高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】準々決勝 鹿児島商工vs取手二高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】準々決勝 鹿児島商工vs取手二高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会準々決勝 鹿児島商工vs取手二高校

甲子園にて、所狭しと縦横無尽に駆け巡る取手二高校。

対する鹿児島商工はエース増永が絶好調。

2試合連続完封中であり、まだ甲子園に来て1点も取られていない。

互いに投打のバランスが素晴らしいチームであるが、試合は激しい

点の取り合いとなった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

なるか3試合連続完封

鹿児島商工エース増永のスライダーは大会でも指折りである。

鹿児島県予選の時から勝負所で相手打線を封じ込めれたのは、伝家の宝刀スライダーの切れ味が抜群だからである。

しかし、甲子園に来て初戦の相手が拓大紅陵に決まった時は勝手が違った。

初出場とは言え、選抜でベスト8に進出した実力を持つ拓大紅陵の強打の方が前評判は上であった。

だが試合になると増永のスライダーが本領発揮し、拓大紅陵を3安打完封。

一気に評価は高まった。

すると続く桐蔭学園との戦いも増永が完封シャットアウト。

2試合連続完封となれば、世間の注目度は大会前とガラリと変わった。

奇しくも3試合連続の関東地区との戦いとなる鹿児島商工は、関東キラーとなれるだろうか。

底の見えぬ強さ

選抜での実績、投打のレベルの高さ、実際の試合巧者ぶりなどから見ても、取手二高校が東日本随一の実力を持っているのは明らかである。

しかし、取手二にはそれ以上に例えようの無いパワーを兼ね備えている。

初戦の相手がPL学園を追う実力の持ち主、箕島高校という事になり、この大会で屈指の好カードと呼ばれた。

取手二が如何に関東ナンバー1の実力を誇っていると言っても、箕島の試合巧者ぶりに終盤まで圧されていた。

しかし、取手二はワンチャンスから一気に逆転し、強豪対決を制した。

続く福岡大大濠高校戦では中盤まで緊迫した投手戦となったが、たった1度のきっかけから打線が爆発して快勝した。

このように試合の流れにも負けないのびのびとした野球が取手二高校の真の強さなのかも知れない。

序盤、攻略

1回の裏、取手二はトップの吉田が増永のスライダーを見切り、フォアボールで出塁。

すると完全に増永のモーションを盗み、2盗、3盗を決めた。

これで投球パターンが狂った増永はフォアボールを連発し、満塁のピンチを迎えた。

すると4番桑原がライトに犠牲フライを放ち、吉田が楽々ホームインして増永投手の3試合連続完封の夢を砕いた。

取手二はこの後に石田のヒットで2点目を奪った。

取手二は2回裏にも9番小菅のタイムリーで3点目を追加した。

鹿児島商工は3回表、ワンアウトランナー1、2塁から取手二守備陣の連続エラーから1点を返した。

すると取手二はその裏、6番中島がタイムリーヒットを放って1点を追加し、再び3点差とした。

取り合いと逃げ切り

5回表、鹿児島商工はワンアウトランナー2、3塁と反撃を開始。

続く4番今西の当たりをサードがエラーしてしまい、ランナーが二者生還して1点差と詰め寄った。

エラーで取られてもへこたれない取手二はその裏、中島が再度タイムリーヒットを放って1点追加した。

増永のスライダーを見送り、甘い球だけを確実に打つ。

そんな作戦を初対戦でやってのける取手二は6回裏にも下田のタイムリー等で2点を追加した。

鹿児島商工は最終回、ツーアウトランナー1、2塁から4番今西が意地のセンターオーバーとなるタイムリーヒット。

2人のランナーが返り、あと2点差までとするが打った今西が3塁ベースを欲張りタッチアウト。

試合は取手二高校が7-5で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

この年に選抜優勝していながら、夏は甲子園に来られなかった岩倉高校の宮間キャプテンが取手二高校の応援席にいました。

選抜で戦った戦友の声援に見事に応えた取手二ナインでしたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ