高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年夏の甲子園】決勝 取手二高校vsPL学園|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年夏の甲子園】決勝 取手二高校vsPL学園|白球の足あと

1984年 第66回選手権大会決勝 取手二高校vsPL学園

いよいよ迎えた決勝戦は文句の無い2高校による頂上決勝となった。

のびのび野球で勢いよく勝ち上がってきた取手ニ高校であるが、

夏前のPL学園との練習試合では大差で敗れている。

PL学園の夏連覇を阻止すべく、初回から激闘となる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

深紅の優勝旗まで1

初戦で強豪の箕島高校に競り勝った取手ニ。

箕島の御株を奪うような逆転勝ちを納めてから、のびのびと縦横無尽に甲子園を駆け巡りこの舞台まできた。

対してPL学園は優勝候補ナンバー1、それもダントツの優勝候補の呼び声そのままに前半は猛打で、後半は持ち前の底力で逆転して決勝進出を果たした。

取手ニが東日本屈指の実力を持つと言っても、6月の招待試合にて行われた結果は13-0でPLの大差勝ち。

桑田に対してヒットも内野安打の1本のみで、清原には満塁ホームランを打たれている。

まさに完膚なきまで叩きのめされた取手ニであったため、この舞台は最高の場となった。

取手ニ台風通過

台風が上陸し、雨の影響で開始時間が遅れる決勝戦となった。

1回の表、取手ニは簡単にツーアウトとなった後、3番下田がセンターオーバーのツーベースヒット。

練習試合で封じられた取手ニナインにとって、これは非常に勇気の沸き立つヒットとなった。

続く当たっている4番の桑原が桑田のストレートをジャストミートし、痛烈なセンター前ヒット。

処理を焦ったセンターの鈴木が台風10号の影響で抜かるんだグランドによるバウンドとのタイミングが合わずにトンネル。

打球がフェンスまで転がっている間に打った桑原もホームインし、取手ニが2点を先制した。

1回裏、PLはツーアウトから3番鈴木が名誉挽回の右中間ツーベースヒット。

続く4番清原は石田の初球をライトに流し打ち。

打球はポールギリギリに飛んだが判定はファールであり、1塁ベースを回って呆然とする清原がいた。

石田はこの後を抑えると意気揚々とベンチに戻った。

激闘の決勝戦

桑田は爪を傷めているとは言え、相変わらずの制球力で要所を抑えた。

一方の石田は肩痛だったのが嘘のように切れのあるストレートとスライダーを駆使した。

4回表、取手ニはツーベースヒットを放った中島を送りバントで進めてランナー3塁のチャンス。

スクイズかと思いきや、強攻に出た取手ニであったが桑田に封じ込まれて追加点は奪えなかった。

PLは6回裏、桑田のポテンヒットがツーベースとなる。

ここで6番北口が1塁線に強烈な打球を放ち、ファースト桑原のエラーを呼び1点を返した。

続く黒木のヒットの後、清水孝の3塁ゴロが大きく跳ねてサード小菅の頭を越した。

それを見たランナー北口は一気にホームを狙ったが、小菅をバックアップしていたショート吉田が矢のような送球でアウトにした。

7回表、取手ニはツーアウトから小菅の内野安打。

続くトップの吉田が桑田のカーブを捉えてレフトラッキーゾーンに飛び込むツーランホームランを放った。

ホームランにはホームラン

1-4とされたPLは8回裏、ワンアウトランナー1塁から恐い6番北口が左中間フェンス直撃のスリーベースヒット。

この時に取手ニ守備陣の乱れから北口が一気にホームをついて2点を奪った。

4-3と取手ニリードで迎えた最終回、PLは先頭の清水哲が石田のストレートをレフトスタンドにぶちこむ同点ホームラン。

奇跡のPL、王者の底力で追い付いた。

動揺した石田は続く松本にデッドボール。

木内監督はマウンドに柏葉を送った。

続く鈴木の送りバントを、キャッチャー中島が素早く処理して2塁フォースアウトにした。

この一人で木内監督は再びライトから石田をマウンドに呼び寄せた。

冷静になった石田は後続をキッチリ抑えた。

土壇場のホームランで追い付かれた取手ニは延長10回表、ワンアウトランナー1、2塁から中島が桑田の高いストレートを強振。

大根切りに近いフルスイングは桑田の160球目を左中間スタンドに飛び込むスリーランホームランとした。

爪を割りながらも投げ続けた桑田であったが、限界からかもう1点奪われてこの回4失点となった。

最終回さすがのPLでも4点は重たく、最後は旗手をスライダーで三振に仕止めた石田を中心に取手ニ選手が抱き合った。

試合は8-4で取手ニ高校が勝利し、優勝を決めた。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

PL学園2連覇の夢は、のびのび軍団取手ニ高校によって阻まれました。

しかし激闘という言葉がビタリと当てはまる凄まじい決勝戦でした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ