点目を追加した。

試合はこのまま両ピッチャーが凌ぎを削り、膠着状態。

酒井は8回に牽制でアウトを取るなど終盤に来ても好調を維持していた。

浜松商業も舌を巻いた結果、酒井は2試合連続完封。

浜松商業を散発5安打に抑える好投を見せた。試合は4-0で松山商業が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

酒井投手は今大会においても上位の評価でありましたが、この試合から特に騒がれ始めていました。

もしかしたら、大会ナンバー1サウスポーかも?と言う声も聞こえた頃です。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ