高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】準決勝 鎮西高校vs取手二高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】準決勝 鎮西高校vs取手二高校|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会準決勝 鎮西高校vs取手二高校

共にエースが本領発揮すれば、相手打線に簡単にホームはさせ

ない両チーム。

味方の打線が5点くらいの援護をプレゼントしてくれたら勝利の

確率は高いはずであった。

しかし、試合は思わぬ乱打戦となってしまった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

松崎が全て

この大会で文句なしのナンバー1サブマリン投手となった鎮西高校の松崎投手(後に南海)。

熊本県予選からの噂に違わぬ快投を続けた。

1回戦では4安打1失点、2回戦では5安打1失点と抜群の安定感を見せた。

3回戦では延長10回を投げきって3安打1失点10奪三振の好投を見せると、準々決勝では6安打2失点の完投勝利をあげた。

しかも3回戦が第4試合であり、翌朝の第1試合が準々決勝という過密スケジュールだった事を考えれば、全イニング投げきった松崎がナンバー1サブマリンなのは間違い無い証左であろう。

Vも見えてきた

ベテランの木内監督曰く、初戦に勝利したのが躍進のきっかけとなったというのは相手が箕島高校だっただけに真実味も増している。

この大会、ダントツの優勝候補であるPL学園。

そのPL学園の背中を追うのがまず箕島と言われただけに、東日本で指折りの実力をもつ取手ニと箕島の対戦は初戦で1番の好カードと言われた。

それでもやや箕島有利と言われたこの対戦を逆転勝ちした取手ニは、勢いそのままに勝ち進む事になった。

元々投打のバランスには定評のあった取手ニであったが、選抜大会前にエース石田(後に横浜)が肩を痛めた。

それでもベスト8入りを果たし、敗れた準々決勝でも選抜で優勝した岩倉高校に競り合った。

もしも石田が万全であったら、の思いが木内監督にも深くあったであろう。木内監督の采配もこの夏、見事に的中している。

大技、小技

1回の表、石田に代わりマウンドに上がった柏葉に対して鎮西はトップの伊藤がいきなりスリーベースヒット。

ワンアウト後、3番工藤がセンター前にタイムリーヒットを放ち、鎮西が先制点をあげた。

初回は無難な立ち上がりを見せた松崎であったが、連投の余波か心なしキレが無い。

2回裏、取手ニは4番桑原が右中間にツーベースを放つと反撃開始。

中島の送りバントの後に石田がタイムリーを放って早くも同点に追い付いた。

その後に満塁として小菅にタイムリースリーベースが飛び出すなど、取手ニは一気に5点をあげた。

取手ニは5回裏にも佐々木のスリーベースヒットから下田、中島にタイムリーが飛び出して2点を追加した。

3回からマウンドに上がったエース石田が大量リードで気楽に投げているのに対し、松崎は7回にマウンドを降りる事になる。

茨城県初の決勝へ

7回裏、取手ニはチームの勢いそのままに鎮西を攻め落とす。

先頭の吉田(後に近鉄)がツーベースヒットで出塁すると、取手ニベンチは湧く。

この大会ナンバー1のリードオフマンであるキャプテン吉田は3塁へ進むと、3番下田の打席の時になんとホームスチール。

この大会唯一の本盗で鎮西に止めを刺した。

この後、4番桑原がライトスタンドに豪快なホームランを放ち、この回3点を追加した。

8回の裏、取手ニはワンアウト満塁とまたしても鎮西を攻め立てる。続く佐々木、下田に連続タイムリーが生まれた後にエラーなどで鎮西ナインに動揺が続く。

そして6番ピッチャー石田自らスリーランホームランを放ち、この回8点を追加した。

最終回、鎮西は意地を見せる。

取手ニの満身をついて満塁とした後に5番丸田がタイムリーツーベースを放つ。

続く代打の立石にレフトへのホームランが飛び出して一挙5点を返した。

しかし反撃もここまで。

大技小技を駆使した取手ニ高校が18-6で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

松崎投手はここにきて疲労がピークでしたね。

しかし、取手ニの攻撃力は凄まじくてピークに達しています。

茨城県勢初の決勝進出です。

そのまま快挙となるでしょうか。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ