高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

女性の健康のために まずは運動不足を解消

      2016/03/27

女性の健康のために まずは運動不足を解消

運動不足の女性は男性に比べて多く見られるそうです。

健康維持のためにも運動は大切です。

運動不足を解消して健康な体づくりをしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

スポンサーリンク

女性の健康運動による効果は男性より少ない?

男女雇用機会均等法、男女共同参画社会、男女同権など、現代社会において女性と男性は社会的に同等になってきました。しかしながら、生物学的には女性と男性は異なります。身体の構造の違いは別として、一般的に女性は男性よりも身長や体重、筋肉や骨格が小さく、骨盤は広い、そして体脂肪が多いです。特に、肥満のタイプ別では、女性は皮下脂肪型肥満(洋ナシ型)が多く、男性は内臓脂肪型肥満(リンゴ型)が多いと言われています。
 皮下脂肪型肥満は腹背筋群の外側の皮下についている脂肪(皮下脂肪)が多いタイプのことで、内臓脂肪型肥満は腹背筋群の内側にある内臓についている脂肪(内臓脂肪)が多いタイプのことです。そのうち、生活習慣病を引き起こしやすいのは内臓脂肪型肥満なので、特に男性の肥満者は気をつけなければなりません。 もちろん、女性だから肥満していても良いわけではなく、筋肉や骨格の小さい女性にとって過体重は膝や腰などの関節に負担をかけることは言うまでもありません。生涯のうちに関節痛を訴えるのは男性より女性の方が多いというデータもあります。

 また、皮下脂肪より内臓脂肪の方が運動により燃焼しやすいと言われており、男性の方が脂肪を燃やすエンジンである筋肉が大きいことからも、女性より男性の方が脂肪燃焼効率が良いという報告もあります。

 ところが、最近では皮下脂肪でも内臓脂肪でもない第3の脂肪とも言われる異所性脂肪について研究が進んでいます。これは、臓器に直接悪影響を与える毒性の強い脂肪で、生活習慣病を引き起こす危険性があるというデータも発表されています。よって、脂肪に関する情報は今後、変わるかもしれません。

引用元-39. 女性からはじまる健康づくり運動を! | やってみよう健康運動 | セルフメディケーション・ネット – NPO法人セルフメディケーション推進協議会(SMAC)

運動不足の女性は多い

運動不足は、女性に共通のウイークポイントです。日ごろから運動をしている女性は、およそ4人に1人。つまりほとんどの女性が、慢性的な運動不足状態ともいえます。
 一見健康そうにみえても、運動不足によるからだの不調をかかえている女性はたくさんいます。運動不足のうえに、カロリー・オーバー(食べすぎ)が加わると、肥満や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす最大の要因となります。また運動不足は、からだ(肌、骨、内臓、脳など)の老化を早める原因でもあるのです。
 とくに20代と30代の女性たちに運動不足の人が多いため、肥満や生活習慣病、あるいは骨粗しょう症などの人が、今後ますます増えていくと予測されています。
どっきり情報
 女性の多くがトシを感じるのは、30歳前後から。そのきっかけとなるのが、「疲れがとれないこと」と「プロポーションの変化(くずれ)に気づくこと」。どちらも年齢のせいでしかたないと思われがちですが、じつは運動不足のせいという面が少なくありません。疲れの原因は、乳酸などの疲労物質がたまりやすくなるためで、これには血行不良が関係しています。またプロポーションの変化は、余分な体脂肪(皮下脂肪と内臓脂肪)がつくためです。いずれも運動によって改善できるので、あきらめないことが大切。

引用元-「軽い運動」で健康と若さを継続する

健康な女性を絵座して食生活にも意識する

まだ若いから健康のことなんて真剣に考えない!そういわれるとそうかもしれませんが、健康に年齢は関係ありません。

ファストフードで塩分の多い食事ばかりを摂取していればカラダが浮腫む原因にもなります。夕方、パンプスがきつくて困ったことはありませんか?その症状は「偶然」ではなく「不健康の予兆」なのです。

食事はカラダを作るために必要不可欠です。美肌も食事から作られています。

「あの子、きれいなお肌だけれどどんな化粧品アイテム使っているのだろう」

と、思うかもしれませんが、美肌女性は化粧品のアイテムだけでなく眠る時間や食事にも気を使っているから美肌なのです。きれいな自分作りのために今日から健康について少しだけ意識してみませんか?

健康は食事だけではありません。運動や体操、ヨガも健康や美肌を作ってくれます。健康になるとダイエットにも効果があるのでいろいろな意味で健康にたどり着けます。

ヨガはストレス発散にもいいと言われているので心の不調にはおススメですよ。毎日健康的な食事のことばかりを考えられない忙しい女性にはサプリメントをプラスしてあげるのもいいと思います。

引用元-健康 | 女性の美学

運動は健康の他にも認知症予防などの効果

1. 運動が認知症を予防する
 ある一定の年齢になるとどうしても運動不足になります。
運動する事は、がんを含めていろいろな病気の予防になる事が知られています。
今回Neurology(2007年)という世界的に有名な医学専門誌に、改めて認知症に予防に運動が良いとのデータが出ました。
 これによると4年間追跡調査をした結果、ウォーキング量の多かった上位1/3の人は、下位1/3の人のに比べて、認知症の発症が27%抑えられたそうです。
 なおこの調査では、ウォーキングの他、階段の昇降、家事、日曜大工、ガーデニング等も対象に入っていました。
ウォーキングだけでなく、日常の行動も大切なようです。

2. 認知症の予防とリハビリテーション
 運動をすると認知症の予防になる事が分かってきました。研究によってはアルツハイマー症の予防になる可能性もあるとの事です。
 
 さてお年寄りが、何らかの病気で長期の入院を必要とする時があります。
この様な時は、もし病気の性質で許せられるなら、早期の離床、リハビリが大切になるようです。
さらにリハビリの質も大切になるとの事です。運動する時間が長くなれば、認知症の割合が低くなる事も知られています。つまり認知症の発生比率は運動時間に比例する可能性があります。

 例えばお年寄りの大腿骨骨折は手術をしても寝たきりになる事が多く、その後亡くなる人の比率が高い事が知られています。何とかしてリハビリにもっていければ、お年寄りQOL(生活の質)も上がる事が考えられます。

引用元-女性向け医療・健康情報サイト レディースケアネット

女性の運動不足解消へ少しずつ始めてみよう

みなさんは普段どのくらい運動をしているでしょうか?人によって運動量は大きく違います。これから運動を始める、という方は以下を参考に運動量を調節してみてください。

●今より1000歩多く歩く!
普段2000歩程度しか歩いていない人に対して「1日1万歩歩きましょう!」と目標を掲げても、達成するのは難しいでしょう。そこで日常生活の中で「今より10分多くからだを動かしましょう」という指針が厚生労働省より出されました。 10分多く動くということは歩数にすると約1000歩多く歩くということになります。たとえばエレベータではなく階段をつかう、少しの距離は自転車ではなく歩くなどすると、より歩数が多くなります。歩行以外にも電車では立つ、買い物はカートではなくかごを持つようにするなど少し行動を見直すことで10分多く動くことにつながります。無理をしないで自分にできることを考えてみると良いかもしれません。

●週2回 30分の運動
また息がはずむような運動を30分以上、週2回行うことも提唱されています。ウオーキング、ランニング、サッカー、野球、テニスなど、どのような運動でも構いません。楽しく継続して行うことができる運動をみつけ、習慣化されることをおすすめします。

引用元-運動の重要性とその効果|健康のつくりかた|タニタ

 - スポーツ, 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ