高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

血圧の正常値と脈拍の正常値を知り自分の体を知る

      2016/04/03

血圧の正常値と脈拍の正常値を知り自分の体を知る

血圧と脈拍の関係は、とても近いものであるそうです。

脈が速ければ血圧が高くなっている可能性もあります。

血圧や脈拍の正常値を知り、高血圧の方は、

自分の脈拍の平均値を知っておいた方が良いかも知れません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

年齢別にみる脈拍の正常値とは

①年齢別安静時脈拍数

心拍数とは必ずしも一致しない。心臓から送られる血液量が少ないと心臓の拍動は聞こえても脈拍が現れないことがある。脈拍の抜け落ちた状態を結滞(結代)という。

新生児・・・120~140回/分

乳児・・・110~130回/分

幼児・・・100~110回/分

学童・・・80~100回/分

成人・・・60~80回/分

 

②脈拍の異常

頻脈・・・100回/分以上

徐脈・・・60回/分以下

 

③脈拍の触れやすい動脈

浅側頭動脈

顔面動脈

総頸動脈(頸動脈三角)

上腕動脈

撓骨動脈

大腿動脈(大腿三角)

膝窩動脈

足背動脈

後脛骨動脈

引用元-バイタルサイン – 体温・脈拍・血圧測定、呼吸、意識の基準値

血圧と脈拍のバイタルサインのチェックの仕方について

脈拍と血圧は、個人差があります。
また、年代によって基準値も変わってくるでしょう。
脈拍の正常値は、

老人 60~70回/分
成人 60~80回/分
思春期 70~80回/分
学童時 80~90回/分
乳児 120前後回/分
新生児 130~140回/分
となっています。脈は手首の内側や、首筋、股(また)などで測ると分かりやすいでしょう。
血圧の正常値は130/85mmHgとなっていますが、140/90mmHgまでは正常高血圧ということになっています。
年をとるにつれて正常値から外れる人が多くなってくるでしょう。
ちなみに、血圧は高血圧ばかりが問題になっていますが、けがなどで出血している場合は血圧が低くなりすぎても命の危険があります。
脈拍は時計があればある程度正確に測れますが、血圧を測るには、血圧計が必要です。

引用元-バイタルサインとはどんなもの? 基準値や正常値を外れるとどうなるの? | Nurse-ch

血圧と脈拍の関係とは

血圧と脈拍は実はとても近い関係にあるのです。
脈が速ければ血圧が高くなっている可能性もあります。
高血圧の方は、自分の脈拍の平均値を知っておいた方が良いかも知れません。
 
心臓、血圧、そして脈拍が近しい関係なのはなんとなくわかりますよね。
血圧と言う物は、血液の圧迫、心臓から送り出される血液の量、血管の太さによって決まるのです。
心拍出量が大きくなれば、血圧は上昇してしまうでしょう。
 
脈拍が多ければその分血圧は上がってしまいます。
その為、もともと高血圧の方の脈拍が上昇すれば更に高血圧になってしまい、危険な状態になってしまうかも知れないのです。
 
その為、脈拍が上がるような運動は高血圧の方にお勧めする事は余り出来ません。
 
例えば、無酸素運動です。
ジョギングやウォーキングは有酸素運動として高血圧の方にお勧めされる運動方法でしょう。
 
例えばウェイトトレーニング等の重たいものを持ち上げる運動は、球に血圧が上がってしまう可能性があります。
その為、高血圧の方は極力行わない方が良いでしょう。

引用元-血圧と脈拍の関係について

健康診断の血圧最高値から見える病気

血圧最高値の健康診断結果では高血圧、動脈硬化、糖尿病、腎臓疾患、脳疾患、心疾患などを疑うことができます。高血圧は自覚症状があまり出ませんが、重い脳疾患や心疾患といった突然死をもたらす病気です。
健康診断時の環境などにも大きく左右されますが、健康のバロメーターになります。血圧が高い状態のままにしておくと、心臓病や脳出血などの原因になりえますので注意しましょう。
ただし、糖尿病を患っている人は血糖の調整を行っていることがあり、血圧の基準値に当てはまらない場合があります。
高血圧の治療では食事療法がベースになります。摂取カロリーは控えめ、コレステロールは低く、食塩摂取量は制限、アルコール摂取量は適量、禁煙が欠かせません。
血圧最低値の健康診断結果では病気が原因ではない本態性低血圧症、病気が原因である二次性低血圧症に大別できます。
本態性低血圧症の場合は、日常的に朝起きることがつらく、疲れやすくなります。食欲はあまりないですし、スタミナが常にありません。
このような異常が見られる場合は、病院で薬を貰って治療することもできますが、根本的に治すためには体質改善が必要です。食事は決められた時間にタンパク質などの栄養バランスを考えて、1日3回食べます。体重増加、運動、ストレス発散、腸内環境の改善なども効果的です。
二次性低血圧症の場合は甲状腺機能低下症、心不全、肺疾患、うつ病などを疑うことができます。低血圧で病気に見つかる人の割合は小さいですが、食事療法でも低血圧が続く場合は、病気の可能性も否定できません。
また、健康診断では血圧と一緒に心拍数を測ることがあります。これは1分間に心臓が血液を送り出す回数です。心拍数の基準値は60~80回ですので、心拍数が50回以下や100回以上になると、精密検査が必要です。

引用元-血圧 – 基準値の139mmHgを超えると高血圧リスク|メディチェ

血圧から計算する脈圧について

脈圧とは収縮期血圧(血圧の上)と、拡張期血圧(血圧の下)の数値の差のことです。

脈圧の数値が高いということは心不全、虚血性疾患(心筋梗塞、狭心症)などの心臓病リスクの高さをあらわしているといわれています。

また、脈圧は太い血管である大動脈の硬さ(柔軟性)、つまりは動脈硬化の進行具合を知る指標になると考えられています。

脈圧の計算式

脈圧=収縮期血圧-拡張期血圧

脈圧は血圧の上下差で算出され、例えば正常高値血圧の130/85mmHgの場合であれば脈圧は45mmHgとなり、高血圧と診断される140/90mmHgで脈圧は50mmHgとなります。

脈圧の正常値とは?

この数値に正式なガイドラインの記載はありませんが、脈圧の正常値は30~50mmHg未満の数値を理想としているようです。

脈圧は数値が低ければいいというものでもなく、下限値は30mmHg程度を目安にするのが良いとされています。

また、脈圧の上は50mmHg程度を境に有意にリスクが高くなることが明らかにされているため、上の数値は50mmHg程度を目安にするようにしましょう。

例えば、高血圧の予備軍とも考えられている拡張期血圧のみが高い場合では、収縮期血圧が130mmHg程度であっても拡張期血圧が100mmHgまで達していれば、脈圧は30mmHgとなるため、正常範囲ではあるものの拡張期血圧の数値に注意しなければいけないと考えることができます。

また、脈圧60mmHg以上で心血管疾患での死亡リスクが有意に高まるとの報告もあります。

これも例えになりますが、Ⅱ度高血圧にあたる160/100mmHgでの脈圧はちょうど脈圧が60mmHgとなるため、個人差の有無があるにしても警戒しておきたい数値になります。

引用元-脈圧は血圧の上下差でチェック | 高血圧まとめ

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ