高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?

      2016/03/13

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?

花粉症の症状である鼻づまりですが、

どのようなメカニズムで発生しているかご存知ですか?

また、花粉症になる人とならない人の違いとは何なのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

花粉症のメカニズムについて

花粉症がどのようにしてアレルギーの症状を起こしているか、その仕組みを知って初めて対策が立てられると思います。

簡単にそのメカニズムを見てみましよう。

先ず、花粉が人体に入ると、人体は免疫反応により抗体を作ります。 これが鼻粘膜の肥満細胞の表面にある受容体に付着します。
その後、再び同じ種類の花粉が肥満細胞につくと、肥満細胞は破れ、ヒスタミンやロイコトリエン等の化学伝達物質が放出されます。
くしゃみと鼻水は、このヒスタミンの鼻粘膜三叉神経刺激によりもたらされます。

一方、鼻づまりはヒスタミンやロイコトリエンが鼻の中の血管壁を直接刺激し、血管は拡張し、粘膜が腫脹した結果起こります。

くしゃみ・鼻水は三叉神経から脳を介してもたらされるのに対して、鼻づまりは血管壁の直接刺激の結果生ずる点が大きな違いです。

子供は神経経路が発達していないので、くしゃみ・鼻水は少なく、鼻づまりが多いのはこのためです。

引用元-病気のお話<花粉症>

花粉症で鼻づまりに そもそも鼻の役割とは?

鼻の穴は、「空気を体内に取込むための大切な入り口」という役目を果たしています

ところが、鼻から吸い込んだ空気の中には、ちりやほこり、細菌やウイルスなど、さまざまな異物が混ざっています。その異物を、そのまま体内に取り込んでしまうと、さまざまな病気の原因となってしまいます。そこで、鼻には吸い込んだ異物を排除するしくみがあります。

鼻は、外から入ってくる空気を温め、さらに湿気を与えて、下気道(気管支や肺など)を守る働きをしています。鼻の内側は粘膜になっていて、ネバネバした粘液で覆われています。粘液があることで、鼻の中は常に濡れた状態が保たれ、加温・加湿の役目をすることができるのです。

鼻の中は空洞になっていて、医学的には「鼻腔(びくう)」と呼ばれています。鼻の真ん中には「鼻中隔」という平らな骨があり、鼻腔を左右に分けています。鼻腔の中には上から順に、「上鼻甲介(じょうびこうかい)」や「中鼻(ちゅうび)甲介」「下鼻(かび)甲介」という骨が張り出しています。それぞれの鼻甲介の表面は粘膜で、分泌腺や血管が走っています。

外から取り込まれた空気は、鼻甲介の間を縫うようにしてのどのほうへ送られていきます。その際、鼻の中にある分泌腺や血管が活動し、鼻水を出したり、鼻づまりを起こしたりして異物を中に入れないようにするのです。

引用元-花粉症治療を助ける、花粉症アレルギー反応の原因とメカニズム

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは

花粉症は鼻にスギなどの花粉が入ることで起こります。最初は異物と認識され抗体が作られますが、2回目以降に入りこみ肥満細胞の抗体に付着すると、肥満細胞からヒスタミンなどの刺激成分が放出されます。
これらが「鼻甲介」という異物をブロックしたり、体内に取り込む空気の温度を調節するフィルターを刺激し、粘膜の白血球が炎症を起こして腫れます。これが花粉症で起こる鼻づまりのメカニズムなのです。

風邪の鼻づまりとの見分け方は粘膜の色
風邪でも鼻づまりは発生しますが、粘膜の色が赤くなっていれば風邪、青白ければ花粉症などアレルギー性鼻炎によるものと区別が付けられます。

引用元-花粉症の鼻づまりが起こる原因と改善方法 | メディシル

鼻づまりの解消法とは?

1-1.鼻の中を温める

鼻がつまっているときにお風呂に入ると楽になる、という方は多いと思います。鼻の中を温めると鼻腔が広がって呼吸が楽になるのです。仕事中に鼻がつまって苦しい場合は、熱めのお湯で濡らしたタオルで鼻を覆ってみてください。また、お風呂の中でしっかり鼻をかんでから出ると、数時間はすっきりと呼吸できるでしょう。さらに夜寝てる際に鼻がつまって苦しい場合は洗面器にお湯を張ってその上に顔を近づけ、さらに頭からすっぽり大きなタオルなどをかぶると、湯気で鼻腔が拡張して楽になります。

1-2.軽い運動をする

軽い運動をすると全身の血行がよくなります。もちろん鼻の血行も良くなりますから、鼻腔が広がって呼吸が楽になりやすいです。運動はどんなものでも構いませんが、軽く汗ばむくらいを目安にします。階段の上り下りでもよいですし、腕立てや腹筋など筋力トレーニングでもよいでしょう。

1-3.わきの下にペットボトルを挟む

東京都内の耳鼻科医が考案したといわれる鼻づまり解消法です。空になったペットボトルをわきの下にぐっと挟むだけで、挟んだわきの反対側の鼻づまりが解消されます。これはわきの下にある自律神経が圧迫されることで、鼻腔が拡張されるためです。効果には個人差がありますが、やってみる価値があるでしょう。なおペットボトル以外にも、テニスボールなどを挟むのも効果的です。

1-4.市販の鼻腔拡張テープを使用する

鼻がつまって寝苦しいという場合は、市販の鼻腔拡張テープを使用してみましょう。ドラッグストアに行けば、いろいろな種類の拡張テープが売っています。いくつか試してみて、自分に合ったものを見つけてください。また、拡張テープの中にはミント系の匂いがついたものもあります。ミント系の匂いは鼻がスーッとするので、匂いつきのものの方が効果が高い場合もあるでしょう。

引用元-花粉症が原因の鼻づまりを解消したい方必見! 効果的な鼻づまり解消法

花粉症になる人とならない人の違いについて

1.遺伝的な体質の違い
アレルギー体質は遺伝の影響を受けると考えられており、家族や近親者にアレルギー体質の人がいる場合は花粉症になりやすくなります。
 
2.食生活や住環境などによる違い
お年寄りに花粉症が少ないということはご存知ですか?1960年代までは国内で花粉症は見つかっていませんでした。これは、若者とお年寄りとの免疫力の違いもありますが、当時の日本人の食生活や住環境がアレルギーになりにくい体質を作り出していたからであると考えられています。そのため、同じ地域に住んでいても食生活や住環境が異なると花粉症になる人とならない人が出てくるのです。
 
3.花粉にさらされる量の違い
人間の体はアレルギーの原因物質(=花粉)を体内に取り込むと、それを無害化するための抗体を作ります。この抗体の量が一定の水準を超えると花粉症の症状が現れるので、花粉に多くさらされた人ほど花粉症になりやすいのです。花粉症になる年とならない年があるのもこの理由からです。

引用元-全部できてますか?自分でできる5つの花粉症対策法 | いしゃまち

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ