高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】3回戦 松山商業vs東海大甲府高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】3回戦 松山商業vs東海大甲府高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会3回戦 松山商業vs東海大甲府高校

共に全国レベルの強打を誇る東海大甲府と松山商業。

2試合連続で完封を記録している酒井光次郎投手(のちに日本ハム)

から序盤に得点する東海大甲府。

しかし、松山商業打線はさらに破壊力を増していた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

関東随一の打線

2試合連続完封を見せている松山商業エース酒井でも、東海大甲府打線を完封出来るかは簡単では無いだろう。

昨年、この年の選抜と、甲子園出場を果たしていない東海大甲府であるが、春の関東大会を制している。

その決勝では春の全国王者である岩倉高校を降しているだけに価値は高い。

その後の山梨県予選では圧倒的な打撃力で頂点に立った。

それだけに打撃力が注目されていたが、甲子園の初戦でそれが曲がり無い実力である事を証明した。

三本松高校相手に先頭打者アーチで初回から長打力を見せるなど16安打を浴びせて9得点を奪った。

エースの四條(のちに巨人)も要所を抑えるピッチングを見せており、万全な状態で松山商業と対戦する。

投打のバランスは指折り

2試合連続のシャットアウト勝ちを見せている松山商業。

連続完封の要因は酒井の制球力に尽きる。

都城高校の田口、桐蔭学園の志村が甲子園を去った今、ナンバー1サウスポーの座は酒井が最短距離にいるだろう。

選抜では東日本一の実力高校、取手二に完敗した。

しかし酒井投手としては自滅から乱れたその試合を反面にし、この夏は真の実力を発揮している。

1回戦の高岡商業戦では3安打完封。

2回戦の浜松商業戦では5安打完封と抜群の安定感を見せている。

しかもまだ2年生であり、同じ2年生エースで右のナンバー1と呼ばれるPL学園の桑田投手と共に翌年の高校野球を牽引する存在になりつつある。

松山商業の打線もかなりの力を持っていて、高岡商業戦では19安打、浜松商業戦では8安打と要所では必ずタイムリーヒットを放っている。

この投打のバランスの良さが松山商業の強さである。

強打爆発

互いに初回は無得点に終わり、酒井投手は19イニング連続無失点となった。

だが、互いに強力打線を持つ両者が静かに幕を閉じる訳は無い。

2回裏、松山商業はワンアウトランナー2塁として6番白石が右中間にツーベースを放って1点を先制した。

連続無失点記録を20イニングとした酒井に対し東海大甲府は3回表、ワンアウトランナー1、2塁から1番宮下がライトオーバーのスリーベースを放って2人生還し、早くも逆転した。

宮下選手は前の試合から7打席連続ヒットであった。

続く2番小板橋がスクイズを決めてこの回3点を奪った。

しかしその裏、松山商業はツーアウト2塁から3番乗松がスリーベースを放つと、その後に3人が連続でタイムリーヒットを放ち一気に5点をもぎ取った。

松山商業強し

5回裏に9番後藤のタイムリーで1点を追加した松山商業は、6回裏にも田中のツーベースで1点をもぎ取る。

8-3と差を広げられた東海大甲府は7回表、ツーアウトランナー2、3塁のチャンスで9番尾形のタイムリーヒットで2点を返した。

しかしその裏、松山商業はノーアウトランナー2、3塁のチャンスを作ると2者連続でスクイズを決めて2点を追加した。

松山商業は8回裏、先制打を打っている6番白石がレフトラッキーゾーンに飛び込む2ランホームランを放ってダメ押し。

長打、短打、大技、小技を駆使した松山商業が12-5で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

強力打線同士の対戦となりましたが、酒井投手相手なだけに差が出てしまったような試合となりました。

でも酒井投手から5得点した打線はやはりさすがでした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ