高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

この血圧は低い?最低血圧が60以下の場合は低血圧?

      2016/04/10

この血圧は低い?最低血圧が60以下の場合は低血圧?

日本高血圧学会では低血圧の基準値が存在していないそうです。

ですが、最低血圧の数値が60を下回ると、心配ですよね。

WHOでは最低血圧についても基準があるそうです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

WHOの基準で血圧が上100以下で下60以下は低血圧

WHOで世界共通の基準では最高血圧が
 
 
100mmHg以下、最低血圧が60mmHg
 
 
と定義されていますが、日本の血圧学会で定義されていないことは驚きました。
 
 
 
このことからも高血圧ばかりに注目がおかれ、
低血圧は蔑ろにされていたことがわかります。
 
 
 
「いやー、だってさ、高血圧は死に至る病気だからね。低血圧で死ぬ人はいないから蔑ろにされてもしょうがないよ」
 
 
 
っと、どこからか声が聞こえてきそうですが・・・・・低血圧も恐ろしい病気なのです。

引用元-血圧は低ければ低いほどいいのわけではない!?その理由は・・・ | 30代後半の医療従事者の高血圧@治療体験記 〜薬を飲まずに血圧を下げよう〜

血圧が低い時に注意すべき症状について

いつもに増して寝不足と感じる
寒暖の差に身がすくむ
頭痛や肩こりが強くなる
めまいを起こしやすくなる
朝起きる辛さが増す
息苦しさが起こりやすい
低血圧は高血圧と違って、血流が血管に与える負担が少ないからというのが「病気じゃない」と言われる理由です。

しかし、血の流れが弱いということは、もしも血液の水分が不足したり脂肪分が増えたりしてドロドロになった時に、押し流す力も弱いということになり、詰まりやすい危険が充分にあるのです。

たとえば冬の夜中や早朝にトイレに行って、いきなり倒れてしまうケースがあります。これは寒暖の差に体がついて行かないために起こるのですが、年齢や病気のせいばかりでなく、低血圧の人も同じように注意が必要です。

引用元-低血圧には辛すぎる冬の朝。寒くなったら気を付けるべき症状 | 健康生活

血圧が低い人の傾向について

高血圧の人と比べ、低血圧の人は命に関わる危険が低く、高齢となり血管の柔軟性が不足する高齢時には、逆に正常値に戻る人もいるため長生きする人が多いと言われています。

血圧が低くても症状がほとんどない場合は、正常値へと戻す必要がないとされ治療を行いませんが、低血圧の原因となる病気があり治療が必要とされるものは、「低血圧症」と呼ばれます。
春~夏の季節や、朝~昼に症状が強く現れる傾向があり、逆に昼~夜にかけて症状が軽くなるため、元気になる人も多いです。

10代~30代の若い女性の約20%、小・中学生の約5~10%は低血圧だと言われているように10代や女性に多く、小学生の中には低血圧が原因で不登校になることもあります。

引用元-低血圧の症状

低血圧の分類について

低血圧症には、特別な原因疾患を伴わずに血圧が慢性的に低い本能性(一次性)低血圧症と原因が明らかな症候性(二次性)低血圧症(心臓疾患やホルモン異常などによって起きる低血圧症)があります。
また、発病及び経過から急性低血圧、慢性低血圧、一過性低血圧、起立性低血圧、食後低血圧と分類することもあります。

◆本能性(一次性)低血圧:
「低血圧症」の約9割を占め、 特別な原因疾患を伴わずに血圧が慢性的に低い(一般に収縮期が100㎜Hg以下、拡張期が60㎜Hg以下)状態で、体質的な場合*が多く、特に本人が悩まされている症状がなければ、病気とはいえません。

*低血圧の人は、低血圧になりやすい遺伝的な体質の人が多く、一般に無力性体質を示し、やせ型で蒼白い顔色で神経質であり、疲労を感じやすく、冬は寒がりで冷え性など虚弱体質の人が多いとされます。内臓下垂を伴いやすいとされ、朝になっても、なかなか起き上がれず、急に立ち上がると立ちくらみがするなど、朝に弱いが午後になると調子のでる人が多いようです。

◆症候性(二次性)低血圧:
ケガによる大出血、心臓病、胃腸疾患による栄養不良、内分泌の異常、ガンの末期などで起こることがあります。

◆起立性低血圧:
急に立ち上がったときや体を動かしたときに立ちくらみを起こすなど、急激に血圧が下がる状態をいいます。下半身にたまった血液が心臓に戻りにくくなるために起こるもので、動作を起こす前に比べて動いた後の収縮期血圧が20㎜Hg以上または拡張期血圧が10~15㎜Hg以上低くなる場合で、高血圧の人でも起こることがあります。
原因から起立性低血圧には、特発性と二次性のものとがあります。

・特発性起立性低血圧症:
原因疾患は明らかではないが、神経系の障害により起こる起立性低血圧症で、めまい、立ちくらみ、嘔吐などの脳症状を起こし、症状が強い場合には失神することもあます。体重が減少すると起立性低血圧の程度は強くなり、起立性低血圧の約20%を占めるとされます。
朝礼などで倒れる子供が見られますが、これは血圧調節障害による低血圧で、大部分が起立性低血圧で心配はいりません。しかし頻回に起こる場合、ときには、てんかんや心臓障害が原因で起こる起立性低血圧による場合もありますので、脳波や心電図などによる精密検査をすることが望ましいでしょう。

・二次性起立性低血圧症:
原因疾患が明らかなものをいい、起立性低血圧の約80%を占めます。原因疾患としては、糖尿病が最も多く、内分泌疾患、心臓弁膜症、心筋症などの疾患が隠れている場合があります。また、服用している薬物(精神安定剤、精神刺激剤、レボドパなどのパ-キンソン病治療剤、降圧剤など)の影響による場合も考えられます。

◆食後低血圧:
食後に限って血圧が過度に低下する状態です。食後、消化のために胃に血液がたまり、心臓に戻りにくくなるために起こる低血圧で、高齢者の3人に1人、特に寝たきりのお年寄りなどが、食事の時に誤嚥を避けるために体を起こして食事をする場合にみられます。
症状としては、食後にだるくなったり、胃もたれや吐き気、眠くなったり、ひどいときは立ちくらみや失神もみられることがあります。このような場合、1回の食事量を少なくして回数を増やす、水分を多く、また高血圧でなければ塩分も適度にとるなどの食事の工夫をして、姿勢を変えるときはゆっくりと行動をして下さい。

引用元-4.低血圧 | 薬事情報センター | 一般社団法人 愛知県薬剤師会

50〜60代で気をつけたい起立性低血圧

まず中高年(50~60代)の人は、低血圧の代表的な症状であるめまいや立ちくらみより、寝つきの悪さで悩む場合が多くなりがちです。
また、些細なことが気になって仕方なくなったり、身体が疲れやすい、また疲れ目を感じることが多くなったりもします。

引用元-50代以上の中高年・高齢者の低血圧の症状 | 低血圧症状を克服しよう!改善対策ガイド

他にも、特に中高年の男性に気をつけてもらいたいのが、「起立性低血圧」と呼ばれるめまいや立ちくらみです。
「起立性低血圧」とは、文字通り立ち上がった時に血圧が下がり、立ちくらみやめまいが起こりやすいという特徴があり、中高年の男性に起こりやすい症状なのです。
夜中に何度もトイレに行ったり、排尿中に失神したりという症状が表れた場合は要注意です。
なぜなら、起立性低血圧の場合、他にも病気が隠れている場合があるためです。

引用元-50代以上の中高年・高齢者の低血圧の症状 | 低血圧症状を克服しよう!改善対策ガイド

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ