高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】準々決勝 金足農業vs新潟南高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】準々決勝 金足農業vs新潟南高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会準々決勝 金足農業vs新潟南高校

この大会において東北ナンバー1の地位をほぼ手中に納めつつ

ある金足農業。

初出場とは思えない底力を見せている。

対する新潟南も初出場ながら2戦連続で番狂わせを見せている。

雪国対決を制するのはどちらであろうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

堂々のベスト8

選抜での経験を十分に発揮し、この夏の選手権では初出場とは思えないほどの試合巧者ぶりを発揮している。

1回戦では名門の広島商業を相手に終始試合のペースを握った。

2回戦の別府商業戦では14安打を放ちながらも5得点しか奪えない展開であったが、エース水沢が悪いなりにも要所を抑えて逃げきった。

3回戦の唐津商業戦ではリードされて最終回を迎える厳しい展開となったが、土壇場で息を吹き返して逆転勝利している。

このように、金足農業の強さはどんな展開になっても勝てる試合運びの巧さであろう。

農業高校ならではの、厳しい鍛練の成果が甲子園で縦横無尽に開花している。

連続の番狂わせ劇場

新潟県予選をノーマークの存在で有りながら、勢い付いて初出場の座を奪った新潟南高校。

新潟県大会突破が番狂わせとの評価もあっただけに、甲子園初戦の京都西高校戦も圧倒的不利との前評判であった。

しかしエース林が京都西打線に10安打されながらも耐えて3失点に抑えるピッチング。

そして延長11回裏に自らのバットでサヨナラ安打を放ち、下馬評を覆した。

続く3回戦の相手はさらに新潟南の戦力を凌駕する明徳義塾高校。

さすがに有力チームの明徳義塾には敵わないと見られたが、ここでも予想家の目を裏切る。

真っ向勝負で押されながらも同点のまま終盤まで持ちこたえた。

そして終盤に決着を付けたのは初戦に引き続きエースで4番の林であった。

林のバックスクリーンに飛び込む放物線を描いた白球は、新潟南劇場の第2幕を閉じるには最高の一撃となったのであった。

新潟県勢初のベスト8入りを果たした新潟南。

次は選抜で金足農業に敗れた同じ新潟県の新津高校の敵討ちも視野に入る。

金足農業、完成

2回の表、金足農業は斉藤のツーベースヒットと相手のエラーであっさり先制点をあげる。

すると3回表、ツーベースヒットの工藤を2塁において4番長谷川がレフト前にタイムリーヒットを放ち、2点目を追加した。

続く5番鈴木、6番斉藤にもタイムリーヒットが続いてこの回に3点を奪った。

これで序盤に4-0と差をつけられた新潟南打線であったが、焦りからか水沢に対して攻めあぐんでいた。

甲子園で最高の出来

序盤で5奪三振と絶好調の水沢はバットでも快音を響かせた。

金足農業は5回表、水沢にセンターオーバーのツーベースヒットが飛び出すと、4番長谷川もヒットで続く。

長谷川が盗塁を決めてランナーが2、3塁となった後、5番鈴木がライト前にタイムリーヒットを放ってランナー二者生還し、6-0と突き放した。

中盤で6得点をあげてくれた打線に感謝するよう、水沢は丁寧なピッチングで新潟南打線に付け入る隙を与えない。

また、水沢自身が甲子園で1番の出来と後に語ったように、4回から毎回奪三振を重ねていった。

水沢は5番勝見に3安打されたものの、新潟南に許したヒットが3本であった。

四死球も許さなかったため、勝見選手がいなかったらパーフェクトだったかも知れない見事なピッチングであった。

水沢の散発3安打、13奪三振の好投も光り、金足農業が6-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

雪国同士の対決になってしまいましたが、金足農業が強さを見せつけましたね。

投打にわたって新潟南を引っ張った林選手が爽やかな印象を残してくれました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ