高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】3回戦 鹿児島商工vs桐蔭学園|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】3回戦 鹿児島商工vs桐蔭学園|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会3回戦 鹿児島商工vs桐蔭学園

共に素晴らしいエースを持っている。

鹿児島商工のエース増永、桐蔭学園のエース志村。

左右の好投手はそれぞれ全試合で完封ピッチングを見せている。

試合は予想通りの締まった投手戦となる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

関東キラーなるか

鹿児島商工の増永投手は元々キレの良い球筋を持っていたが、伝家の宝刀となるスライダーをマスターした頃には九州でも5本の指に入るピッチャーと成長していた。

鹿児島県予選ではそのスライダーを武器に防御率も1点を切るほどであった。

甲子園大会の初戦の相手が、選抜でベスト8の実績をもつ拓大紅陵となり戦前の予想ではやや不利の評価であった。

しかし、ベールを脱いだ増永のスライダーがついに全国デビューを果たすと、強打で名の知れた拓大紅陵もキリキリ舞いとなり3安打完封敗けを喫した。

これにより増永の名は一気に知れ渡る事になった。

ライバル視していた都城の田口が去った今、負けられないと誓ってマウンドに上がる。

ポーカーフェイスの仕事人

この大会にも好投手はたくさん登場している。

速球派、変化球派、軟投派、などそれぞれタイプは違えど目白押しである。

しかし、桐蔭学園エース志村のようなタイプはこの大会で唯一無二であろう。

その理由は卓越した牽制球にある。

1回戦の福井商業戦では初回に牽制球でランナーを仕止めると、福井商業は自慢の機動力を惜しみ無く発揮する事が出来なかった。

2回戦の海星高校戦でも牽制死が1つ。

記録では1つだが、志村の牽制球による挟殺プレーによる盗塁死が2つ記録されているため、実質3つの牽制球によるアウトが達成されている。

この牽制球より、制球力のある志村からせっかく出塁しても、ランナーが立ち往生となるなら相手チームも機動力を上手く使えない。

打撃力となると、互いにホームランを連発というよりはチャンスを確実に得点に結びつけようとする野球をする。

というわけで、この対戦は互いに投打においてレベルの高い同士の争いであるので、先取点が鍵を握るのは間違いないが、増永のスライダーvs志村の必殺牽制球というのが、隠れて注目される戦いでもある。

やはり投手戦

1回の表、鹿児島商工の攻撃に対して志村投手は1番寺山をショートゴロ、2番松下をセンターフライ、3番井ノ口を三振に打ち取る上々の立ち上がりを見せた。

その裏、桐蔭学園の攻撃に対して増永投手は1番岩崎を三振、2番瀬尾を三振、3番寺川をサードゴロと、こちらも見事な立ち上がりを見せた。

2回表、鹿児島商工はワンアウトから5番木佐貫がセンター前ヒットで出塁する。

続く6番山田がピッチャー前に送りバントを決めた。

このバント処理に対して悠々と一塁へ投げた志村に対し、桐蔭学園の監督はセカンドでのフォースアウトも視野に入れる事を指示した。

この後、後続を抑えた志村であったがこの一言が尾を引くことになる。

ワンチャンス決着

0-0で迎えた4回表、この回先頭の井ノ口がレフト前ヒットで出塁した。

続く4番今西の送りバントを捌いた志村が指示を思い出してセカンドフォースアウトを狙うが悪送球となってしまった。

動揺した志村は5番木佐貫に対し、やや甘く入ったカーブを右中間に運ばれてしまう。

これがタイムリーツーベースとなり、鹿児島商工が2点を先制した。

このあとは志村も立ち直り、鹿児島商工に追加点を与えない。

しかし志村以上に崩れない増永のピッチングに桐蔭打線はキリキリ舞い。

桐蔭学園はやっと7回裏にノーアウトランナー1、2塁のチャンスを作るが連続三振を喫するなど得点シーンを見せる事は出来なかった。

試合はこのまま終わり、鹿児島商工が2-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

マイペースで飄々と相手チームを翻弄する志村投手が唯一強引なプレーを見せたのが4回でした。

しかしハイレベルな左右の好投手でした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ