高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】3回戦 PL学園vs都城高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】3回戦 PL学園vs都城高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会3回戦 PL学園vs都城高校

春に戦った両者がまた夏に相見える。

一方は雪辱を誓い、一方は返り討ちを狙う。

春は1点を争った両校の対決は、思わぬ大差がついてしまった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

返り討ちへ

全国ナンバー1の実力をもつ怪物チーム、PL学園の仕上がりはこの夏も上々である。

2年生において全国ナンバー1ピッチャーと全国ナンバー1の長距離バッターが揃うこのチームには刺客はない。

その2人とは後のドラフト1位指名コンビの桑田、清原である。

1回戦の享栄高校戦では桑田が3安打完投を見せると、清原は史上初となる1試合3ホーマーを放って見せた。

2人以外のメンバーもつるべ打ちを見せるのがPLの恐ろしさであり、全員安打の破壊力を見せつけた。

2回戦でもその打撃力は凄まじく、明石高校に15安打を浴びせた。

2回戦ではホームランが出なかった清原も3安打を放ち、普段はランナーを送る側の2番松本からホームランが飛び出すなど、相手ピッチャーとすれば息をつく暇も無いのがPL打線の恐怖だ。

選抜では都城田口投手(後に南海)に延長まで封じられた打線が、再戦となるこの日はどう攻めるだろうか。

リベンジなるか

選抜ではPL学園相手に1歩も引かなかった都城であるが、実質それはスコア上の話である。

事実、試合中に桑田投手から得点シーンを演出することは難しかった。

田口投手がPL打線を抑えていたものの、全員が1発を打てるこの打線を相手にするのはまさに綱渡りのような緊張感があった。

悔しい失策での決着となったが、いずれにしてもPLが有利の状況であったため、都城のパワーアップは必須となっていた。

打撃力に磨きをかけ、夏の予選でも打てた打線は甲子園に入っても好調で1回戦、2回戦と連続で7得点をあげていた。

エース田口も2戦連続2桁の奪三振を記録したが、やや失点が多いのが懸念された。

相手がPLとなり、春の雪辱を秘める都城にとって田口のピッチングに思いは募る。

春とは違う展開

1回の表、PLは2番松本が左中間にツーベースヒット。

ツーアウト後、2ストライクまで追い詰められた清原が田口のカーブをセンター前に運んだ。

これでPLが選抜の時とは違い、あっさり先制点をあげた。

このあとエラーにより2点目を追加した。

2回裏、都城は先頭の4番矢野がセンター前ヒット。

しかし5番田口がダブルプレーに倒れた。

続く6番黒島がスリーベースヒットを放ったが、無得点となった為に勿体無い攻めとなった。

4回表、PLは都城守備陣のエラーからチャンスを作ると、2番松本がセンター前にタイムリーを放って3点目。

続く4回にもPLはエラーからチャンスをもらって6番北口のタイムリーヒットで4点目を追加した。

都城としてはエラーが多く、それが失点に繋がる悪循環であった。

意地の1発

反撃しようにも、選抜と同様に都城打線は桑田を攻略出来ない。

5点目を追加された6回裏、都城はツーアウトから2番田中がセンター前ヒット。

この田中は後に日本ハムで活躍する田中幸雄である。

続く3番山元がツーベースヒットを放ってランナー2、3塁のチャンスを作るが4番の矢野は桑田の渾身のストレートに三振に仕止められた。

PLは8回表、代打の清水哲のツーベースや旗手のスリーベースなど長打を織り交ぜて一気に4点を追加し、9-0とした。

都城は9回裏、先頭の3番山元が桑田のストレートをジャストミート。

打球はぐんぐん伸びてバックスクリーンに飛び込むホームランとなった。

確かに大差は付けられた。

しかし選抜から含めて初めて桑田から得点したことに感極まる都城ナインであった。

しかし反撃もここまで。

試合は返り討ちの形でPL学園が9-1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

九州指折りの強豪チームである都城でしたが、PLは選抜より遥かに強くなっていました。

しかし、都城が投打にレベルの高い好チームという事は敗れても明らかでした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ