高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】3回戦 鎮西高校vs法政一高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】3回戦 鎮西高校vs法政一高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会3回戦 鎮西高校vs法政一高校

一方は九州ナンバー1のアンダースロー投手と呼ばれる

鎮西高校の松崎投手。

もう一方は最も遅いスローボールを駆使している法政一

高校の岡野投手。

甲子園で2勝をあげている両エースがサブマリンナンバー1

をかけてここに激突する。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

自分たちの野球で

甲子園大会で全力でプレーするには、まず自分たちの野球を平常心で行うことである。

そういった面でいえば鎮西高校ナインは熊本県予選から上手く自分たちの野球を繰り広げて勝ち残っている。

決して大型打線では無いが、1試合必ず訪れるチャンスに確実と言って良いほど、効果的に得点をとっている。

大量点は取らなくても、3点から5点をもぎ取れば、後は防御率1点台のエース松崎が相手打線をしっかり抑える。

これが鎮西の野球であるが、甲子園に入ってもそう野球を展開して1回戦、2回戦を突破している。

九州ナンバー1サブマリンがこのサブマリン対決を制する事が出来れば、ベスト8入りが見えている。

個性的な法政一

この大会にも数多くの名選手や名チームが出場しているが、法政一高校は実に個性的なチームである。

エース岡野はキャッチャーからの返球よりも遅い投球の持ち主。

全国ナンバー1のスローボールを持ちながら、勝ち進んでいるピッチング技術は誰も真似は出来ない。

実際に全国大会でもベスト16に進出しているのだから、それだけの制球力がある証左。

そして法政一高校は攻撃面でも類を見ない試合を見せてくれた。

1回戦の境高校では相手エース安部に完璧に封じられ、ノーヒットノーランのまま延長に入った。

延長に入って初めて打った快音がサヨナラホームランとなる奇跡。

まさに歴史的な勝利となり、法政一の名は一気に知れ渡る事になった。

この試合、ノーヒットに抑えられながらも延長にもつれ込めたのはエース岡野も相手打線を封じ込めたからでもある。

2回戦も名門上尾高校に競り勝ったこのチームが、ベスト8入りを目指す。

まずは1点を

同じサブマリンの対決となった岡野投手と松崎投手の投げ合いであるが、岡野投手はスローボールを駆使する軟投派。

対する松崎投手は下手から速球で三振を狙える本格派。

互いに全く正反対と言っても過言では無いほど、タイプの違うアンダースロー投手の戦いとなった。

初回は静かに三者凡退の立ち上がりとなったこの試合、動いたのは早くも2回表だった。

鎮西はこの回先頭の4番山田が右中間にツーベースヒットで出塁すると、続く山野が送りバントを決めた。

この先制のチャンスで法政一高校にエラーが出てしまい、鎮西が早くも1点を先取した。

この日、ストレートのキレが抜群の松崎投手にとって試合は鎮西ペースになると思われた。

しかしその裏に法政一は4番渋谷浩が松崎の速球をジャストミート。

打球はレフトスタンドに飛び込む同点ホームランとなった。

互角のサブマリン

序盤に1点ずつを取り合った両者であるが、このあとに互いのエースが持ち味を発揮していく。

3回裏に法政一の末野にヒットが出た以降は8回まで両サブマリンがヒットを1本も打たせない互角のピッチングを見せ合った。

9回表、鎮西はツーアウトから久しぶりにヒットが2番坂本から生まれるが後続が倒れて無得点に終わった。

松崎投手は尻上がりに完璧なピッチングを見せ、法政一打線を4回以降はパーフェクトに抑えていた。

延長10回表、鎮西は2回表のように先頭の4番山田がツーベースヒットで出塁する。

このあと後続が倒れている間にランナーが進み、ツーアウトながらランナー3塁とした。

塁が空いているため、際どい投球で勝負を試みた法政一バッテリーであったが、甘く入った球を7番佐藤が見逃さずにレフトへタイムリーヒット。

ついに鎮西が均衡を破った!

その裏、好調の松崎は法政一をきっちり三者凡退に抑えてゲームセット。

試合は2-1で鎮西高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

サブマリン対決、予想以上に白熱しましたね。

松崎投手は下からの速球で10奪三振を見せました。

しかし、奪三振0ながら岡野投手のスローボールは鎮西打線を4安打に抑えました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ