高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】2回戦 日大一高校vs東北高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】2回戦 日大一高校vs東北高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会2回戦 日大一高校vs東北高校

たった1球の失投。

それが試合を決定付ける失投であることも少なくはない。

1点を争う攻防となったこの試合は、日大一高校渡辺投手の唯一の失投を

見逃さなかった菅沢選手の一撃が試合を決めた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

深紅の優勝旗を

この年代の選抜の優勝旗を持ちかえったのは、同じ東東京の岩倉高校であった。

しかも決勝にて、あのPL学園に土を付けているだけに、非常に価値の高い優勝となっていた。

それだけに、この夏の東東京予選は全国中の高校野球関係者、高校野球ファンの注目を浴びていた。

その岩倉高校が敗れる波乱の予選の中で優勝したのは日大一高校であった。

日大一高校は1回戦の益田東高校との対戦でダブルスチールなど多彩な攻撃で勝ち越し、益田東の反撃を逃げ切った。

あと5回勝って、選抜の岩倉に続く栄冠を手中に納めたいところである。

それにはまず、この2回戦の東北高校戦に集中したい。

レベルの高い東北地区へ

北海道、東北地方と言えばこの頃はやはり北国、雪国と言うことによる練習不足のハンディとは切っても切れない悩みが存在していた。

グラウンドが使えない期間の長さというのは、地区のレベルに大きな影響を及ぼすのは言うまでも無い。

しかし、この年代は岩手県代表の大船渡高校が選抜でベスト4に進出し、この夏は金足農業が躍進している。

この東北高校も、近年の東北高校の中でも投打のバランスで見れば1、2を争うと言っても過言では無い。

宮城県予選では圧倒的な戦いぶりから、東北の池田と比喩する声が多数あったという。

それを証明するかのように、1回戦の柳井高校戦においては15安打8得点と打線が奮った。

3人いる投手陣の中で、1番調子の良い2年生投手の佐々木も安定し、柳井打線を6安打2失点の合格ピッチングを見せた。

守備の方も固く、チームの戦力は申し分無い。

大船渡高校や金足農業に負けない成績を残せるチャンスは充分にあるだろう。

4、5点勝負の予想

東北高校の先発はこの日も2年生ピッチャー、後にハマの大魔神と呼ばれる佐々木主浩投手であった。

1回の表、日大一はツーアウトから3番綿内がレフト前ヒットで出塁するが、4番の渡辺がセンターフライに倒れて無得点に終わった。

この日も落ち着いたマウンド捌きを見せる佐々木投手の来年が楽しみと、解説者も絶賛していた。

その裏、日大一エース渡辺も東北打線を簡単に三者凡退に抑える完璧な立ち上がりを見せた。

2回表に日大一はワンアウトから6番尾前がセンター前ヒットで出塁するも、続く7番大川の三振と共に盗塁を阻止されてしまった。

その裏、東北もノーアウトからランナーを出すものの仲根選手の盗塁は東北バッテリーが許してはくれなかった。

互いに固い守備力と安定した両ピッチャーの立ち上がりに、4、5点勝負と予想されたこの試合は1点を争う攻防となりつつあった。

たった1球の失投

試合が動いたのは4回裏、東北はセンター前ヒットを放った平尾を4番の仲根がバントで送り、チャンスを作る。

続く5番の安部がセンター前ヒットを放ち、ランナーが1、3塁とチャンスを広げると、続く阿相がフォアボールで歩いてワンアウト満塁となった。

このチャンスで7番富沢がきっちり犠牲フライを放ち、東北が先取点を奪った。

毎回のようにヒットを放つもホームが遠い日大一は6回表、ワンアウトランナー1、3塁のチャンスで3番綿内がスクイズ。

しかし、スクイズを外されてチャンスを潰したかと思えた矢先、東北の挟殺プレーが一瞬乱れて棚ぼたのホームインとなった。

1-1と、1点を争う攻防が続くほど両ピッチャーの調子が良かった。

しかし7回裏、日大一エース渡辺が唯一の失投と認めた甘い球を、7番富沢が完璧に捉えて打球をレフトスタンドへ放り込んだ。

当時の大会タイ記録となる32本目のホームランにより、東北高校が2-1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

渡辺投手にたった1球の失投が生まれてしまい、それが決勝点に結び付いてしまいました。

逆に佐々木主浩投手は日大一打線に10安打されながらも1点に抑える見事なピッチングでした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ