高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】準々決勝 松山商業vsPL学園|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】準々決勝 松山商業vsPL学園|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会準々決勝 松山商業vsPL学園

Stop、The、PL学園!

怪物チームである優勝候補が敗れるとすればどんな展開なのであろうか?

この大会でナンバー1サウスポーとなった松山商業エース酒井。

過去に練習試合で大敗している松山商業がPL学園を追い詰めた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

松山商業、強し

名門である松山商業の歴史の中でも、この年のチームの投打のバランスレベルは指折りである。

エース酒井が相手チームを完封するか、もしくは松山商業打線が猛打を奮うか、愛媛県予選の時から隙の無い野球で勝ち進んで来た。

甲子園大会でもその実力をそのまま発揮。

1回戦の高岡商業戦では猛打と完封で13-0で勝った。

2回戦では粘りの浜松商業相手に酒井が5安打シャットアウト。

3回戦では、2試合連続完封を見せた酒井が強打の東海大甲府に5得点されたが松山商業打線が爆発して13得点し、苦戦を強いられるには至らなかった。

練習試合で大敗しているPL学園が相手となるが、一泡吹かせたい。

安定の王者

全国ナンバー1の、それもダントツのナンバー1の実力チームであるPL学園。

選抜での敗退がアクシデントとさえ思わせる抜けた存在だ。

その選抜で敗れた岩倉高校と再び対戦したとしても、緊張感に包まれるのは岩倉高校の方であっただろう。

それが断言出来るほど、PL学園の戦力は凄まじいものがある。

この甲子園大会に入り、3試合を終えた時点で攻撃は46安打32得点と言うとてつもない爆発力を誇っていた。

投手陣は安定感抜群の一言。3試合で失点が3と、エース桑田を中心に固い守備陣も手伝って相手チームに隙を与えていない。

1試合平均にすると、10-1で勝利している形になるこのPL学園に死角は無いのであろうか?

全国ナンバー1のピッチャーと全国ナンバー1の攻撃力もち、さらに守備力は歴代最高クラスというPL学園を脅かすのはいったいどのチームであろう。

互角の展開

1回の表、松山商業はトップの松田が桑田の速球を上手く流し打ちしてレフト前にヒット。

この日も素晴らしく速いストレートを投げる桑田をよく捉えた当たりであった。

続く今井が送りバントを決めたあと、3番乗松も桑田の速球をジャストミートし、センター前にクリーンヒット。

場内は拍手に包まれた。ツーアウト後、5番田中がセンター前にタイムリーヒットを放ち、松山商業が先制のホームを踏んだ。

PL学園の攻撃力を考えれば、味方のリードが1点というのは足りないのかも知れない。

しかし、この1点でリラックスした松山商業エース酒井は丹念に低めにコントロールし、PL打線を序盤3回までヒット1本に抑えた。

痛恨のミス、涙飲む

バットを短く持ち、コツコツと桑田からヒットを打つ松山商業であるが、要所では抑えられて追加点は奪えずにいた。

酒井も清原にツーベースを打たれた以外は完璧にPLを封じていた。

5回裏、PLはノーアウトランナー1、2塁のチャンス。ここで8番清水孝が送りバントを試みるが酒井が三塁に投げてフォースアウト。

ワンアウトになったが、続く9番旗手も送りバントを試みる。

またしても酒井が瞬時に捌いたが、三塁に悪送球してしまい、2塁ランナーが生還して同点となった。

酒井がこの日、PLを封じてるとは言え同点となり、しかもPLが裏攻撃となると徐々に流れはPLに傾いていた。

7回裏、PLは先頭の桑田がツーベースで出塁する。ワンアウト後、7番岩田がセンター前に勝ち越しのタイムリーヒットを放ち、ついにPLがリードした。

松山商業は最終回、ワンアウトから乗松がレフト戦に素晴らしい当たりのスリーベースヒットを放ち、同点のチャンスを作った。

しかし、桑田の渾身のストレートを打ち返す事が出来ず、4番5番が凡退し、PL学園が2-1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

5回の悪送球が無ければ…。

酒井投手は勘違いからタッチしやすい足下に投げてしまったようです。

桑田投手、最終回のピンチに初めて甲子園でカーブ以外の変化球を投げるか迷ったそうですね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ