高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】2回戦 鎮西高校vs沖縄水産高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】2回戦 鎮西高校vs沖縄水産高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会2回戦 鎮西高校vs沖縄水産高校

この大会においての九州勢の勝率は非常に高い。

その九州同士の対決が早くも2回戦で実現した。

強い九州対決は期待に応えて1点を争う緊迫した好ゲームとなった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

安定感抜群エース松崎

うわさの快投を見せたエース松崎に一点の曇りなし。

昨年から九州では、いや全国でもトップレベルのサブマリン松崎。

熊本県予選でも素晴らしい安定感を見せて防御率は1点台を記録していた。

なにせ中学時代に全国優勝の経験を持っているだけに、潜在能力の高さには定評があったが、この夏はそれが一気に開花した。

甲子園に入っても熊本県予選のピッチングそのままに、1回戦の高崎商業戦では相手打線を寄せ付け無かった。

うわさ通りの制球力で高崎商業打線を相手に4安打1失点という快投を見せた。

新しい沖縄の歴史を

沖縄と言えば興南高校が先駆者的な存在となりつつあったが、今年の代表は沖縄水産が一糸報いる形となった。

もともとダークホースのような存在として君臨し、沖縄県内でも有力視されてはいたが、この年代は投打のバランスが合致して常勝興南高校を寄せ付け無かった。

49代表高校中、1番先に甲子園出場を決めたが沖縄水産にとって甲子園は初の舞台。

1回戦の相手はこれまた初出場の長野県代表、篠ノ井高校との対戦となったが、1回の表から先取点を奪って主導権を握った。

エースの城間も落ち着いたマウンド捌きを見せて篠ノ井打線を封じていった。

試合は1-0のまま回が進行するスリリングな展開となったが、終盤に入るとリードオフマンである諸喜田がホームランを放つと打線が活性化し、4点を奪った。

エース城間も最後まで篠ノ井打線を封じて完封。

投打のバランスが噛み合った沖縄水産が新しい歴史を作っている。

1点を争う攻防

互いに初戦をエースの好投で勝利した両者であるため、先取点が鍵を握ることは明らかであった。

しかし、初回から両エースのエンジンが全開でなかなかチャンスを作れない。

1回の表に沖縄水産エース城間が鎮西打線を三者凡退に封じて見せれば、鎮西エース松崎もワンアウトからスリーベースを打たれながら3番上原、4番奥間を連続三振に斬る。

2回表にはツーアウトから丸田が鎮西の初ヒットとなるツーベースを放つが、沖縄バッテリーは丸田の3塁への盗塁を許さない。

沖縄水産も3回裏にワンアウトランナー2塁と、スコアリングポジションに走者をおくが松崎投手に後続を封じられた。

序盤は互いに相手エースを捉える事が出来なかった。

4番が決めた

4回表、鎮西はワンアウトから3番工藤がツーベースヒットを放つと、4番山田のセカンドゴロがエラーを呼ぶ。

続く5番佐藤が大事にスクイズを見事に決めて鎮西が先制点を奪った。

松崎の安定感から、沖縄水産としては厳しい展開となったが6回裏に反撃。

ワンアウトから1番諸喜田がライト前ヒットで出塁すると、2番宮原のショートゴロがエラーとなる。

続く3番上原の打球がサードへの強襲ヒットとなると、セカンドランナー諸喜田が一気に生還し、沖縄水産は同点に追い付いた。

両ピッチャーの出来映えからして延長も見え隠れした終盤の8回表、鎮西はワンアウトから2番坂本がフォアボールで出塁。

これを大事にと3番工藤が送りバントを決めてランナーを2塁に進めた。

ここで打席には4番の山田。

沖縄水産エース城間が勝負を選んだが、山田は城間のカーブを捉えてツーベースヒット。

ランナー坂本が勝ち越しのホームを踏んだ。

松崎はその後もきっちり抑え、鎮西高校が2-1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

山田選手はカーブを狙っていたと話していましたが、素晴らしい勝負強さを見せてくれました。

それにしても松崎投手は防御率1点台の安定感を見せ続ける見事なピッチングです。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ