高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】3回戦 岡山南高校vs東北高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】3回戦 岡山南高校vs東北高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会3回戦 岡山南高校vs東北高校

1発勝負のトーナメント戦となる甲子園大会において選手の

好調不調は死活問題である。

しかし、不調なりに戦う術を持っていれば光が見えてくる。

岡山南のエース荒木はこの日、不調ながら東北高校打線を

手玉に取っていく。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

東北高校の目標

雪国のハンデからか、地域的にレベルの底上げが容易では無い東北地方であるが、この年の選抜で岩手県代表の大船渡高校が県勢初となるベスト4進出を果たした。

これは岩手県のみてまは無く、東北地区全域に大きな刺激をもたらせた。

この夏、その大船渡高校が初戦で敗退してしまったが、秋田県代表の金足農業と新潟県代表の新潟南高校がそろってベスト8入りを決めている。

それは宮城県で猛威をふるっていた東北高校に自分たちも全国大会での確固たる目標となった。

ベスト8へ向けて1回戦の柳井高校戦を8-2と一方的に快勝した後、レベルの高い東京代表の日大一高校相手にも堂々の野球を展開し、2回戦も突破した。

あと1つ勝てばベスト8が見えた東北ナインにとって、岡山南高校に勝つことは使命にも似たものがある。

ダークホースとして

大会が始まるまでの岡山南高校の評価は優勝候補としての立場にあったわけでは無い。

しかし岡山県予選の戦いぶりの安定感から、有力チームであったことは事実であった。

その原動力となっているのはエース荒木のピッチングである。

この大会にはサウスポーの好投手がそろっている。

松山商業の酒井投手、都城高校の田口投手、桐蔭学園の志村投手、大船渡高校の金野投手、沖縄水産の城間投手などなど。

しかし3回戦が始まって勝ち残っているのは松山商業の酒井投手のみである。

この試合で荒木投手が投げ勝てば、実質酒井投手との大会ナンバー1サウスポーの座を争える格好となるだろう。

それは決して消去法ではない。

初戦で6人連続奪三振を記録するなど、荒木投手のピッチングには確固たる制球力があるからである。

東北高校に勝ってナンバー1サウスポーの座を狙いたい。

バント戦法

岡山南はエース荒木、東北の先発はこの大会全てマウンドに上がっている2年生の佐々木(後の大魔人)。

初回は互いにランナーを出しながらも無得点に抑えた。

2回裏、岡山南はこの回先頭の牧原がツーベースヒットで出塁する。

すると続く7番川西が三塁前にバント、これが内野安打となる。

続く8番ピッチャー荒木が上手くスクイズバントを決めて先制した。

すると続く玉岩も絶妙なバントを決め、これも内野安打となる。

ツーアウト後、村尾と須見に連続タイムリーが飛び出して岡山南はこの回一気に4点を奪った。

ことごとく効果的なバント戦法が佐々木投手を攻略した。

快勝ベスト8

ランナーは出すものの、荒木を捉えきれないでいた東北は4回表にようやく反撃を開始。

フォアボールのランナーを富沢のヒットでワンアウトランナー1、3塁とチャンスを作った。

ここで7番加藤が冷静にスクイズを決めて1点を返した。

続く5回にも東北は3番平尾がレフトラッキーゾーンに飛び込むホームランを放って2点目を返した。

2点差とされた岡山南は8回裏にツーアウトから4番小林がライト前ヒットで出塁すると、続く5番時信が左中間に打球を飛ばした。

この打球をレフトとセンターが交差して捕れずにスリーベースヒットとなる間にダメ押しの5点目が追加された。

8回裏にも岡山南は追加点のチャンスを作ったが、佐々木投手が見事にスクイズを見抜いて追加点は許さなかった。

だが東北高校の反撃も荒木投手は許さず、岡山南が5-2で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

後の大魔人となる佐々木主浩投手は2年生ながら甲子園全ての試合を投げ抜きました。

翌年に繋がる素晴らしい経験となりました。

岡山南の荒木投手は悪いなりに東北打線を見事に抑えました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ