高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】2回戦 長浜高校vs都城高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】2回戦 長浜高校vs都城高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会2回戦 長浜高校vs都城高校

都城高校にはこの夏やらねばならぬ事がある。

選抜のPL戦の雪辱だ。

この勝者がPLと3回戦を争う事になり、浮き立つ都城に

長浜が食い下がる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

金星見せた長浜

滋賀県予選において際立つ強さで頂点に立った長浜高校。

その勝負強さの要因は終盤の得点率の高さである。

初めての甲子園で1回戦の相手が岩手の大船渡高校となった。

大船渡高校も初出場であったが、選抜では強豪の明徳義塾高校を倒す大金星を見せるなど、ベスト4に進出していた。

同じ初出場とは言え実績では1枚も2枚も大船渡が上であった。

しかし、試合になると長浜の粘りが随所に現れてペースを握った。

大船渡打線に15安打されたが3点に抑え、長浜打線は5安打で4点を奪って勝利した。

東北ナンバー1左腕の金野を倒した打線が次は九州ナンバー1左腕に挑む。

ここで負けられない

九州王者として選抜に乗り込んできた都城高校にとって、春の大会は笑顔と涙が同居したようなほろ苦い想い出となった。

和歌山工業、私立神港高校、愛工大名電、と個性の強いチームに連勝して投打にレベルが高いという証明は出来た。

そして準決勝ではあの怪物チームのPL学園を相手にスコアでは0-0の五分五分で延長に持ち込んだ。

悔しい失策で幕を閉じたが、決して下を向く必要は無い素晴らしい試合を演じて見せた。

そして夏も甲子園に戻ってきた都城は1回戦で足利工業を7-1で圧倒した。

田口投手は13個の三振を奪った。

4番の矢野は1発を放って見せた。

そして隈崎選手のホームランに甲子園球場は歓喜の渦に包まれた。

あとはもう一度PL学園にぶつかりたい。

そして3回戦の組み合わせがこの試合の勝者とPL学園に決まった。

もう勝つしかない都城は長浜に番狂わせをさせないつもりだ。

まさに都城ペース

都城有利の声が多い中、その通りと言わんばかりに1回の裏から都城が攻めた。

ワンアウトランナー1塁から3番山元がヒットを放つと2塁ランナー田中が好走塁を見せて1、3塁とチャンス。

この攻めに飲まれた長浜エース西田は4番矢野の時に暴投してしまい、先制点を献上してしまう。

緊張感の抜けない長浜ナインは2回裏にもエラーを見せてツーアウトながらランナー1、2塁のピンチを招く。

すると1番安藤がセンター前にタイムリーヒットを放って2点目を追加した。

都城は3回裏、この回先頭の3番山元がフォアボールを選ぶ。

すると4番の矢野が西田の高めに浮いたストレートを右に強振、打球は高々とライトに舞い上がりラッキーゾーンに飛び込んだ。

4番の1発ですっかり都城のペース。

しかし初戦で番狂わせを見せた長浜高校。このまま試合が終わるわけは無かった。

強さは本物

九州ナンバー1サウスポーの田口投手から、1本のヒットも打てずにいた長浜打線は4回表、この回先頭の2番柴田が左中間にツーベースヒットを放った。

すると3番大東がフォアボールを選び、徐々に塁を埋める。

ワンアウト後、5番吉岡の打球を1塁手の山元がファンブルしてしまい、長浜が1点を返した。

続く6番堤がライトに大飛球を放つと、3塁に進んでいたランナー大東がホームに還り、2点目を追加した。

これで乗った長浜は5回にもピッチャー西田のタイムリーヒットが飛び出して3点目を追加した。

大船渡高校戦のような雰囲気になってきた長浜であったが、都城がこれを揉み消した。

7回裏、ワンアウトランナー1、2塁としてバッティングも良いエース田口が左中間にツーベースヒットを放って2点をもぎ取った。

その後林田にもタイムリーが飛び出してダメ押しの7点目を追加した。

しかし長浜は怯むことなく、8回に西村のタイムリーで1点を返したのは立派であった。

9回表のツーアウト、最後は西田を三振に抑えた田口はこの試合11奪三振。

試合は7-4で都城高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

田口投手とすれば不安の残る4失点となりましたが、長浜打線はかなりの力強さを感じました。

次はPL戦となりますが、選抜の雪辱は関係なくぶつかってほしいと思いました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ